セラ寺(セラじ)は、ラサ北部に建立されたゲルク派六大寺院のひとつ。また、ガンデン寺デプン寺とあわせてラサ三大寺院のひとつでもある。 15世紀にジャムヤン・チュジェ・サキャイェーシェーが創建した。

セラ寺:Sera Monastery
Monks assembled outside the Sera Me Tratsang college of Sera Monastery in Tibet in December 2006.
チベット語名
チベット文字 སེ་ར་
ワイリー Se-ra
中国語名
繁体字 色拉寺
簡体字 色拉寺
セラ寺の位置(チベット自治区内)
セラ寺
セラ寺
Location within Tibet
座標: 北緯29度41分53秒 東経91度8分0秒 / 北緯29.69806度 東経91.13333度 / 29.69806; 91.13333
寺院情報
所在地 ラサ ワンブル山
創設者 ジャムヤン・チュジェ・サキャイェーシェー
創設 1419年
宗教 チベット仏教
宗派 ゲルク派
献納 ツォンカパ
学堂 Pabonka Hermitage, Purbuchok Hermitage
Its counterpart set up at Bylakuppe, near Mysore in Karnataka by Tibetan diaspora
テンプレートを表示
勤行風景
僧侶たちの問答合戦

歴史編集

チベット動乱以前編集

1419年に高僧ジャムヤン・チュジェ・サキャイェーシェーによって創建された。

ダライ・ラマ10世ダライ・ラマ11世の時代に25年間チベットの摂政を務めたツェモンリン・ンガワン・ジャンベル・ツルティムの出身寺院としても知られる[1]

日本の河口慧海多田等観チベット仏教を学んだのもこの寺であった。

中華人民共和国時代編集

1959年チベット動乱の際に寺院組織と多数の所属僧侶はチベットを脱出、南インドのカルナタカ州マイソール(Mysore)で伽藍を再建し、活動を続けている。

ラサ北郊の旧伽藍においても、チベットに残留したもとの所属僧侶を中心として1980年代に僧院の組織が再建され、寺院としての活動が再開された。中華人民共和国政府も1982年全国重点文物保護単位として認定している。

歴代座主編集

歴代座主は以下の通り[2]

  • 開山:シャキャイェシェ
  • 第2代:タルギェサンボ
  • 第3代:ギェンツエンサンボ
  • 第4代:タシギャムツォ
  • 第5代:ロドリンチェンセンゲ
  • 第6代:ネーテンパ
  • 第7代:ラプチュージェ
  • 第8代:ニェルトン・ペンジョルルンドゥプ
  • 第9代:マント・ペルデンロド
  • 第10代:ジャムヤン・トゥンユーペルデン
  • 第11代:ゲンドゥンギャムツォ(ダライ・ラマ2世
  • 第12代:セラジェプツン・チューキゲンツェン
  • 第13代:パンチェン・ソナムタクパ
  • 第14代:チュータクサンボ
  • 第15代:ソナムギャムツォ(ダライ・ラマ3世
  • 第16代:トンコルチュージェ・ユンテンギャムツォ
  • 第17代:ユンテンギャムツォ(ダライ・ラマ4世
  • 第18代:ロサンチューキゲンツェン(パンチェン・ラマ4世
  • 第19代:ロサンギャムツォ(ダライ・ラマ5世

以後、本寺の座主職は化身ラマの名跡「ダライラマ」の指定席となっている。

幼児連れの参詣編集

セラ寺では、幼児・子供連れの参詣をよく見かけ、大人と一緒に列に並んだ後、順番が来ると鼻に魔除けの黒墨を塗った幼児・子供ちたは僧侶から直接に祝福を受ける。ここに祀られているタムディン(馬頭観音)は幼児の健康を守ると信じられているからである。[3]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ デエ, 今枝訳(2005)pp.187-188
  2. ^ 松巴(1992)pp.595-596
  3. ^ ラサ・セラ寺の巡り方 [LHASA・TIBET(風の旅行社)]

参考文献編集

  • sum pa ye shes dpal 'byor, chos 'byung dpag msam ljon bzang, ken su'u mi rig dpe skurn khang, 1992(松巴堪欽『松巴佛教史』甘民族出版社, ISBN 7-5421-0085-8
  • ロラン・デエ『チベット史』今枝由郎訳、春秋社、2005年4月。ISBN 4-393-11803-0