ターキッシュ エアラインズ6491便墜落事故

ターキッシュ エアラインズ6491便墜落事故(ターキッシュ エアラインズ6491びんついらくじこ)は2017年1月16日に香港キルギスビシュケク経由トルコイスタンブール行きの貨物便ターキッシュ エアラインズ6491便(ACT航空が運航、機材:ボーイング747-400F)がキルギスのビシュケクにあるマナス国際空港の近くに墜落した事故[1][2]

ターキッシュ エアラインズ6491便
ACT Airlines Boeing 747-412F (TC-MCL) 11 January 2017.jpg
事故機(マーストリヒト・アーヘン空港にて、2017年1月11日撮影)
事故の概要
日付 2017年1月16日 (2017-01-16)
概要 墜落、原因調査中
現場 キルギスの旗 キルギス ビシュケク
マナス国際空港の近くの住宅地
北緯43度03分26秒 東経74度26分14秒 / 北緯43.05722度 東経74.43722度 / 43.05722; 74.43722座標: 北緯43度03分26秒 東経74度26分14秒 / 北緯43.05722度 東経74.43722度 / 43.05722; 74.43722
乗員数 4人
負傷者数
(死者除く)
15人以上(地上)
死者数 39人(乗員4人全員、地上35人)
生存者数 0
機種 ボーイング747-400F
運用者 ACT航空
ターキッシュ エアラインズ便として運航)
機体記号 TC-MCL
出発地 香港の旗 香港国際空港
経由地 キルギスの旗 マナス国際空港
目的地 トルコの旗 アタテュルク国際空港
テンプレートを表示

この事故で事故機の乗員4人全員と空港の近くの住民35人、合わせて39人が死亡した。事故原因は調査中である。

目次

機体編集

事故機はボーイング747-412Fであり[note 1]機体記号はTC-MCL、シリアル番号は32897であった。元シンガポール航空9V-SFLで、2003年に製造された[3]

事故機は中国の海航集団傘下でトルコ・イスタンブールに本社を置く貨物航空会社ACT航空の保有機材であった[4][5]

事故概要編集

 
事故機の尾翼の残骸

給油のため、濃霧の中でマナス国際空港への着陸を試みたが着陸に失敗し、現地時間午前7時30分ごろに住宅街に墜落した[2][6][7]

この事故で乗員4人全員と空港の西約2kmに位置する[8]ダーチャ=スー村の住民35人(うち子供17人)、合わせて39人が死亡した[9][10]

目撃者や救助者によれば、操縦士は発見時には意識があり、シートベルトを締めて着席していた。その後、操縦士は救急車で病院に搬送された[11]

また、少なくとも地上にいた15人(うち子供6人)が負傷した[12]。このうち1人は病院へ搬送後、傷がもとで死亡した[10]。 この事故で、村内の43軒のうち23軒の民家が壊れ[12][13]、一時、火災も発生していた[2]。事故後、マナス国際空港は閉鎖され、全便の運航を停止した[14]

各国の対応編集

副首相は、昼前までに1,000人以上の救助隊員が現場にいたと述べた[4]。保健大臣は、現地時間の午前11時46分までに医師および心理学者約56人と救急隊員14人が現場に派遣されたと述べた[15]

ロシアカザフスタンベラルーシアゼルバイジャンタジキスタンウズベキスタンアルメニアモルドバトルクメニスタンジョージアトルコの大統領など数多くの国家元首や[16][17]国連の代表[18]教皇が弔意を表した[19]

キルギスでは、1月17日を国家的に喪に服す日とすると宣言した[20]

調査編集

 
事故機はマナス国際空港の滑走路26の末端付近に墜落した。

事故原因は明らかになっていない。キルギスの非常事態大臣は、事故当時空港に霧がかかっていたが、気象条件に問題はなかったと述べた。1月16日の午後、首相府は2つあるブラックボックスのうち1つを回収したと発表した[21]。その後、もう一方も発見されていたと分かった[22]。フライトデータレコーダ (FDR) とコックピットボイスレコーダ (CVR) はどちらも損傷しており、1月21日時点でFDRからデータを引き出すことができたが、CVRからはデータを引き出せていない[22]

副首相は事故前日も事故当日と同じ気象条件だったが11機が無事に着陸していたことを挙げ、事故原因はパイロットエラーの可能性があると示唆した。副首相は事故機は2度着陸を試みており、最初の進入時に着陸灯を損傷していたとも述べた[15]。別の公式声明では乗員は着陸復行を行わず、事故機は最初の進入時に墜落したとされている[23]

独立国家共同体を管轄する州際航空委員会が技術的な調査を行っている[24]

トルコ運輸省はキルギス当局を支援するため、同国の事故調査委員会から専門家を2人派遣したと発表した[4]

ボーイングの技術チームは国家運輸安全委員会 (NTSB) の要請で事故現場に向かい、NTSBの指揮の下で支援を実施している[25]

中間報告書によれば、事故機は誤ったグライドスロープを捕捉していた。決心高度(99フィート)で目標物を視認できなかったため、乗員は電波高度58フィートでTOGAスイッチを押して着陸復行を行った。しかし、安全に再上昇するのに十分な高度がなかった[26]

