ズジスワフ・ショスタク

ポーランドの作曲家、指揮者
画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2019年5月

ズジスワフ・ショスタク(Zdzisław Szostak, 1930年1月13日 - 2019年9月7日[1])は、ポーランド出身の指揮者作曲家[2][3]

ソスノヴィエツの生まれ。カトヴィツェ音楽院でアルトゥル・マラフスキに指揮法、ボレスワフ・ツァベルスキに作曲を学び、1955年に音楽院を卒業した。1950年より指揮者として活動をはじめ、シレジア・フィルハーモニー管弦楽団附属の合唱団を指揮して1955年に同管弦楽団の補助指揮者となった。1958年からポズナニ・フィルハーモニー管弦楽団の第二指揮者となり、1967年に同管弦楽団の音楽監督に昇格した。1971年にウッチ・フィルハーモニー管弦楽団の芸術監督に転出し、1987年までその任に当たった。

1972年から2000年までウッチ音楽院で教鞭をとった。

作曲家としては、フィリップ・パヨン監督の『王者のためのアリア』(1979年)や、ヤーノシュ・マジェフスキ監督のドラマ『女王ボナ』(1980年)などの音楽を担当している[4]

脚注編集

  1. ^ “Ostatnie pożegnanie Maestro Zdzisława Szostaka” (ポーランド語). dzienniklodzki.pl. (2019年9月14日). https://dzienniklodzki.pl/ostatnie-pozegnanie-maestro-zdzislawa-szostaka/ar/c13-14421077 2019年9月17日閲覧。 
  2. ^ culture.pl
  3. ^ Zdzisław Szostak - Discogs
  4. ^ ズジスワフ・ショスタク - インターネット・ムービー・データベース(英語)