メインメニューを開く

ズイナ属(ズイナぞく、随菜属、学名: Itea)は、約10種の灌木からなる植物である。葉は互生である。花は小さく、5つの萼片と5つの花弁からなり、総状花序あるいは穂状花序である。

ズイナ属
Itea ilicifolia 2.jpg
Itea ilicifolia
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
: ユキノシタ目 Saxifragales
: ズイナ科 Iteaceae
: ズイナ属 Itea
学名
Itea
L.
本文参照

ズイナ属は東アジア原産で、北米東部の落葉性灌木の一つである。

一部の種は、その長い穂と香りの良い頭花から観賞用庭園で育てられている。これらは、中央および西中国原産のI. ilicifolia(支那ズイナ)やI. yunnanensisがある。北米東部の落葉性のコバノズイナ (I. virginica) はこれらと異なり直立に生長する特徴がある。

ズイナ属には以下の種が含まれる[1]

  • シマズイナ Itea chinensis Hook. & Arn.
  • イテア・イリキフォリア Itea ilicifolia Oliv.
  • ズイナ Itea japonica Oliv.
  • ヒイラギズイナ Itea oldhamii C. K. Schneid.
  • ヒメズイナ Itea parviflora Hemsl.
  • コバノズイナ Itea virginica L. - Virginia Sweetspire
  • Itea yunnanensis Franch.

脚注編集

  1. ^ GRIN Species Records of Itea”. Germplasm Resources Information Network (GRIN). United States Department of Agriculture, Agricultural Research Service, Beltsville Area. 2012年3月4日閲覧。

参考文献編集

  • European Garden Flora, vol. 4.
  • Hillier; Manual of Trees and Shrubs.

関連項目編集