注釈編集

  1. ^ 機種はボーイング747-400Fであり、接中辞の "12" はシンガポール航空を表すボーイングのカスタマーコードである。

脚注編集

  1. ^ 隅俊之 (2017年1月16日). “キルギス トルコの貨物機墜落、住人ら16人死亡”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/articles/20170116/k00/00e/030/175000c 2017年1月16日閲覧。 
  2. ^ a b c “トルコ航空の貨物機がキルギスで墜落、村を直撃 32人死亡”. AFPBB News. (2017年1月16日). http://www.afpbb.com/articles/-/3114223 2017年1月16日閲覧。 
  3. ^ MyCargo Airlines TC-MCL (Boeing 747 - MSN 32897) (Ex 9V-SFL)”. Airfleets aviation (2017年1月16日). 2017年1月16日閲覧。
  4. ^ a b c Turkish cargo jet crash kills at least 37 in Kyrgyzstan village”. telegraph.co.uk. 2017年1月16日閲覧。
  5. ^ キルギスで貨物機墜落、少なくとも37人死亡か-中国海航集団の機体2017年1月16日Bloomberg
  6. ^ “トルコ航空貨物機、キルギスで墜落 少なくとも20人死亡”. ロイター. (2017年1月16日). http://jp.reuters.com/article/kyrgyzstan-crash-idJPL4N1F625J?il=0 2017年1月16日閲覧。 
  7. ^ “キルギスで貨物機が住宅街に墜落 住民ら20人以上死亡”. NHK. (2017年1月16日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170116/k10010841311000.html 2017年1月16日閲覧。 
  8. ^ Kyrgyzstan plane crash: Dozens killed when 747 hits village”. CNN. 2017年1月16日閲覧。
  9. ^ Kyrgyzstan Mourns Victims Of Plane Crash That Devastated Village”. RFE/RL's Kyrgyz Service. 2017年1月17日閲覧。
  10. ^ a b Крушение «Боинга-747». Скончался один из госпитализированных” [Boeing 747 Crash: One of the hospitalized has died] (ロシア語). 24.kg (2017年1月22日). 2017年1月23日閲覧。
  11. ^ Witnesses of Kyrgyzstan crash speak of loss, finding pilot”. Yahoo! News (2017年1月17日). 2017年1月28日閲覧。
  12. ^ a b Kyrgyzstan Ministry Says Cargo Plane Crash Kills 37”. ニューヨーク・タイムズ. 2017年1月16日閲覧。
  13. ^ Belarus' First Deputy Foreign Minister signs Book of Condolences at Kyrgyzstan's embassy”. Belarusin Telegraph Agency. 2017年1月17日閲覧。
  14. ^ Turkish cargo Boeing 747 crashes in Kyrgyzstan”. www.aljazeera.com. 2017年1月16日閲覧。
  15. ^ a b Kyrgyzstan Cargo Plane Crash: Turkish Airplane Crash Kills Dozens Near Bishkek”. ibtimes.com (2017年1月16日). 2017年1月16日閲覧。
  16. ^ “«Разделяем боль и горе». Лидеры СНГ соболезнуют Кыргызстану - СМИ” (ロシア語). Mir 24. (2017年1月16日). http://mir24.tv/news/politics/15591785 2017年1月17日閲覧。 
  17. ^ “Эрдоган соболезнует Атамбаеву в связи с авиакатастрофой - СМИ” (ロシア語). Vestnik Kavkaza. (2017年1月16日). http://www.vestikavkaza.ru/material/185905 2017年1月17日閲覧。 
  18. ^ Avanesov, Aleksandr (2017年1月17日). “Соболезнования в связи с авиакатастрофой 16 января 2017 года” [Condolences concerning the air catastrophe of 16 January 2017] (ロシア語). UNDP Kyrgyzstan. 2017年1月18日閲覧。
  19. ^ Parolin, Pietro (2017年1月16日). “Il cordoglio del Santo Padre per le vittime del disastro aereo a Bishkek (Kyrgyzstan), 16.01.2017” [Condolences of the Holy Father for the victims of the air disaster in Bishkek (Kyrgyzstan)] (イタリア語). Vatican Press Service. 2017年1月17日閲覧。
  20. ^ Podolskaya, Darya (2017年1月16日). “January 17 declared day of mourning”. 24.kg. http://www.eng.24.kg/community/183729-news24.html 2017年1月17日閲覧。 
  21. ^ Turkish cargo jet crash kills at least 37 in Kyrgyzstan village”. The Telegraph Our Foreign Staff. 2017年1月16日閲覧。
  22. ^ a b Crashed 747's flight recorders badly damaged”. Flightglobal (2017年1月21日). 2017年1月23日閲覧。
  23. ^ Разбившийся Боинг-747 не кружил в полосе ожидания, экипаж сразу решил совершить посадку, - замглавы «Кыргызаэронавигации»” [Deputy Head of Kyrgyzaeronagizatsiya: Crashed Boeing 747 Did Not Make a Go-Round, the Crew Decided to Land Right Away] (ロシア語). AKIpress (2017年1月17日). 2017年1月17日閲覧。
  24. ^ Boeing 747-412F TC-MCL 16.01.2017”. 州際航空委員会. 2017年2月12日閲覧。
  25. ^ News Releases/Statements”. boeing.mediaroom.com. 2017年1月17日閲覧。
  26. ^ Preliminary Report (PDF)”. 州際航空委員会. 2017年3月27日閲覧。

外部リンク編集