タシケント抑留日本人墓地

タシケント市ヤッカサライ市民墓地内のタシケント日本人墓地
タシケント市ヤッカサライ市民墓地内のタシケント日本人墓地全景

目次

概要編集

ウズベキスタンの首都タシュケント日本人抑留者の墓地があり、この墓地がタシケント日本人墓地と呼ばれている。場所は市の南東地区、ヤッカサライ(Yakkasaray(en:Yakkasaray))通りに位置する公営墓地の一角に、ドイツ人墓地が隣接している。太平洋戦争終戦直後、中国東北地方(満洲)や樺太に駐留していた日本兵約57.5万人[1]が、武装解除投降後、捕虜としてソヴィエト連邦により強制的にソビエト連邦内のシベリアや中央アジア地域、遠くはコーカサス地方、ウクライナ等へ連行され、強制的に労働を強いられた。中央アジア地域のウズベキスタンにも約2万3千名の日本軍捕虜が移送され、ウズベキスタン各地で建設事業に従事する長期的な抑留生活を送り、日ソ間の国交が回復(日ソ共同宣言)され、帰国する1956年までの間に884名(2010年1月現在)[2]が亡くなった。
このヤッカサライにある日本人墓地は、タシケント地区及びウズベキスタン各地で亡くなった抑留日本人共同墓地である。

抑留日本人とタシケント日本人墓地編集

抑留日本人とは編集

太平洋戦争末期、1945年8月8日、ソヴィエト連邦の赤軍が中国東北地方(満洲)、内モンゴル自治区等へ日ソ中立条約(日ソ不可侵条約)を反故にして侵攻、日本のポツダム宣言受諾後、武装解除した日本兵約57.5万人が強制的にソビエト連邦各地(シベリアや中央アジア等)[3]へ戦争捕虜として連行され、長期的(1956年まで)に労働力として強制的に移送隔離された。これを俗にシベリア抑留というが、シベリアに限らず抑留者の移送先はソヴィエト連邦全域まで及んだ。抑留という言葉は戦争捕虜となった日本兵に対する名誉から抑留という言葉が使われた。英語では、日本人抑留者をJapanese prisoners of war in the Soviet Union、POWs(en:Japanese prisoners of war in the Soviet Union)と表記する。[4]

抑留者はラーゲリ強制労働収容所)に収容され、劣悪な環境下に満足な食事や休養も与えられず、建設労働者、工場労働者、炭鉱等で過酷な労働を強いられたことにより、1945年から1956年(日ソ共同宣言)までの間に約5.5万人の命が失われた。このソヴィエト連邦の行いは、武装解除した日本兵の家庭への復帰を保証したポツダム宣言に反していた。また、レーニンの共産主義思想にも背いたものであった。ソヴィエト連邦崩壊後、継承国家であるロシア連邦のエリツィン大統領は1993年に訪日した際、「非人間的な行為に対して謝罪の意を表する」と表明している。[5]

タシケント日本人墓地編集

中央アジア地域にも多くの日本人捕虜が移送された。ウズベキスタンでは、2万3千人の抑留者が強制労働に従事し、そのうち884名がウズベキスタンで帰らぬ人となっている。 その日本人抑留者の墓地が、タシケント市南東地区のヤッカサライ通りに位置する公営墓地の一角に日本人抑留者共同墓地として整備されている。ここには、タシケント市より79名、タシケント地区墓地より8名、計87名の日本人が眠る。[6]

ソヴィエト時代は土を盛っただけであったがウズベキスタン独立後、遺族関係機関の支援やウズベキスタン政府の協力により、現在のような戦没者名と出身県を刻印した墓石が設けられ、敷地内奥にはこれらウズベキスタン各地に点在する13か所の日本人抑留者墓地の共同慰霊碑が設営されている。隣接してドイツ人抑留者の墓地がある。

鎮魂碑「永遠の平和と友好 不戦の誓いの碑」には1990年5月23日、もうひとつに碑「永遠の平和と友好の誓いの碑」には1995年10月1日の日付が刻まれている。両方とも福島県という文字が読めるが、タシケント地区での戦没者には福島県出身者がいるものの多いということはない。後にこの関係を福島県出身者に聞いたところ、ソヴィエト連邦崩壊後に国ごとに県の団体を割り当てたということのようだ。

