メインメニューを開く
セントラルワールド
ZENデパートメントストア

セントラルワールド(CentralWorld)は、タイ王国の首都バンコクの中心街にあるショッピング・モールである。 伊勢丹やセントラルグループの新形態デパートZEN、紀伊国屋歌行燈ユニクロ、スーツセレクト、カフェクロワッサンなどが入居している。

2006年オープン。オープン当初 World Trade Centerからの改装オープンだったため、Central World Plaza(セントラル・ワールド・プラザ)となっていたが翌2007年にCentralworld(セントラルワールド、CTW(表記が1語))に改名をしている。売場の延べ床面積が計55万平方メートル。セントラルグループが経営するショッピングモールの中ではサイアムエリアにあるサイアム・パラゴン(2005年オープン)と並び、国内最大規模。スケートリンク、映画館、イベントホールが敷地内に併設しており、イベントホールではたびたび音楽や海外旅行招致などのイベントが行われる。2010年4月、元首相タクシン・チナワットの支持者が治安部隊と衝突。その際に建物を放火し、一部が焼失した。その後、焼失したZENデパートメントストア部分は建て直され、現在はほぼ元の状態に戻っている。

外部リンク編集