セルゲイ・フィーリン

ロシアのバレエダンサー、バレエ指導者

セルゲイ・フィーリンСерге́й Юрьевич Фи́линSergei Yurevitch Filin1970年10月27日 - )は、ロシアバレエダンサーバレエ指導者である。ボリショイ・バレエ団の主役級ダンサーとして活躍した後、モスクワ音楽劇場バレエ団の芸術監督を経て2011年3月18日にボリショイ・バレエ団の芸術監督に就任した[1][2][3]

D・メドヴェージェフとセルゲイ・フィーリン、2011年
ドミートリー・メドヴェージェフ(左)とセルゲイ・フィーリン(右手前)、2011年9月20日、ボリショイ劇場にて

経歴編集

モスクワ出身[2][4]。バレエを始めたのは9歳のときで、ボリショイ・バレエ学校でアレクサンドル・プロコフィエフから指導を受けた[2][4][5]。1989年にボリショイ・バレエ学校を卒業する際、モスクワ音楽劇場バレエ団から入団の誘いを受けた。バレエ学校の当時の校長で名教師として知られたソフィア・ゴロフキナに報告したところ、「あなたはボリショイ・バレエ団に行くのです」と言われて、ボリショイ・バレエ団に入団した[2][6][4]。ボリショイ・バレエ団ではニコライ・シマチョフ、マリーナ・セミョーノワ、ニコライ・ファジェーチェフ英語版 [注釈 1]の指導を受け、1990年にプリンシパルに昇格した[2][7][8]アンドレイ・ウヴァーロフと並んでボリショイ・バレエ団を代表するダンスール・ノーブルとして評価され、世界各国のバレエ・コンサートへの出演やロシア国外のバレエ団への客演も多かった[7][9]

フィーリンは豪快な跳躍や素早い連続回転などの力技で観客を圧倒するタイプのダンサーではなく、正確な基礎技術に支えられた細やかな踊りを特質としていた[4]。そのため、精緻な足さばきなどが要求される19世紀デンマークの振付家、オーギュスト・ブルノンヴィルの作品を得意とするダンサーとして批評家から注目された[4][7]。ブルノンヴィル作品以外では、『ジゼル』のアルブレヒトや『ライモンダ』のジャン・ド・ブリエンヌ、『白鳥の湖』のジークフリート王子などロマンティック・バレエやクラシック・バレエの役柄を得意とした[4][7][9]。その一方で、ドミートリイ・ショスタコーヴィチ作曲の『明るい小川』(アレクセイ・ラトマンスキー[注釈 2]再振付、2003年)では、トゥ・シューズチュチュ姿の「バレリーナ」役でコミカルな一面を見せて好評を得た[5][6][10][11]

ボリショイ・バレエ団在団中の1988年から、ゴロフキナの指導のもとでロシア舞台芸術アカデミー振付インスティテュートに入会し、1991年に教員資格を取得して卒業した[2][7]。2006年には、ロモソーノフ記念モスクワ国立大学を卒業した[2][3]。2008年、38歳でダンサー生活に終止符を打ち、指導者の道を進むことになった[5][12]

2008年にモスクワ音楽劇場バレエ団の芸術監督に任命され、2011年までその地位を務めた[5]。モスクワ音楽劇場バレエ団芸術監督在任中は毎月10公演を行い、新作を1作必ず上演するという目標を立ててその実行に努めた他、若手ダンサーの積極的な登用やイリ・キリアンナチョ・ドゥアトなど新しい振付家の作品をレパートリーに導入するなど、バレエ団のレベルアップに取り組んだ[3][6]。2011年3月18日、前任のユーリー・ブルラカに代わってボリショイ・バレエ団の芸術監督として5年間の契約を結んでいる[注釈 3][1][2][3][5][13]

フィーリンは数多くの賞を受けている[2]。1994年に『眠れる森の美女』のデジレ王子役でブノワ賞を受賞したのを始め、1995年にはイタリアの「ダンツァ&ダンツァ」誌の「ダンサー・オヴ・ザ・イヤー」、2002年に「バレエ」誌の「ダンスの魂」賞、2004年に『明るい小川』での演技でゴールデン・マスク賞、2006年に「21世紀のスター」賞を受賞した[2][3][7][8]。1996年にはロシア功労芸術家、2001年にはロシア人民芸術家に選ばれている[2][3]