  • 鎮魂碑
    • 鎮魂 タシケント 埋葬者 ヤッカサライ墓地79名、タシケント地区8名[7]
    • 永遠の平和と友好 不戦の誓いの碑、1990年5月23日、日ソ親善協会福島県支部[8]
    • 永遠の平和と友好の誓いの碑、1995年10月1日、日本ウズベキスタン友好議員連盟・福島県ウズベキスタン文化経済友好協会・ウズベキスタン国際文化教育交流国民協会[9]

タシケント日本人墓地整備の歴史編集

当初は現地で埋葬されていたが、ソヴィエト連邦崩壊後、遺族や関係者及びウズベキスタン政府[10]の手により、市営ヤッカサライ墓地内の日本人墓地がウズベキスタンで亡くなった日本人抑留者の共同墓地として再整備された。

ヤッカサライ墓地に日本人が埋葬される経緯は、ヤッカサライ墓地の横を走る鉄道工事に従事していた日本人抑留者が病気で亡くなり、この墓地に埋葬したことから徐々に亡くなった抑留者が埋葬されるようになったという。[11]

他方、ソヴィエト連邦政府は、1958年、ウズベキスタンに存在した15か所の抑留日本人墓地の閉鎖[12]を命令した。そして、日本人墓地は一共和国あたり2箇所とし、それ以外は更地にせよとの内容であった。ウズベキスタンではカガンとコーカンドの2地区を日本人抑留者の墓地として維持監理を続けられた。

1978年になり、帰国した抑留者及び抑留者の縁戚関係者の渡航が解禁され、墓地整備の下地が作られた。本格的な抑留日本人墓地整備は、1983年に福島県ウズベキスタン文化経済友好協会親善使節団がウズベキスタンを訪問したことに始まる。その10年後の1990年、交流10周年記念共同事業として福島県ウズベキスタン文化経済友好協会親善使節団が再訪し、タシケント日本人墓地に鎮魂碑が建立された。

ウズベキスタン独立後の1994年には、アングレンの日本人墓地が整備され、翌年の1995年、タシケント日本人墓地にウズベキスタン全土の日本人合同の鎮魂碑が建立された。また、2001年には中山成彬衆議院議員が中心となり「日本人墓地整備と鎮魂の碑建設発起人の会」が設立され、日本全国で募金活動が行われた。

2002年、ウズベキスタンの全ての日本人墓地の整備が完了し、その成果として、2002年5月25日にはベガバード市の日本人墓地において鎮魂碑の除幕式が、タシケント市では日本人抑留者記念碑除幕式が行われた。日本からは中山成彬衆議院議員及び自民党政務調査会長(当時)であった麻生太郎元首相が出席した。[13]2009年には平岡大使がアングレン、コーカンド、フェルガナ、アンディジャンの日本人墓地への墓参を行っている。[14]

タシケントに祀られている抑留日本人編集

ウズベキスタンの抑留日本人数編集

ウズベキスタンでは2万5千人の抑留日本人が収容された。スターリン議長指令では2万人、その内訳は、建設人民委員部、非鉄金属人民委員部ベゴバド金属工場、コーカンド、タシケント等の諸工場へ1.5万人、石炭産業アングレン炭鉱へ3500人、石油産業人民委員部カリーニン石油工場へ1500人、実際には2.5万人に上った。[15]

ウズベキスタンでの抑留日本人死亡者数編集

シベリア抑留中に亡くなった方は、46,571名(2013年9月現在[16])、ウズベキスタンでは2万5千人の抑留日本人が収容されそのうち884名[17]が亡くなっている。

  • 第26収容所 〔アンヂジャン地区〕 33名
  • 第288収容所 〔ベカバード地区〕 148名
  • 第360収容所 〔ボスタンデグスキー地区〕 13名
  • 第367収容所 〔コーカンド地区〕 242名
  • 第372収容所 〔アングレン地区〕 135名
  • 第386収容所 〔タシケント地区〕 266名
  • 所属不明  47名
  • 合計884名[18]

中央アジアの抑留者死亡者数編集

  • ウズベキスタン884名
  • カザフスタン1526名
  • トルクメニスタン72名
  • 中央アジア地域2482名[19]

ウズベキスタンの日本人墓地編集

ウズベキスタンの日本人抑留者の墓地は、タシケント(en:Tashkent)市ヤッカサライ市営墓地の他、タシケント市内のヤンギュリとハムジェンスキイに墓地がある。ウズベキスタン国内ではタシケント州アングレン市(en:Angren, Uzbekistan) 、チルチク市チルチク(en:Chirchiq)、ベカバード(en:Bekobod)市[20]、ボスタンデクス市、フェルガナ州コーカンド(en:Kokand)市、フェルガナ州フェルガナ(en:Fergana)市、アンディジャン州アンディジャン(en:Andijan)市、ブハラ(en:Bukhara)州カガン(en:Kogon, Uzbekistan)など13ヶ所に日本人墓地がある。[21]

