ドバイ国際空港

ドバイ国際空港(ドバイこくさいくうこう、アラビア語: مطار دبي الدولي‎、英語: Dubai International Airport )は、アラブ首長国連邦ドバイにある国際空港。ドバイに本拠を置くエミレーツ航空フライドバイハブ空港でもある。

ドバイ国際空港
مطار دبي الدولي
Dubai International Airport
Dubai Airport overview.jpg
IATA: DXB - ICAO: OMDB
概要
国・地域 アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦
所在地 ドバイ
種類 公共
所有者 ドバイ政府
運営者 ドバイエアポート
拠点航空会社
標高 19 m (62 ft)
座標 北緯25度15分10秒 東経55度21分52秒 / 北緯25.25278度 東経55.36444度 / 25.25278; 55.36444座標: 北緯25度15分10秒 東経55度21分52秒 / 北緯25.25278度 東経55.36444度 / 25.25278; 55.36444
公式サイト www.dubaiairport.com
地図
空港の位置
空港の位置
DXB/OMDB
空港の位置
滑走路
方向 長さ (m) 表面
12L/30R 4,320 アスファルト
12R/30L 4,680 アスファルト
統計 (2014年)
旅客数 70,475,636人
貨物取扱量 2,367,574トン
発着回数 357,339回
出典: ACI[1]
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

目次

概要編集

エミレーツ航空の拠点であり、経済成長著しいドバイの玄関口として世界各地と結ばれている。15kmほど離れた所に格安航空会社の就航が多いシャールジャ国際空港が、40km離れたところにアール・マクトゥーム国際空港がある。将来的にはアール・マクトゥーム国際空港とはドバイ・メトロによって結ばれ、当空港の機能を補完する。2014年に国際線旅客数でイギリスのロンドン・ヒースロー空港を抜き世界首位に浮上した[2]。合計で4個の国際線乗り継ぎターミナルを持ち、2016年に新規開業したドバイ国際空港としての最新ターミナル「コンコースD」(国際線第四ターミナル)を含めた利用者数は年間9千万人を誇る国際線乗り継ぎ拠点であり、シンガポール・チャンギ国際空港と並ぶアジアと欧州との連絡拠点や、南アメリカ大陸とアフリカ大陸を結ぶ世界最大規模の国際空港としても、欧米各国で知られている。[3]

歴史編集

 
1965年当時のドバイ国際空港
 
1965年に完成した新滑走路へ最初に着陸した飛行機。機材はミドル・イースト航空デ・ハビランド コメットである。
 
2013年現在のドバイ国際空港

設備編集

ターミナルは、エミレーツ航空とカンタス航空以外のフルサービスキャリアが乗り入れる第1ターミナル、フライドドバイを中心にした格安航空会社各社と中東アフリカ系の航空会社が乗り入れる第2ターミナル、そしてエミレーツ航空とカンタス航空専用の第3ターミナルで構成されている。第1ターミナルと第3ターミナルに直結した搭乗口はなく、コンコースがAからDまであり、各ターミナルから電車や徒歩で移動ができる。 コンコースAは、2013年に開業した第3ターミナルと電車で繋がっているA380が20機駐機できるコンコースであり、エミレーツ航空とカンタス航空が利用している。コンコースBは第3ターミナルと繋がるエミレーツ航空専用のコンコースであり、コンコースCは第1と第3ターミナルと繋がるエミレーツ航空以外のフルサービスキャリアが利用するコンコースである。コンコースDは2016年に開業したドバイ国際航空で一番新しいコンコースであり、第1ターミナルと電車で繋がっている。 尚、ドバイ国際航空では年々利用者増が続き、中でもエミレーツ航空の利用者数と便数が突出しているため、各航空会社の利用コンコースの再編を進めており、それぞれ連結しているコンコースBとコンコースCを第3ターミナルを利用するエミレーツ航空専用とし、第1ターミナルと繋がるコンコースDをその他の航空会社専用としている[6]。 第2ターミナルは滑走路を挟んで第1、第3ターミナルの反対側にあり、無料シャトルバス等で結ばれている[7]

