メインメニューを開く
ソルタムM68 155mm榴弾砲

ソルタムM68 155mm榴弾砲は、、フィンランドのタンペラ社(現・パトリア社英語版フィンランド語版)が開発した155mm榴弾砲を元に、イスラエルソルタム・システムズ社がライセンス生産した33口径の155mm榴弾砲である[1]

概要編集

ソルタムM68はイスラエルのソルタム・システムズが製造した国産の155mm榴弾砲で、連射速度向上のために圧縮空気を利用した装填補助用気圧式さく丈を装備している。この砲は試作品が1968年に完成し、1970年に量産が開始された。

1973年の第四次中東戦争で初めて実戦に用いられ、イスラエル以外にもチリ陸軍、フィリピン陸軍、シンガポール陸軍、タイ王国陸軍南アフリカ共和国陸軍、ミャンマー陸軍が採用した。

さらに、イスラエルではスーパーシャーマンの車体に密閉式の戦闘室をしつらえてM68を搭載したソルタムL33 155mm自走榴弾砲を開発している。

スペック編集

  • 口径:155mm
  • 全長:m
  • 全幅:m
  • 重量:9,500kg
  • 砲身長:5115mm(33口径)
  • 仰俯角:-5°~+70°
  • 左右旋回角:90°
  • 運用要員:8名
  • 発射速度:発/分(最大)、発/分(連続射撃時)
  • 射程距離:21,000m(標準榴弾)/m(ロケット補助推進弾)

脚注・出典編集

  1. ^ 月刊グランドパワー, No.141, 2006年2月, イスラエル軍のシャーマン(2), P106

関連項目編集

外部リンク編集