メインメニューを開く
タコマナローズの海峡とタコマナローズ橋

タコマナローズ(Tacoma Narrows)は、アメリカ合衆国ワシントン州にある海峡ピュージェット湾の一部をなす。湾内西部にある大きな半島・キトサップ半島と、ワシントン州本土とが非常に接近している部分であり、近くには太平洋側有数の港湾都市タコマがある。

キトサップ半島にはアメリカ海軍造船所の街ブレマートンなどがあり、この海峡への大型架橋への期待は19世紀末よりあった。1940年7月には長さ1,524mの世界第3位(当時)の吊り橋、タコマナローズ橋が完成したが、構造的欠陥により同年11月に強風で落橋した。1950年には改めて1,822mの長さの現在のタコマナローズ橋ができ、交通量の増加により二本目の橋も完成し、2007年7月15日に開通した。

世界最大級のタコミズダコ(North Pacific Giant Octopus)がタコマナローズ橋付近に巣を作っている。

外部リンク編集