メインメニューを開く

センポクカンポクは、越中国東礪波郡利賀村(現・富山県南砺市)に伝わる妖怪[1]

大きなヒキガエルのような体と、人間のような顔を持つ。家に死人が出ると、死んだ者の掛けむしろのもとに現れ、死後から1週間経つと大戸の外に出て番をする。3週間の間はその家にいるが、4週間経つと死者の霊を導いて墓場へと行く[2]。死者の霊魂の番をし、その道案内をする役目を持つ者と考えられている[1]。南砺市付近では、子供向けの昔話によくセンポクカンポクが登場したという[3]

またこの地方では大きなカエルのことをカサゴットの神、またはテンテンゴットの神と呼び、人が死に瀕しているときに名を呼ぶと、この神の妖術によって助かるという言い伝えもある[3]。カサやテンテンは疣や瘡などの出来物を意味するらしく、ゴットはカエルを意味する方言である[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社、2000年、203-204頁。ISBN 978-4-620-31428-0
  2. ^ 多田克己 『幻想世界の住人たち IV 日本編』 新紀元社、1990年、252頁。ISBN 978-4-915146-44-2
  3. ^ a b 宮本幸江・熊谷あづさ 『日本の妖怪の謎と不思議』 学習研究社、2007年、62頁。ISBN 978-4-056-04760-8

関連項目編集