メインメニューを開く

KBS京都タイムリー10』(ケービーエスきょうとタイムリーテン)は、1980年4月から1990年までKBS京都テレビで放送されていたニュース番組日本民放テレビ局史上初のプライムタイムで放送されたワイドニュース番組である。協力:京都新聞社

目次

概要編集

番組は地域の身近な問題などをテーマに、その当事者たちが視聴者からの意見も交えながら討論するという形式で進行。特に地方行政についてはかなり力を入れていた。進行役は、ニュースキャスターとゲストコメンテーターとアシスタントの3人が担当。ディレクターは、後に『京都大好きラジオ』のプロデューサー兼ディレクターとなる町田寿二が務めた。

1980年、番組は日本ジャーナリスト会議の「奨励賞」を受賞した[1]

本番組の終了後、KBSの夜のニュースワイドはフリーアナウンサーの奥田博之が進行役を務める『エリアジャーナル』へと移行した。

放送時間編集

  • 平日版は、当初は22:00 - 22:55に放送されていた。一時期「ザ・タイムリー」と題して20時台に放送されていたこともあるが、最終的には21:30 - 22:25に落ち着いた。
  • 週末版は、1987年時点では22:00 - 22:30に放送されていた。
  • 翌朝10時台に再放送を行っていた時期もある。

歴代キャスター編集

テーマ曲編集

いずれも放送開始当初のもの。

脚注編集

  1. ^ 過去のJCJ賞一覧”. 日本ジャーナリスト会議. 2012年7月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月8日閲覧。
KBS京都テレビ 夜のニュース
前番組 番組名 次番組
-
KBS京都タイムリー10

ザ・タイムリー
(1980年4月 - 1990年)
エリアジャーナル
(1990年 - 1993年)