ズールZeuhl)は、1960年代フランスで生まれたプログレッシブ・ロックのスタイル。

ズール
様式的起源
文化的起源 1960年代
フランス
関連項目

ピッチフォーク・メディアのドミニク・レオーネ(ミュージシャン・執筆家)は、このスタイルについて「集団演奏、詠唱される合唱モチーフ、鬱屈した空気、打楽器の反復、突然の爆発的な即興、不気味なミニマル・トランス・ロックといったものを含み、異星人のロック・オペラのように聞こえるようなものである」と言っている。[2]

この言葉の由来は、マグマ[3]クリスチャン・ヴァンデが作成した言語であるコバイア語[4]から来ている。 彼はそれが「天上」を意味すると言った。「ズール・ミュージックとは『振動的音楽(vibratory music)[5]』を意味します。『L'esprit au travers de la matière(物質を通じて伝わる精神)』。それがズールです。ズールはまたお腹の中で振動する音でもあります。ズール(Zeuhl)という言葉を非常にゆっくりと発音させ、最初に文字『Z』を強調すると、体が振動するように感じるでしょう」。

もともとマグマの音楽にのみ適用された用語「ズール」は、1970年代からフランスのバンドによって制作された同様の音楽を表現するために使用されるようになっていった。[6]

代表的なアーティスト編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Wagner, Jeff (2010). Mean Deviation: Four Decades of Progressive Heavy Metal. Bazillion Points Books. p. 242. ISBN 978-0-9796163-3-4. https://books.google.com/books?id=8ZwZcZ2X5ToC&pg=PA242. 
  2. ^ "Pitchfork: Album Reviews: Magma: K.A". Retrieved 2010-02-08.
  3. ^ Culshaw, Peter (2009年10月1日). “Magma interview for Celestial Mass”. The Daily Telegraph. 2009年10月16日閲覧。
  4. ^ Stump, Paul (1995年7月). “Different Drummer: Magma – interview with Christian Vander, page 3 (dead link)”. The Wire. 2009年10月16日閲覧。
  5. ^ Allan MacInnis (2015年3月30日). “Immersing oneself in Magma: a Christian Vander interview”. Big Takeover. 2018年5月17日閲覧。
  6. ^ Anderston, Chris (2010). “A many-headed beast: progressive rock as European meta-genre”. Popular Music (Cambridge University Press) 29 (10): 417–435. doi:10.1017/S0261143010000450. JSTOR 40926943. 

関連項目編集