また、イスラム教国家の空港のため、各ターミナルには祈祷室(プレイヤールーム)も設けられている点が特徴的である。

乗り入れ航空会社編集

旅客便編集

 
2013年現在のドバイ国際空港ターミナル1
 
2013年現在のドバイ国際空港ターミナル3コンコースB

ターミナル1編集

航空会社 就航地
  アエロフロート・ロシア航空 モスクワ/シェレメーチエヴォ
  アフリキヤ航空 トリポリ
  アルジェリア航空 アルジェ
  エア・アスタナ アルマトイアスタナ
  エア・ブルー英語版 イスラマバードカラチラホールペシャワル
  エア・カナダ トロント
  中国国際航空 北京/首都
  エールフランス パリ/シャルル・ド・ゴール
  エア・インディア バンガロールチェンナイデリーゴア英語版ハイデラバードコーチカリカットムンバイヴィシャーカパトナム英語版
  マルタ航空 チャーター便: マルタ
  アゼルバイジャン航空 バクー
  ベラヴィア 季節運航: ミンスク
  ビーマン・バングラデシュ航空 チッタゴンダッカ
  ブリティッシュ・エアウェイズ ロンドン/ヒースロー
  キャセイパシフィック航空 バーレーン香港
  セブパシフィック航空 マニラ
  中国東方航空 昆明上海/浦東
  中国南方航空 広州深圳ウルムチ武漢
  ダーロ航空 ジブチハルゲイサモガディシュ
  ジブチエア ジブチ
  エジプト航空 アレクサンドリア/エル・ヌーザカイロ
  エンター・エア英語版 季節運航: カトヴィツェ英語版ワルシャワ/ショパン
  エチオピア航空 アディスアベバ
  フィンエアー 季節運航: ゴア、ヘルシンキ
  フライナス ダンマームジェッダマディーナリヤド
  ガルフ航空 バーレーン
  IndiGo バンガロール、チェンナイ、デリー、ハイデラバード、コーチ、カリカット、ムンバイ、ティルヴァナンタプラム英語版
  イラン航空 バンダレ・アッバースエスファハーンシーラーズテヘラン/エマーム・ホメイニー
  イラク航空 バグダードバスラアルビールモースル英語版ナジャフ英語版
  ジャジーラ航空 バーレーン、クウェート
  ジェットエアウェイズ デリー、コーチ、マンガロール英語版、ムンバイ
  ヨルダン・アビエーション アンマンアカバ
  カボ航空英語版 カノ英語版
  カーム航空 カーブル
  ケニア航空 ナイロビ
  KLMオランダ航空 アムステルダム
  大韓航空 ソウル/仁川
  クウェート航空 クウェート
  ルフトハンザドイツ航空 フランクフルト
  マーハーン航空 テヘラン/エマーム・ホメイニー
  MIATモンゴル航空 チャーター便: ウランバートル
  ミドル・イースト航空 ベイルート
  ネパール航空 カトマンズ
  ノルドスター英語版 クラスノヤルスク
  ノルウェー・エアシャトル 季節運航: コペンハーゲン、ヘルシンキ、ストックホルム/アーランダ
  オマーン・エア マスカットサラーラ
  パキスタン国際航空 デラ・ガージ・カーン、イスラマバード、カラチ、ラホール、ペシャワル、クエッタ
  フィリピン航空 クウェート、マニラ
  プリメーラ航空英語版 ヨーテボリマルメ
  カタール航空 ドーハ
  ロイヤルブルネイ航空 バンダルスリブガワン、ロンドン/ヒースロー
  ロイヤル・ヨルダン航空 アンマン
季節運航: アカバ
  ルワンダ航空 キガリモンバサ英語版
  S7航空 ノヴォシビルスク
  サーフィー航空英語版 バグラム、カーブル
  サウディア ダンマーム、ブライダ英語版、ジェッダ、マディーナ、リヤド
  シャーヒーン航空英語版 イスラマバード、カラチ、ラホール、ペシャワル
  四川航空 成都銀川
  シンガポール航空 シンガポール
  ソモン航空 ドゥシャンベ、ジェッダ
  スパイスジェット アフマダーバードアムリトサル、デリー、コーチ、カリカット、マドゥライ、ムンバイ、プネー英語版
  スリランカ航空 コロンボ
  スーダン航空 ハルツーム
  スイス インターナショナル エアラインズ マスカット、チューリッヒ
  シリアン・エア ダマスカス
  タロム航空 ブカレスト
  タイ国際航空 バンコク/スワンナプーム
  TUIエアラインズ・ネーデルラント 季節チャーター便: アムステルダム
  ターキッシュ・エアラインズ イスタンブール/アタテュルクイスタンブール/サビハ・ギョクチェン
  ウクライナ国際航空 キエフ/ボルィースピリ
  ウラル航空 クラスノダール英語版エカテリンブルク
  ウズベキスタン航空 タシュケント
  ヴァージン・アトランティック航空 ロンドン/ヒースロー
  イエメニア(全路線運休中)[8] アデンムカッラー英語版ジャカルタ/スカルノハッタ、クアラルンプール、サヌア

