メインメニューを開く

ソロモン神殿(英語:Solomon's Temple)とは、ヘブライ語聖書によるとネブカドネザル2世によるエルサレム攻囲戦 (紀元前587年)英語版 で破壊されるまでエルサレムにあった聖なる神殿ヘブライ語: בֵּית־הַמִּקְדָּשׁ‎: Beit HaMikdash)である。その後建てられる神殿と区別し、第一神殿(First Temple) とも呼ばれる。

ソロモン神殿
בֵּית־הַמִּקְדָּשׁ
Храм I.jpg
基本情報
所在地 エルサレム旧市街
神性 ヤハウェ
建設
製作者 ソロモン
破壊 587 BC
テンプレートを表示
聖書に基づき書かれたソロモン神殿の間取り
1905年に刷られた間取り

紀元前6世紀になると、ソロモン神殿のあった神殿の丘第二神殿が再建された。

ヘブライ語聖書によると、紀元前10世紀中頃のイスラエル・ユダ連合王国英語版ソロモンのもと建設され、ユダ王国の時代にはヤハウェ神を奉じ、契約の箱が納められたとされる。ユダヤ人の歴史家フラウィウス・ヨセフスは「寺院は建てられてから四百十年六月十日後に焼かれた」と述べている[1]

建築について編集

ソロモンがイスラエルを支配してから4年目に建設を始め7年後に完成したとされる[2]。ソロモン王と友好関係にあったティルスヒラムからは、レバノン杉などの提供があった。

考古・聖書学者のイスラエル・フィンケルシュタインによると、フェニキアの建物に酷似していることから、フェニキア人が設計に関与しているとしている[3]

出典編集

  1. ^ Josephus, Jew. Ant. 10.8.5
  2. ^ 1 Kings 6:38
  3. ^ According to Finkelstein in The Bible Unearthed, the description of the temple is remarkably similar to that of surviving remains of Phoenician temples of the time, and it is certainly plausible, from the point of view of archaeology, that the temple was constructed to the design of Phoenicians.

外部リンク編集

  •   ウィキメディア・コモンズには、ソロモン神殿に関するメディアがあります。