メインメニューを開く

ゾラン・ガイッチセルビア語: Зоран Гајић[1]1958年12月28日 - )は、ユーゴスラビアの男子バレーボール選手、指導者。パンチェヴォ出身。2000年シドニーオリンピックでユーゴスラビアに金メダルをもたらした名将として知られる。

ゾラン・ガイッチ
Зоран Гајић
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Zoran Gajic (6807624125).jpg
基本情報
国籍 セルビアの旗 セルビア
生年月日 (1958-12-28) 1958年12月28日(60歳)
出身地 パンチェヴォ
ラテン文字 Zoran Gajić
セルビア語表記表記 Зоран Гајић
選手情報
所属 アゼルバイジャンの旗 ラビタ・バクー
役職 監督
テンプレートを表示

来歴編集

1980年、ユーゴスラビアリーグのムラドスト・オモリツァで、選手兼コーチとしてバレーボールの指導を始める。1989年から1993年まで、名門クラブのヴォイヴォディナ・ノヴィサドの監督に就任。国内リーグで二度の優勝へと導き、指導者として大きな手腕を発揮した。

1993年、ギリシャリーグへ移り、アリス・テッサロニキ(1993-1995年)、オレスティアダ(1995-1997年)、オリンピアコス(1998-2000年)とクラブを渡り歩いて、監督としてのキャリアを積み上げて行った。2002年にはトルコリーグのアルチェリッキの指導に当たった。2007年からロシアスーパーリーグイスクラ・オジンツォボの監督を務め、2009年ウラル・ウファの監督に就任した。

1995年ユーゴスラビア男子ナショナルチームの監督に就任。1996年アトランタオリンピック銅メダル2000年シドニーオリンピック金メダル2001年欧州選手権の優勝など、主要国際大会で数々のメダルをチームにもたらした。また、2001年にはユーゴスラビアをFIVBランキング1位へと導いた。

アテネオリンピック後の2004年、低迷していた全日本男子の監督に、代理人を通じて自薦という形で立候補を表明した。しかし、全日本監督は植田辰哉に決定し、監督就任には至らなかった。

2005年ロシア男子ナショナルチームの監督に就任。成績不振で辞任。

2007年イラン男子ナショナルチームの監督に就任。2008年2008年北京オリンピックのバレーボール競技・世界最終予選・東京ラウンドで、アジア枠からの出場権獲得を目指したが獲得はならず、監督を辞任した。

指導歴編集

脚注編集

外部リンク編集