ターミナル2編集

航空会社 就航地
  フライドバイ 中東: アブハー英語版アフヴァーズ、アンマン、アルアル英語版(2016年6月21日就航予定)[9]、バグダード、バーレーン、バンダレ・アッバース、バスラ、ベイルート、ダンマーム、ドーハ、アルビール、ブライダ、ハーイル英語版ハマダーン英語版、エスファハーン、イスタンブール/サビハ・ギョクチェン、ジーザーン英語版、ジェッダ、カーブル、カンダハール、クウェート、ラール英語版マシュハド、マディーナ、マスカット、ナジャフ、ナジュラーン英語版、リヤド、サカーカ英語版、サラーラ、シーラーズ、タブリーズタブーク英語版ターイフ英語版、テヘラン/エマーム・ホメイニー、ヤンブー英語版
南アジア: アフマダーバード、チェンナイ、チッタゴン、コロンボ、デリー、ダッカ、ファイサラーバード英語版ハンバントタ、ハイデラバード、カラチ、カトマンズ、コーチ、ラクナウ英語版マレムルターン、ムンバイ、クエッタ、シアールコート英語版、ティルヴァナンタプラム
中央アジア: アルマトイ、アシガバート、アスタナ、ビシュケク、ドゥシャンベ、シムケント英語版
西アジア: バクー、トビリシエレバン
東欧・ロシア: ベオグラード、ブカレスト、ドニプロペトロウシクカザンハルキウ英語版、キエフ/ボルィースピリ、クラスノダール、ミネラーリヌィエ・ヴォードィ英語版モスクワ/ヴヌーコヴォオデッサロストフ・ナ・ドヌ英語版サマーラ英語版サラエヴォスコピエソフィアウファ英語版、エカテリンブルク、ザグレブ
中欧: ブラチスラヴァプラハ
北アフリカ: アレクサンドリア/ボルグ・エル・アラブ、ハルツーム、ポートスーダン英語版
東アフリカ: アディスアベバ、アスマラダルエスサラーム、ジブチ、エンテベ、ハルゲイサ、ジュバザンジバル英語版
  ジュピター航空英語版 アルビール、バグダード、バスラ
  アフリカンエキスプレス・エアウェイズ英語版 ベルベラ英語版、ハルゲイサ、モガディシュ、ナイロビ、ワジール英語版
  エア・インディア・エクスプレス アムリトサル、ジャイプル英語版、ラクナウ、コーチ、カリカット、マンガロール、プネー、ティルヴァナンタプラム英語版ティルチラーパッリ英語版
  キルギス航空英語版 ビシュケク
  アレクサンドリア航空英語版 アレクサンドリア/エル・ヌーザ
  アリアナ・アフガン航空 カーブル、カンダハール
  カスピアン航空 アフヴァーズ、タブリーズ、テヘラン/エマーム・ホメイニー
  エクアトリアル・コンゴ・エアラインズ ブラザヴィル
  エリトリア航空 アスマラ
  ユーロ・アジア航空英語版 アティラウ英語版
  ユーロウイングス
運航は   サンエクスプレス・ドイツ英語版
季節運航: ケルン・ボン
  グリフォン航空英語版 バグラム、カンダハール、クウェート、ラアス・アル=ハイマ
  I-Fly英語版 チャーター便: モスクワ/ヴヌーコヴォ
  イラン・アーセマーン航空 アーバーダーン、バンダレ・アッバース、バンダレ・レンゲ英語版ブーシェフル英語版ゲシュム英語版ケルマーンシャー英語版、ラール、マシュハド、シーラーズ、テヘラン/エマーム・ホメイニー、ザーヘダーン英語版
  ジュバ航空英語版 ハルゲイサ、モガディシュ
  キーシュ航空 エスファハーン、ハサブキーシュ、ゲシュム、タブリーズ
  ペガサス航空 イスタンブール/サビハ・ギョクチェン
  ゲシュム航空英語版 エスファハーン、サーリー英語版、ゲシュム、テヘラン/エマーム・ホメイニー
  スマートウィングズ
運航は   トラベルサービス英語版
プラハ
  TAAGアンゴラ航空 ルアンダ
  ターバーン航空 エスファハーン、マシュハド
  トランサヴィア 季節運航: アムステルダム
  トラベルサービス英語版 プラハ
  トルクメニスタン航空 アシガバート

