ターミナリンク

ジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港内の新交通システム

ターミナリンク: TerminaLink)は、テキサス州ヒューストンにあるジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港にて運行されている新交通システムである。

ターミナリンク
TerminaLink.jpg
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
所在地 テキサス州ヒューストン
ジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港
種類 新交通システム
起点 ターミナルA(西)
終点 ターミナルD / E(東)
駅数 4駅
開業 1999年5月24日
運営者 ジョンソン・コントロールズ
路線構造 高架
使用車両 ボンバルディアInnovia APM 100車両 12両
路線諸元
路線距離 1.1 km
線路数 複線
電化方式 第三軌条方式
最高速度 50 km/h
テンプレートを表示
経路図

路線延長は1.1kmであり[1]空港警備を越えて空港の北側に沿って走行している[2]ターミナル Aターミナル Bターミナル Cおよびターミナル D/Eの計4駅が設けられ、5つの空港ターミナル全てに連絡している。

ジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港では、もう1つの交通システムとして1969年に開業したインター=ターミナル・トレインが運行されている。

車両はボンバルディアInnovia APM 100を12両使用している[1]。電気方式は600V第三軌条[3]、最高速度は50km/hで、旅客定員は80人である[4]

同型車両が、デンバー国際空港AGT)、ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港ザ・プレーン・トレイン英語版)、サンフランシスコ国際空港エアトレイン)およびタンパ国際空港でも見かけることができる。

歴史編集

ターミナリンク・システムは、ターミナル Cターミナル Bの間を連絡する2駅、0.2kmの路線として1999年5月24日に開業した[5]。2つのターミナル間には車両基地が設置されている。

当システムは、5,800万USドルの建設費用をコンチネンタル航空によって資金提供され、航空会社の2つの空港ターミナル間のアクセス性向上のために建設された。建設工事は計30ヶ月で完了し[6]、またコンチネンタル航空による2億USドルの空港拡張計画の最終段階であった[4]

2001年には当システムがターミナル Cからターミナル Dへ0.9km延伸された[1]。 拡張のための電気的研究は、当事業のためにケーブルおよびワイヤーを114km以上架設したTAGエレクトリック・カンパニーによって監修された[3]2008年前半には1億USドルの建設費用にて路線をターミナル Aまで延伸する工事が行われ、2010年に完成している[7]

脚注編集

[脚注の使い方]