メインメニューを開く

ダイナモ!』は宝塚歌劇団によって制作された舞台作品。宝塚・東京・地方公演の形式名は「ダイナミック・ショー[1][2][3]」。雪組[1][2][3]公演。宝塚・東京は16場[1][2]。作・演出は小原弘稔[1][2][3]。併演作品は『たまゆらの記[1][2][3]』。

目次

公演期間と公演場所編集

  • 1988年7月1日 - 8月9日 宝塚大劇場[1]
  • 1988年11月3日 -11月29日 東京宝塚劇場[2]
  • 1989年4月15日 - 4月30日 地方公演[3](4月15日・一宮、16日・多治見、18日・竜ヶ崎、20日・伊勢崎、21日・浦和、22日・市川、23日・茅ヶ崎、25日・和歌山、27日・松阪、28日・知多、29日・大津、30日・瀬戸)
  • 1989年5月2日 - 5月7日 福岡市民会館[3]

スタッフ (宝塚・東京)編集

※氏名の後ろに「宝塚」、「東京」の文字がなければ両劇場共通。

配役編集

宝塚・東京編集

※下記のデータは両劇場共通。

地方公演・福岡編集

※下記のデータは両公演共通。

  • ダイナモ、レーザーボーイ、青年、シンガー、踊る男、紳士 - 杜けあき[3]
  • 踊る光、歌う娘、踊る娘、淑女 - 鮎ゆうき[3]
  • 歌う男、青年、紳士 - 一路真輝[3]
  • ミラクル・ダイナモ、歌う青年 - 北斗ひかる[3]
  • ミス・シンディ、踊るレディー、歌う娘、淑女 - 仁科有理[3]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af 80年史 1994, p. 329.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 80年史 1994, p. 331.
  3. ^ a b c d e f g h i j k 80年史 1994, p. 339.

参考文献編集

  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫、編集統括:北川方英『夢を描いて華やかに -宝塚歌劇80年史-』宝塚歌劇団、1994年9月9日。ISBN 4-924333-11-5