ソルティ・ドッグ

ソルティ・ドッグ (Salty Dog) とは、ウォッカベースのカクテルの一つ。グレープフルーツのさっぱりした口当たりと、グラスの縁の食塩との組み合わせが絶妙であるとして人気が高い。

ソルティ・ドッグ
Salty Dog.jpg
基本情報
種別 ロングドリンク
作成技法 ビルド
淡黄色
グラス オールド・ファッションド・グラス
アルコール度数
度数 13度[1]
レシピの一例
ベース ウォッカ
テンプレートを表示

由来編集

「ソルティ・ドッグ」とは「甲板員」を意味するイギリスのスラングで、甲板員が甲板の上で汗だらけ塩だらけになって働く様子から来ている[2][3]。そのスラングの連想から塩を使う本カクテルは名付けられた[2][3]。また、航海する船上で酒を飲んでいるときに、波しぶきがはねて海水が入ったことが始まりとする説もある[3]

1940年代イギリスで生まれたカクテルだが、当初はジン、グレープフルーツジュース、食塩をシェーカーに入れてシェイクし、カクテルグラスに注いでいた[2][3]。これはさほど人気が出なかったが、アメリカでウォッカを使い、食塩をスノースタイルにし、ステアで作るように改良されたことで、世界的な人気カクテルとなった[2]

ジンを使い、塩を直接投入した当初のソルティ・ドッグは「クラシック・ソルティ・ドッグ」と呼ばれることもある[4][5]

標準的なレシピ編集

  • ウォッカ - 20 ml
  • グレープフルーツ・ジュース - 40 ml
  • 食塩 - 少々
  • レモンの輪切り

作り方編集

  1. オールド・ファッションド・グラス[6]の縁をレモンで濡らして食塩をつけ、スノースタイルにする。
  2. そのグラスにをいれ、ウォッカ、グレープフルーツ・ジュースをそそぎ、ステアして完成。

備考編集

ノンスノー(グラスの縁に食塩をつけない)にするとカクテルの呼称が変わり、「テールレス・ドッグ」または「グレイハウンド」と言う[7]。日本においては「ブルドッグ」とも呼ばれるが[8]、「ブルドッグ」の名づけは鎌倉市バー「MIKE'S BAR」オーナー榊原直哉だとされている[9]

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ YYT project(編)『おうちでカクテル』池田書店、2007年2月20日、64頁。ISBN 978-4-262-12918-1
  2. ^ a b c d 福西英三『カクテル教室』保育社、1996年、28頁。ISBN 9784586508877
  3. ^ a b c d 沼由美子 (2019年8月26日). “"ソルティドッグ"をオールドスタイルで|「EST!」のカクテルブック10杯目”. Dancyu. 2021年9月1日閲覧。
  4. ^ 水澤泰彦『フレッシュフルーツカクテルブック』誠文堂新光社、2011年、24頁。ISBN 978-4416311172
  5. ^ 寺田伸子「若いバー、おとなの一杯 第55回」『&Premium(アンドプレミアム)』2018年7月号 [料理好きたちの、キッチンと道具。]、マガジンハウス、2018年、 175頁。
  6. ^ 桑名 伸佐(監修)『カクテル・パーフェクトブック』日本文芸社、2006年2月25日、127頁。ISBN 978-4-537-20423-0
  7. ^ Cocktail15番地、佐藤淳、 斎藤都斗武『カクテルの図鑑』マイナビ出版、2013年、65頁。ISBN 9784839946234
  8. ^ 達磨信. “第113回 にっちもさっちも、フォーリーブス ブルドッグ”. サントリー. 2021年9月1日閲覧。
  9. ^ 『散歩の達人 鎌倉・江の島』交通新聞社〈旅の手帖MOOK MOOK7〉、2018年、118頁。ISBN 978-4330876184