座標: 南緯17度51分28秒 東経177度12分06秒 / 南緯17.857702度 東経177.201791度 / -17.857702; 177.201791

タバルア島

タバルア島(タバルアとう、Tavarua island)は、南太平洋フィジーにある120,000m2(29エーカー)の面積を持つフィジー最後の楽園と呼ばれるハートの形をしたリゾート島である。フィジー本島のビティレブ島の近くにあり、珊瑚礁に囲まれている。

タバルア島では、サーフィンスポーツフィッシングスキューバダイビングシュノーケリングシーカヤックなどが楽しまれている。レストランと2つのバーに加え、プール温泉、トレーニング施設とテニスコートがある。

サーフィンにおいては、クラウドブレイク、レストランツ、タバルア・ライツ、スイミング・ポールズ、ナモツ・レフト、ウィルクス・パス、デスパレーションズの7つの波のブレークポイントが利用できる。このうちクラウドブレイクが著名で、1マイル沖合いの珊瑚礁の上で強力な波が発生する。サーフィンの初心者は「キディーランド」で目前の波でサーフィンを学びながら楽しむことができる。年に一度、島が主催するプロサーファーの競技会が開催され、インターネット上でも観戦することができる。

ビッグウェーブサーフィン編集

サーファーのジェフ・ローリーは、2011年7月12日と13日にクラウドブレイクで発生したスーパースウェル(超大波)で際立っていた[1]。各地におけるローリーのいくつかの派手なワイプアウトのひとつが、ビッグウェーブサーフの頂点である「2012年ビラボン・XXLビッグウェイブ・アワード」の入賞をもたらした。

2010年、ローリーは、オーストラリア乳がん患者支援団体(Breast Cancer Australia)の資金を100万豪ドル増資するために、ジェットスキーのアシストなしに20フィートの波を捕らえることに関したチャリティ基金を設立した[2][3][4]

2011年7月にローリーは、クラウドブレイクで20フィートの波を捕えることに成功したが、目標としていた100万豪ドルには達しなかったため、翌2011-2012年シーズンのために50フィートへとハードルを引き上げた。

脚注編集

外部リンク編集