ターミナル3編集

航空会社 就航地
  エミレーツ航空 日本: 東京/羽田東京/成田大阪/関西
中東・西アジア: アンマン、バグダード、バーレーン、バスラ、ベイルート、ダンマーム、ドーハ、アルビール、イスタンブール/アタテュルク、イスタンブール/サビハ・ギョクチェン、ジェッダ、カーブル、クウェート、ラルナカ、マシュハド、マディーナ、ムルターン、マスカット、リヤド、テヘラン/エマーム・ホメイニー
東アジア: 北京/首都、広州、香港、ソウル/仁川、上海/浦東、台北/桃園、銀川(2016年5月3日就航予定)[10]鄭州(2016年5月3日就航予定)[10]
東南アジア: バンコク/スワンナプーム、セブ(2016年3月30日就航予定)[11]クラーク(2016年3月30日運行再開予定)[11]ホーチミンハノイ(2016年8月3日就航予定)[12]、ジャカルタ/スカルノハッタ、クアラルンプール、マニラ、プーケット、シンガポール、ヤンゴン(2016年8月3日就航予定)[12]
南アジア: アフマダーバード、バンガロール、チェンナイ、コロンボ、ハイデラバード、イスラマバード、カラチ、コーチ、コルカタ、カリカット、ラホール、マレ、ムンバイ、ペシャワル、シアールコート、ティルヴァナンタプラム
東欧: モスクワ/ドモジェドヴォサンクトペテルブルク
中欧: ブダペストデュッセルドルフ、フランクフルト、ジュネーヴハンブルクミュンヘン、プラハ、ウィーン、ワルシャワ/ショパン、チューリッヒ
南欧: アテネバルセロナボローニャリスボンマドリード、マルタ、ミラノ/マルペンサローマ/フィウミチーノヴェネツィア
北欧: コペンハーゲン、オスロ/ガーデモエン、ストックホルム/アーランダ
西欧: アムステルダム、バーミンガムブリュッセルダブリングラスゴーロンドン/ガトウィック、ロンドン/ヒースロー、リヨンマンチェスターニューカッスルニース、パリ/シャルル・ド・ゴール
北アフリカ: アルジェ、カイロ、カサブランカ、ハルツーム、チュニス
東アフリカ: アディスアベバ、エンテベ、マヘ、ナイロビ
西アフリカ: アビジャンアブジャアクラダカールラゴス
南部アフリカ: ケープタウンダーバンハラレヨハネスブルク、ルアンダ、ルサカポートルイス
北米: ボストンシカゴダラス/フォートワースヒューストンロサンゼルスニューヨーク/ジョン・F・ケネディオーランドサンフランシスコシアトル、トロント、ワシントンD.C.
中南米: ブエノスアイレス/エセイサパナマシティ(就航日未定)[13][14]リオデジャネイロサンパウロ
オセアニア: アデレードオークランドブリスベンクライストチャーチメルボルンパースシドニー
  カンタス航空 ロンドン/ヒースロー、メルボルン、シドニー

貨物便編集

航空会社 就航地
  エールフランス・カーゴ パリ/シャルル・ド・ゴール
  アトラス航空
運航は   エミレーツ・スカイカーゴ
アデレード
  カーゴルックス航空 香港、小松ルクセンブルク
  コイン・エアウェイズ英語版 バグダード、バグラム、バラッド英語版、ジブチ、アルビール、カーブル、カンダハール、サヌア
  DHLアビエーション
運航は   アエロロジック
ライプツィヒ・ハレ
  エチオピア航空カーゴ アディスアベバ
  フェデックス・エクスプレス バンガロール、成都、デリー、ゴア、香港、ミラノ/マルペンサ、ムンバイ、パリ/シャルル・ド・ゴール
  フィッツ・エア英語版 アルダフラ英語版、バグダード、バグラム、バラッド、コロンボ、アルビール、ヘラート英語版ジャラーラーバード英語版、カーブル、カンダハール、ショラバク英語版シャラナ英語版スレイマニヤ英語版ターリン・コート英語版スムライト英語版
  イラン航空カーゴ テヘラン/エマーム・ホメイニー
  ポーラーエアカーゴ ソウル/仁川
  ロイヤル航空 カラチ
  ロイヤルヨルダン・カーゴ アンマン
    SASカーゴ・グループ ヨーテボリ
  シャーヒーン航空カーゴ英語版 カラチ
  シルクウェイ航空 バクー
  スターエア・アビエーション英語版 カラチ
  タロム航空カーゴ ブカレスト
  TCSクーリエ英語版 ラホール、カラチ
  ASL航空ベルギー デリー、リエージュ
  UPS航空 バンコク/スワンナプーム、マニラ/クラーク、ケルン・ボン、広州、香港、ムンバイ、シンガポール、シドニー