襲撃事件編集

ボリショイ・バレエ団芸術監督就任後、フィーリンはクラシック・バレエの名作やユーリー・グリゴローヴィチなどのソビエト・バレエの傑作などの他に、20世紀後半から21世紀に至るバレエの斬新なレパートリーを上演する方針を打ち出した[2]。ただし、ダンサーの昇進や配役などをめぐって強引な手法を使ったと伝えられるなど、バレエ団の運営に関して対立を抱えていた[12][14]。2012年の年末頃からは、脅迫電話や車のタイヤを切り裂かれるなど、周辺で不審な出来事がたびたび起こっていた[12][14][15]

2013年1月17日の深夜、フィーリンはモスクワ市内にある自宅へ帰宅途中に何者かの襲撃を受けた。自宅付近で顔を覆った人物に襲われたためフィーリンは逃げようとしたが、その男は追いかけてきて顔に強酸性の薬品をかけた[12][14][15]。フィーリンは顔や角膜に重度のやけどを負った[12][14][15]。警察当局はバレエ団運営上のトラブルが原因と見ているが、私生活のトラブルも視野に入れて刑事事件として捜査を始めた[12][14][15]

ボリショイ・バレエ団の関係者は、この事件に大きな衝撃を受けた。プリマ・バレリーナの1人、ニーナ・カプツォーワ(ru:Капцова, Нина Александровна)は「フィーリン氏は品行方正で公明正大な人だったため、誰からも愛されていた」と話し、ボリショイ・バレエ団に所属していた岩田守弘は自分のブログに「悲しくて残念でなりません。彼の一日でも早い復帰を、心から祈っています。」と書いた[16][17]。ボリショイ・バレエ団の元芸術監督で振付家のアレクセイ・ラトマンスキーは、「今回の事件は偉大なる劇場の真の悲劇だ。セリョージャ[注釈 4]よ、すぐに元気になって気丈に乗り切ってくれ!」と語っている[16]

フィーリンは角膜に重度のやけどを負っていたため一時は失明の恐れがあったが、ドイツアーヘンの病院で22回の眼科手術と組織移植を受け[18]、その後医師からは一定の視力確保の見通しが示されたという[19]。ボリショイ・バレエ団の芸術監督代行は、かつて同バレエ団でプリマ・バレリーナを務めていたガリーナ・ステパネンコが務めることとなった[注釈 5][20]。2013年9月17日、職務に復帰した。その後も治療を続けているが、左目が8割見える状態、右目が指を見分けられる状態に回復したという[21]

2013年3月5日、実行犯、犯行を指示したボリショイ・バレエ団のソリストで元準主役級ダンサーのパーヴェル・ドミトリチェンコ(ru:Дмитриченко, Павел Витальевич)、運転手役の3人の男が逮捕された[22]。ドミトリチェンコはフィーリンの襲撃を計画したことは認めているが、硫酸をかけるように指示はしていないと供述し、実行犯も「硫酸を使ったのは自分の案で、ドミトリチェンコには伝えていなかった」としている[23][24]。なお、犯行後、実行犯はドミトリチェンコから5万ルーブルの報酬を受け取っていた[23]。動機については、ドミトリチェンコは「配役が不満だった」と述べており[24]、ドミトリチェンコの恋人のダンサーであるアンジェリーナ・ヴォロンツォワ(ru:Воронцова, Анжелина Эрнестовна)が2012年暮れに「白鳥の湖」の主役・オデット姫役を要望したが、太り気味だったためフィーリンに「鏡を見てみろ、それがオデットか」と断られたことが怨恨の原因ではないかとされている[23]

2013年12月3日、モスクワの裁判所はドミトリチェンコに懲役6年、実行犯に懲役10年、運転手役に懲役4年の判決を言い渡した[25]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ ニコライの息子アレクセイ・ファジェーチェフもバレエダンサーで、ボリショイ・バレエ団でダンスール・ノーブルとして活躍した。
  2. ^ アレクセイ・ラトマンスキーは、2004年から2008年までボリショイ・バレエ団の芸術監督を務めていた。
  3. ^ ユーリー・ブルラカの後任として有力視されていた元芸術副監督のゲンナジー・ヤーニンは、捏造されたわいせつ写真がばらまかれたことが原因でボリショイ・バレエ団を去る事態になっていた。
  4. ^ Serezha。セルゲイの愛称。
  5. ^ 女性がボリショイ・バレエ団のトップに就任するのは、ステパネンコが初である。

