メインメニューを開く

タイラ2世は、インドデカン地方を支配した後期チャールキヤ朝カリヤーニのチャールキヤ朝)の初代の君主(在位:973年 - 997年)。

タイラ2世
カリヤーニのチャールキヤ朝初代君主
Old Kannada inscription dated Shaka 913 (c.991 AD) of Kalyani (Western) Chalukya King Ahvamalla Tailapa II.JPG
タイラ2世時代(991年頃)のカンナダ語の石碑
在位 973年 - 997年

死去 997年
王朝 後期チャールキヤ朝
テンプレートを表示

生涯編集

バーダーミのチャールキヤ朝の子孫を自称して兵を挙げ、パラマーラ朝の侵入に乗じてラーシュトラクータ朝を倒し、王朝を開いた。当初、マールケード(マーニャケータ)を首都としていた。数年のうちに、ナルマダー川からトゥンガバドラー川にいたる西部デカンの支配を確立した。