定期旅客便就航都市編集

 
ターミナル内にあるナツメヤシの木

アジア編集

国内線
中東
東アジア
東南アジア
南アジア
中央アジア・西アジア

ヨーロッパ編集

東欧・ロシア
中欧
南欧
北欧
西欧

アフリカ編集

北アフリカ
東アフリカ
中部アフリカ
西アフリカ
南部アフリカ

南北アメリカ編集

北米
中南米

オセアニア編集

旅客流動編集

国籍別旅客数(2014年)
年間旅客輸送人員
順位 国籍 輸送人員[15]
1   インド 8,908,362
2   イギリス 5,381,909
3   サウジアラビア 4,883,438
4   パキスタン 3,313,431
就航路線別旅客数(2014年)
年間旅客輸送人員
順位 空港 旅客取扱数[15] 2015年までの合計旅客数(億人)[16]
1   イギリスロンドン/ヒースロー 2,765,889 9.51
2   カタールドーハ 2,456,795 10.65
3   クウェートクウェート 2,072,479 9.15
4   インドムンバイ 2,032,116 不明
5   サウジアラビアジェッダ 1,798,061 3.99

交通アクセス編集

事故編集

  • 2016年8月3日ティルヴァナンタプラムドバイ行きエミレーツ航空521便(777-300ER、機体番号:A6-EMW)が、着陸装置のトラブルで一部の車輪が出ないまま当空港に胴体着陸し、機体は炎上して全損した。この便には、乗員18人・乗客282人合わせて300人が搭乗していたが、全員脱出して無事だった。しかし、消火活動の際に消防士1名が死亡した[17][18][19]。777-300ERの全損事故及び同社の事故は初。この影響で当空港は約5時間半に渡り全面的に閉鎖され、他空港への目的地変更などが発生した。

脚注編集

  1. ^ Passenger Traffic 2010 FINAL”. Airports.org (2011年8月1日). 2012年4月23日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ 国際空港、ドバイが世界一 旅客数で英ヒースロー抜く”. 日本経済新聞社. 2015年2月19日閲覧。
  3. ^ http://flyteam.jp/news/article/76014
  4. ^ http://www.travelvision.jp/modules/news1/article.php?storyid=38814
  5. ^ [1]
  6. ^ ドバイ空港 世界一の国際空港がより大きく、より良く - 共同通信 2016年2月25日
  7. ^ Flight connections - Dubai Airports
  8. ^ Yemenia Airway”. 2016年1月17日閲覧。
  9. ^ by JL (2015年9月21日). “flydubai Proposes Dubai – Arar Service from June 2016”. Airline Route. 2016年1月13日閲覧。
  10. ^ a b エミレーツ航空、2016年5月からドバイ/銀川/鄭州線に就航へ 週4便”. FlyTeam ニュース (2015年12月29日). 2016年1月19日閲覧。
  11. ^ a b エミレーツ航空、3月末よりドバイ発着でセブとクラークに就航” (2016年1月5日). 2016年1月19日閲覧。
  12. ^ a b エミレーツ航空、8月からドバイ/ヤンゴン/ハノイ線に就航へ 1日1便”. FlyTeam ニュース (2016年2月29日). 2016年4月11日閲覧。
  13. ^ エミレーツ航空、2016年2月1日ドバイ発パナマ市行きの直行便を就航”. 日経プレスリリース (2015年8月17日). 2016年1月19日閲覧。
  14. ^ エミレーツ航空、ドバイ/パナマシティ線の就航をさらに延期 就航日未定”. FlyTeam ニュース (2016年3月11日). 2016年4月11日閲覧。
  15. ^ a b http://www.dubaiairports.ae/docs/default-source/pdf/dubaiairports_infographic-pdf.pdf?sfvrsn=
  16. ^ http://newsroom.mastercard.com/wp-content/uploads/2015/06/MasterCard-GDCI-2015-Final-Report1.pdf
  17. ^ エミレーツ航空機、胴体着陸で炎上 全員無事 Aviation Wire 8月3日(水)21時8分配信
  18. ^ エミレーツ機が着陸時に炎上 消防士1人が死亡 ドバイ 朝日新聞デジタル 8月3日(水)23時17分配信
  19. ^ ドバイの国際空港で航空機から煙 乗客乗員は全員脱出 8月3日 23時18分 NHK NEWS WEB

外部リンク編集