出典編集

  1. ^ a b Сергей Филин возглавил балет ную труппу Большого театра 18:1218.03.2011 2013年1月26日閲覧。(ロシア語)
  2. ^ a b c d e f g h i j k l ボリショイ・バレエ 2012年日本公演プログラム、48頁。
  3. ^ a b c d e f Sergei Filin Benois de la Danse 2013年1月26日閲覧。(英語)
  4. ^ a b c d e f 『バレエ・ダンサー201』112頁。
  5. ^ a b c d e Star dancer Sergei Filin becomes new Bolshoi chief Buzz reviews, news & interviews 2013年1月26日閲覧。(英語)
  6. ^ a b c 意欲溢れる若き芸術監督、セルゲイ・フィーリンのトークショー 2010.03.15 Chacott webマガジン DANCE CUBE インタビュー&レポート 2013年1月26日閲覧。
  7. ^ a b c d e f 第10回世界バレエフェスティバル公演プログラム、42頁。
  8. ^ a b ロシア国立ボリショイ・バレエ団2006年日本公演「ファラオの娘」 NBS日本舞台芸術振興会ウェブサイト、2013年1月26日閲覧。
  9. ^ a b 渡辺、96頁。
  10. ^ ザハーロワ、アレクサンドロワなどによる、ボリショイ・バレエの魔力 2009.01.13 Chacott webマガジン DANCE CUBE ワールドレポート 世界のダンス最前線 from tokyo 2013年1月26日閲覧。
  11. ^ ボリショイ・バレエ2008:「明るい小川」PR動画 2013年1月26日閲覧。
  12. ^ a b c d e f ボリショイ・バレエ:芸術監督、硫酸かけられ重傷 恨みか 毎日新聞(2013年1月18日)2013年1月26日閲覧。
  13. ^ ボリショイ・バレエの芸術副監督が辞任、合成わいせつ画像ばらまかれる 2013年1月26日閲覧。
  14. ^ a b c d e 読売新聞』 2013年1月19日付朝刊、第14版、第38面。
  15. ^ a b c d ボリショイ・バレエ団の監督、男に強酸性の薬品かけられ大やけど www.fnn-news.com 2013年1月26日閲覧。
  16. ^ a b 顔に酸性液をかけられたフィーリン氏続報 キリル・ルデンコ, ロシアNOW 2013年1月26日閲覧。
  17. ^ セルゲイ・フィーリン 岩田守弘オフィシャルブログ、2013年1月26日閲覧。
  18. ^ 醜聞に揺れたボリショイ劇場 ロシアNOW 2013年9月10日
  19. ^ トップダンサー参考人聴取 nikkansports.com 2013年1月26日閲覧。
  20. ^ At Bolshoi, Regrets and a New Appointment By SOPHIA KISHKOVSKY and ELLEN BARRY Published: January 22,2013 The New York Times Com. 2013年1月26日閲覧。
  21. ^ ボリショイに朗報、フィーリンが職務復帰 読売新聞 2013年10月18日
  22. ^ ボリショイ監督襲撃事件で拘束のソリスト、動機は「恨み」 AFPBB news 2013年3月7日
  23. ^ a b c ピックアップ@アジア 「ボリショイ監督襲撃事件 犯人逮捕の衝撃」 NHK解説アーカイブス 2013年3月13日
  24. ^ a b ボリショイ監督襲撃事件、上級ソリストら3人に有罪判決 CNN 2013年12月4日
  25. ^ ボリショイ監督襲撃事件、元ダンサーに懲役6年 ロシア AFPBB news 2013年12月3日

参考文献編集

  • ダンスマガジン編 『バレエ・ダンサー201』 新書館、2009年。ISBN 978-4-403-25099-6
  • 第10回世界バレエフェスティバル公演プログラム、2003年。
  • ボリショイ・バレエ ボリショイ劇場管弦楽団 2012年日本公演プログラム
  • 「ボリショイ・バレエ芸術監督襲われる 顔に液体、大やけど」 『読売新聞』 2013年1月19日付朝刊、第14版、第38面。
  • 渡辺真弓監修 『物語とみどころがわかる バレエの鑑賞入門』 世界文化社、2006年。ISBN 4-418-06252-1

外部リンク編集