ギャラリー編集

脚注編集

  1. ^ 戦後強制抑留 シベリアからの手紙 平和祈念展示資料館(総務省委託), 2014年6月4日閲覧。
  2. ^ シベリア抑留日本人収容地区の所在と各地域ごとの犠牲者数 村山常雄著、シベリア抑留死亡者名簿,2014年6月4日閲覧。
  3. ^ 昭和21年ごろにおけるソ連外蒙領内日本人収容所分布概見図平和祈念展示資料館(総務省委託)、労苦体験手記、シベリア強制抑留者が語り継ぐ労苦(抑留編),2014年6月4日閲覧。
  4. ^ 戦後強制抑留者とは平和祈念展示資料館(総務省委託),2014年6月4日閲覧。
  5. ^ 衆議院議員鈴木宗男君提出エリツィン前ロシア大統領の逝去に関する質問に対する答弁書 衆議院、内閣衆質一六六第一九七号、平成十九年五月十一日, 2014年6月4日閲覧。
  6. ^ シベリア抑留死亡者の死亡地・最終所属等一覧表、中央アジア地域、村山常雄著、シベリア抑留死亡者名簿, 2014年6月4日閲覧。
  7. ^ 鎮魂 タシケント中央アジアのクロスロード "ウズベキスタン Uzbekistan", タシケントに眠る日本人抑留者, 2014年6月4日閲覧。
  8. ^ 永遠の平和と友好 不戦の誓いの碑 中央アジアのクロスロード "ウズベキスタン Uzbekistan", タシケントに眠る日本人抑留者、2014年6月4日閲覧。
  9. ^ 永遠の平和と友好の誓いの碑 中央アジアのクロスロード "ウズベキスタン Uzbekistan", タシケントに眠る日本人抑留者, 2014年6月4日閲覧。
  10. ^ 共同発表 日本国政府とウズベキスタン政府との間の抑留中死亡者をめぐる人道分野における協力(仮訳)外務省、平成14年7月29日, 2014年6月4日閲覧。
  11. ^ ウズベキスタンの桜中山恭子著, pp.,ISBN-10: 4877583548 
  12. ^ Japan's POWs Helped Build TashkentThe Moscow Times, 31 Aug 2006, 2014年6月4日閲覧。
  13. ^ 平成20年秋の外国人叙勲伝達式における大使祝辞 在ウズベキスタン日本国大使館,2014年6月4日閲覧。
  14. ^ 平岡邁在ウズベキスタン共和国日本国特命全権大使の日本人墓地への墓参在ウズベキスタン日本国大使館, 2014年6月4日閲覧。
  15. ^ 藤野達吉 『もうひとつの抑留 ウズベキスタンの日本人捕虜』 文理閣2004年、25頁。ISBN 4-89259-460-1
  16. ^ シベリア抑留日本人収容地区の所在と各地域ごとの犠牲者数 村山常雄著、シベリア抑留死亡者名簿、中央アジア地域-ウズベキスタン共和国,2014年6月4日閲覧。
  17. ^ シベリア抑留日本人収容地区の所在と各地域ごとの犠牲者数 村山常雄著、シベリア抑留死亡者名簿、中央アジア地域-ウズベキスタン共和国, 2014年6月4日閲覧。
  18. ^ シベリア抑留日本人収容地区の所在と各地域ごとの犠牲者数 村山常雄著、シベリア抑留死亡者名簿、中央アジア地域-ウズベキスタン共和国, 2014年6月4日閲覧。
  19. ^ シベリア抑留日本人収容地区の所在と各地域ごとの犠牲者数 村山常雄著、シベリア抑留死亡者名簿、中央アジア地域, 2014年6月4日閲覧。
  20. ^ mino world 戦地取材の旅 2012 ウズベキスタン、シベリア抑留ベカバード, 2014年6月4日閲覧。
  21. ^ タシケント日本人墓地中央アジアのクロスロード ウズベキスタン, 2014年6月4日閲覧。

参考文献編集

中山恭子 『ウズベキスタンの桜』 KTC中央出版、2005年ISBN 978-4-877-58354-5

藤野達善 『もうひとつの抑留 ウズベキスタンの日本人捕虜』 文理閣、2004年ISBN 4-89259-460-1

関連項目編集

外部リンク編集