海峡

より大きな2つの水域を結ぶ、自然に形成された、狭く、通常航行可能な水路

海峡(かいきょう)とは、陸地によって狭められている水域。日本語では「海」の一字が含まれるが、必ずしもに限ったものではない(五大湖ヒューロン湖ミシガン湖を結ぶマキノー海峡など)。マキノー海峡のようににある場合は「湖峡」ということもある。

概念編集

「海峡」は英語のStraitの最も一般的な訳語であり、英語の呼称法が地形の呼称に導入されるようになって用いられるようになった[1]

英語のStraitは古フランス語のestreitの派生語で、ラテン語のstrictum(drawn together,narrow)に由来する地形表現である[1]。また、Straitよりもやや大きい地形はSoundと呼ばれ、スウェーデン語のSund(swim)に由来する地形表現である[1]。ただし、Soundは日本には相当する地形がなく「大湾」のような意味であるが、Gulfと区別しにくくなる問題がある[1]デンマークにある英語名The Soundはエーレスンド海峡アメリカ合衆国のPuget Soundはピュージェット湾と訳されている。

日本古来の海域の呼称として明治以前の文献において船が出入りできる可航水路に用いられるものには「瀬戸」や「澪」があった[1]。しかし、Channel、Strait、Passage、Passなどに相当する地形表現を日本古来の呼称で表現するには限界があったので、ChannelやStraitなどに「水道」や「海峡」などの訳語が用いられるようになった[1]

ただし、「海峡」と「水道」は明確な基準で分けられているわけではない。同じ海域に複数の名称を有するものもある(紀淡海峡と友ヶ島水道など[1])。また、歴史的に呼称が変化したものもある(明治初期に鳴戸水道と呼ばれていた鳴門海峡など[1])。

地政学における海峡編集

海上交通路が絞られるポイント(チョークポイント)である海峡は、その確保や制限(海上封鎖)のために、軍事・国際政治上の焦点となることも多かった。

生物地理学における海峡編集

陸上生物の移動は往々に海によって阻害される。そのため、海峡は陸上生物の分布の境界となることが多く、いわゆる分布境界線は海峡に引かれることが多い。生物区系の境界も海峡であることは多い。ベーリング海峡旧北区新北区を区切る。

世界の海峡の例編集

日本の海峡編集

海峡編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 小豆島にある世界で最も狭い海峡で、9.93メートルギネスブックにも掲載された。

出典

  1. ^ a b c d e f g h 中西良夫「海峡地形の呼称について その呼称起源と妥当性の問題」『地図』第1巻第4号、日本地図学会、1963年、 18-22頁、 doi:10.11212/jjca1963.1.4_182020年2月25日閲覧。

関連項目編集