メインメニューを開く

スーパースランプ (インディーズバンド)

スーパースランプ(SUPER SLUMP)は、1979年に結成されたインディーズバンドである。

スーパースランプ
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
活動期間 1979年-1988年?
メンバー サンプラザ中野
デーモン小暮
大川豊
河合靖夫
金子周平
豊岡正志
丸山涼子
岡部太郎
北野恒安
東畑耕作
小泉美雄
堀切和雅
山田勲

メンバーは主に千葉県立東葛飾高等学校の出身者・早稲田大学在籍者で構成され、独特の風貌と楽曲で人気を得た。

初代ボーカル・サンプラザ中野とギタリストパッパラー河合も在籍したことがあり、そのためバンド名は爆風スランプの語源ともなっている。

リーダーは豊岡正志(とよおかまさし)。

メンバー編集

メンバーチェンジが数回行われているが履歴について不明な部分が多いため、ここでは在籍したメンバー(判明分のみ、古いメンバーほど下)をパートごとに記している。

楽曲編集

スーパースランプが演奏した音源は見つけるのが極めて困難だが、スーパースランプ在籍者によってカバーされている楽曲もある。
特に、ボーカルを担当していたデーモン小暮のソロアルバム『好色萬声男』では歴代のスーパースランプ在籍者が演奏・コーラスに参加している。

また、1986年にCaptainレーベルより、スーパースランプとしてのアルバム『穴があったら出たい』が下記曲目で発売されている。

  • インドで生まれてインド人
  • はぢける若さ
  • さわりたい
  • 健康になりたい
  • あっふ(AU-FU)
  • 尻の穴から出たい

受賞歴編集

バンド名称の保有権に関わる問題編集

爆風スランプ・結成時編集

コンテスト EAST WEST (1981年)でスーパースランプが準グランプリとなり、同じくグランプリであった「爆風銃(BOP GUN)」とサンプラザ中野、パッパラー河合の二人のみがレコード会社からスカウトされたとき、二人と残されたメンバーとのあいだで「スーパースランプ」の名称の保有権を巡り亀裂が生じかけた。

そこでサンプラザ中野に相談を受け、両者をなだめたのが聖飢魔IIデーモン小暮である。結果、新バンドがバンド名を合わせて「爆風スランプ」を名乗ることで丸くおさめた。

さらにデーモン小暮は責任感から、残されたスーパースランプでボーカルを務めた(フジテレビの番組「ごきげんよう」にてサンプラザ中野自身が公表した)。

爆風スランプ・活動休止時編集

爆風スランプ活動休止時にサンプラザ中野パッパラー河合が「スーパースランプ」というユニットを組むことになったが、そのときもデーモン小暮の仲介によりリーダーから名称の使用許可を得た。

参考文献編集