ゾフィア・シャルロッテ・フォン・キールマンゼック (ダーリントン女伯爵)

ダーリントン女伯爵およびレンスター女伯爵ゾフィア・シャルロッテ・フォン・キールマンゼック英語: Sophia Charlotte von Kielmansegg, Countess of Darlington and Countess of Leinster1675年 - 1725年4月20日)は、神聖ローマ帝国出身のグレートブリテン貴族、宮廷人、国王ジョージ1世の異母妹[1]

ゾフィア・シャルロッテ・フォン・キールマンゼック
Sophia Charlotte von Kielmansegg
ダーリントン女伯爵
Charlotte Sophia von Platen-Hallermund, Countess of Darlington.jpg
在位 1720年 - 1725年

出生 1675年
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国オスナブリュック
死去 1725年4月20日
グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国ロンドンセント・ジェームズ英語版
埋葬 1725年4月24日
グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国ウェストミンスター寺院
配偶者 ヨハン・アドルフ・フォン・キールマンゼックドイツ語版
子女 シャーロット英語版
ゲオルク・ルートヴィヒドイツ語版
カール・アウグスト
エルンスト・アウグスト
家名 ハノーヴァー家
父親 ハノーファー選帝侯エルンスト・アウグスト
母親 ゾフィア・シャルロッテ・フォン・プラーテン・ウント・ハレルムント
テンプレートを表示

生い立ち編集

ハノーファー選帝侯エルンスト・アウグストプラーテン・ウント・ハレルムント男爵夫人クララ・エリザベート・フォン・マイセンブルク英語版の娘ゾフィア・シャルロッテ・フォン・プラーテン・ウント・ハレルムント(Sophia Charlotte von Platen und Hallermund)として、1675年におそらくオスナブリュックで生まれた[2]。当時、女性の産んだ子供が自動的に夫との子供であると仮定されたように、ゾフィア・シャルロッテは公式には母の夫フランツ・エルンスト・フォン・プラーテンドイツ語版男爵の娘とされたが、宮廷では選帝侯の庶子であることが公然に認められていた[2]。1689年には「父」のプラーテン男爵が伯爵に昇格された[2]

結婚編集

ゾフィアと親しい間柄にあった異母兄ゲオルク・ルートヴィヒは1714年にジョージ1世としてイギリス王位を継承した[2]。ジョージ1世の母ゾフィーはゾフィアがジョージ1世の愛人でないことを「確信していた」という[2]。1701年、ゾフィアはジョージ1世の副主馬頭ヨハン・アドルフ・フォン・キールマンゼックドイツ語版男爵(1668年 – 1717年11月15日)と結婚、3男2女をもうけた[2]

イギリス宮廷での生活編集

1714年にアン女王が死去して、ジョージ1世が即位すると、ゾフィア一家はジョージ1世に従ってロンドンに移住した。彼女はイギリスの廷臣からはジョージ1世の愛人と勘違いされたが、上手く付き合いつつジョージ1世の愛人エーレンガルト・メルジーネ・フォン・デア・シューレンブルクと影響力を競い、ウェールズ公妃キャロライン・オブ・アーンズバックからは「邪悪な女」と嫌われた[2]。彼女は後援を欲した者から多くの贈り物をもらった[2]。例えば、1715年8月から1720年2月までの間に初代シャンドス公爵ジェームズ・ブリッジスから9,545ポンドをもらい、1720年2月には南海会社の株式1万5千ポンドと、株価が154ポンド以上に上がった場合は1ポンドにつき120ポンドのボーナスをもらう権利を獲得した[2]

一代貴族編集

メルジーネが1716年にマンスター女公爵に、1719年にケンドール女公爵に叙されると、ゾフィアは自分がアイルランド貴族グレートブリテン貴族に叙されるよう働きかけたという[2]。この競争は公然に行われ、1717年11月14日付の新聞では「夫に同伴すると装って町に数週間滞在している[...]がマンスター女公爵との不和によるとも言われている」と報じられた[2]。彼女の夫は翌日に病死しており、ロンドン入城の本当の理由は女公爵との競争ではなく夫の病気とされる[2]。そして、南海泡沫事件のダメージから目をそらすためか、彼女は1721年にアイルランド貴族のレンスター女伯爵に叙され、翌年にはグレートブリテン貴族のダーリントン女伯爵とブレントフォード女男爵に叙された[2][1](いずれも一代貴族)。ジョージ1世がこれら貴族叙任の特許状にconsanguineam nostram(「共同な血筋」といった意味)と書いたほか、彼女の紋章にはブラウンシュヴァイクの紋章とベンド・シニスターが含まれており、ハノーファー選帝侯の非嫡出の娘を意味する[2]

死去編集

ゾフィアは1725年4月20日にセント・ジェームズ英語版の自宅で死去、24日にウェストミンスター寺院に埋葬された[2]

歴史家からは「メイポール」のメルジーネと競争した「象女」と形容されたが[1]ラグンヒルド・ハットン英語版など現代の歴史家は彼女をジョージ1世から認められていた宮廷人と考え、同時代で形容されたほどの肥満はないとの見解を述べている[2]

キールマンゼックは娘シャーロット英語版初代ハウ伯爵リチャード・ハウ、第2代ハウ女男爵ソフィー・シャーロット・ハウ、初代ハウ伯爵リチャード・カーゾン=ハウアバコーン公爵夫人メアリー・ハミルトン英語版第3代アバコーン公爵ジェームズ・ハミルトンスペンサー伯爵夫人シンシア・スペンサー英語版第8代スペンサー伯爵エドワード・スペンサーを通じて、ダイアナ元皇太子妃と血が繋がっている。

脚注編集

  1. ^ a b c 友清理士. “スペイン継承戦争の戦後20年――ユトレヒト条約後の国際関係とハノーヴァー朝下のイギリス――”. 2018年7月28日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r Kilburn, Matthew (3 January 2008) [23 September 2004]. "Kielmansegg, Sophia Charlotte von [formerly Countess Sophia Charlotte von Platen und Hallermund], suo jure countess of Darlington and suo jure countess of Leinster". Oxford Dictionary of National Biography (英語) (online ed.). Oxford University Press. doi:10.1093/ref:odnb/76310 (要購読、またはイギリス公立図書館への会員加入。)