スーダン航空109便オーバーラン事故

スーダン航空109便オーバーラン事故(スーダンこうくう109びんオーバーランじこ、英語:Sudan Airways Flight 109)とは、2008年6月10日アンマンダマスカス経由ハルツーム行きのスーダン航空109便が目的地のハルツーム国際空港に着陸した際に発生した航空事故である。乗員乗客214名のうち30名が犠牲となった[1][2][3]

スーダン航空109便
Sudan Airways Flight 109
Sudan Airways A310-300 ST-ATN DXB 2008-4-11.png
事故の2ヵ月前にドバイ国際空港で撮影された着陸中の事故機
事故の概要
日付 2008年6月10日
概要 オーバーラン
現場 スーダンの旗 スーダン ハルツーム国際空港
北緯15度35分22秒 東経32度33分11秒 / 北緯15.58944度 東経32.55306度 / 15.58944; 32.55306座標: 北緯15度35分22秒 東経32度33分11秒 / 北緯15.58944度 東経32.55306度 / 15.58944; 32.55306
乗客数 203
乗員数 11
負傷者数 不明
死者数 30
生存者数 184
機種 エアバス A310-324
運用者 スーダンの旗 スーダン航空
機体記号 ST-ATN
出発地 ヨルダンの旗 クィーンアリア国際空港
経由地 シリアの旗 ダマスカス国際空港
最終経由地 スーダンの旗 ポートスーダン新国際空港
目的地 スーダンの旗 ハルツーム国際空港
テンプレートを表示

事故機編集

機種はエアバス A310-324型機で、シリアル番号548、機体記号はST-ATN。航空用エンジンは2発のPW4152を搭載しており、1990年8月23日にF-WWCVとして初飛行し、2ヵ月後の10月22日に9V-STUとしてシンガポール航空が受領した[4][5]2001年5月10日にはVT-EVFとしてエア・インディアに引き渡され、2007年12月1日をもってST-ATNに再登録されてスーダン航空の保有機材となった[4]エアバスによると、総飛行時間は約52,000時間、飛行回数は約21,000回に及んでいた[6]

経緯編集

109便はヨルダンの首都アンマンのクィーンアリア国際空港を離陸し、シリアの首都ダマスカスのダマスカス国際空港を経由して、スーダンの首都ハルツームのハルツーム国際空港へ向かっていた。しかし、砂嵐と豪雨がハルツームへの着陸を妨げていたため、109便はポートスーダンにあるポートスーダン新国際空港へのダイバートを余儀なくされた。その後はハルツームへの飛行を許可され[7]、109便はUTC17時26分に着陸した。しかし、その際滑走路内で停止できずにオーバーランし、滑走路36の端から215メートル離れて停止した後、機体右側から火災が発生した[8]:8。出火した側の脱出用スライドは展開出来なかったため、乗客らは左側のスライドを使って避難した[8]:9

原因編集

このオーバーランは長いフレア操作や濡れた滑走路、自動ブレーキおよび第1エンジンの逆推力装置が作動しない状態での着陸といった複数の要因により引き起こされた[8]:39。この第1エンジンの逆推力が作動しない状態で、滑走路残り2,080m以内で停止させようと機長が両エンジンを逆噴射させたため、機体は右寄りに変針した[9]。調査報告書は、この日早くにハルツームで大規模な砂嵐が発生し、その後に視界不良と事故当時の激しい風雨が続いたことを指摘している[10]。長いフレア操作の原因は、実際には15ノット(時速28km)の追い風が吹いていたが、7ノット(時速13km)の向かい風が吹いていると着陸時のパイロットに誤って伝えられていたことであった[8]:39

犠牲者編集

乗員11名と乗客203名のうち[8]:8、それぞれ1名と29名の計30名が犠牲になった[8]:9。その多くは、アンマンでの治療を終えて戻ろうとした障害児や高齢者であった[11]。乗客の中には、スーダンの国会議員であるアッバス・アル=ファディニ英語版も含まれていたが、無傷で生存した[12]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 事故詳細 - Aviation Safety Network. 2012年6月5日閲覧。
  2. ^ “Dozens die in Sudan jet inferno”. BBC News. (2008年6月10日). オリジナルの2014年6月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140611190438/http://news.bbc.co.uk/2/hi/africa/7447243.stm 
  3. ^ “Passenger plane crashes in flames in Sudan”. CNN. オリジナルの2008年6月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080611022323/http://www.cnn.com/2008/WORLD/africa/06/10/sudan.plane/index.html 2008年6月10日閲覧。 
  4. ^ a b Airbus A310 MSN 548”. AirFleets.net. 2012年1月25日閲覧。
  5. ^ Accident information : Airbus A310 Sudan Airways ST-ATN”. Airfleets.net. 2012年1月25日閲覧。
  6. ^ Learmount, David (2008年6月13日). “Sudan A310 "veered off runway" during landing”. Flightglobal. Flight International. オリジナルの2012年9月11日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/6Ab71xlEW?url=http://www.flightglobal.com/channels/finance/articles/2008/06/13/224627/sudan-a310-veered-off-runway-during-landing.html/ 
  7. ^ “Dozens die in Sudan jet inferno”. BBC News. (2008年6月10日). オリジナルの2014年6月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140611190438/http://news.bbc.co.uk/2/hi/africa/7447243.stm 
  8. ^ a b c d e f Final Report: Accident involving Sudan Airways Airbus 310, Registration ST-ATN, At Khartoum Airport, On 10th of June 2008 at 1726 UTC”. Air Accident Investigation Central Directorate (2010年11月3日). 2014年6月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月27日閲覧。
  9. ^ Kaminski-Morrow, David (8 4 2013). “Fatal Sudan A310 overrun crew unaware of tailwind”. London: Flightglobal. オリジナルの2015年4月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150417224338/http://www.flightglobal.com/news/articles/fatal-sudan-a310-overrun-crew-unaware-of-tailwind-384320/  
  10. ^ “14 still missing after air crash blaze”. CNN. (2008年6月11日). オリジナルの2012年6月5日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/68CD3TqCt?url=http://edition.cnn.com/2008/WORLD/africa/06/11/sudan.plane/index.html 
  11. ^ “Sudan Airways Airbus crashes at Khartoum airport”. Sudan Tribune. (2008年6月10日). オリジナルの2012年7月1日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/68qHch2Lv?url=http://www.sudantribune.com/Sudan-Airway-Airbus-crashes-at,27473 2012年9月11日閲覧。 
  12. ^ “At least 28 die in Sudan air crash disaster”. London: The Times. (2008年6月11日). http://www.timesonline.co.uk/tol/news/world/africa/article4110607.ece 2008年6月11日閲覧。 ( 要購読契約)