ダスティン・ホフマンになれなかったよ

ダスティン・ホフマンになれなかったよ」は、大塚博堂の同名義によるデビュー曲である。1976年6月25日発売。同名のアルバム『ダスティン・ホフマンになれなかったよ』もデビューアルバムとして同年8月25日に発売されている。曲中にダスティン・ホフマンの名前や、彼の代表作(「ジョンとメリー」「卒業」)の名前が織り込まれている。

シングル編集

ダスティン・ホフマンになれなかったよ
大塚博堂シングル
初出アルバム『ダスティン・ホフマンになれなかったよ』
B面 坂の上の二階
リリース
ジャンル J-POP
レーベル 日本フォノグラム
プロデュース 三浦光紀
大塚博堂 シングル 年表
風は知らない
1973年
大塚たけし名義
ダスティン・ホフマンになれなかったよ
1976年
過ぎ去りし想い出は
1977年
収録アルバムダスティン・ホフマンになれなかったよ
あなたという名の港
(11)
ダスティン・ホフマンになれなかったよ
(12)
テンプレートを表示

エピソード編集

  • 博堂が売れなかった頃、ふと寄った本屋で藤公之介の詩集を見つけ、それに自分でメロディをつけた。
  • 博堂の葬儀の出棺の時にこの曲が流れた。大塚自身、この曲を「これは自分自身の境遇に似ている」と感じていた。

編曲編集

この曲は、シングルとアルバムで収録時間が違う。シングルでは前奏及び間奏がショートカットされている。

収録曲編集

  1. ダスティン・ホフマンになれなかったよ
    編曲:惣領泰則
  2. 坂の上の二階
    編曲:あかのたちお

アルバム編集

ダスティン・ホフマンになれなかったよ
大塚博堂スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル 日本フォノグラム
プロデュース 三浦光紀
チャート最高順位
大塚博堂 アルバム 年表
ダスティン・ホフマンになれなかったよ
1976年
過ぎ去りし想い出は
1977年
『ダスティン・ホフマンになれなかったよ』収録のシングル
  1. 「ダスティン・ホフマンになれなかったよ」
    リリース: 1976年6月25日
  2. 季節の中に埋もれて
    リリース: 1977年8月25日
テンプレートを表示

内容編集

“ハートフルな男が独り…、愛を謳う男大塚博堂のデビューアルバム”と銘打たれた。32歳と言う異例の遅いデビューであるが、レコード会社は32歳だからこその人生経験、大人の世界を歌うアーティストとして、あえてデビューさせた。藤公之介の詩に博堂のメロディをつけ、愛・青春・望郷などを歌う。8は、博堂が尊敬しているジョルジュ・ムスタキ(Georges Moustaki)の曲に、自ら訳詞して歌った曲である。“青春は見送るもの、されど人生は迎えるもの”と言ったテーマもある。編曲陣は、森岡賢一郎あかのたちお惣領泰則奥村チヨ終着駅」で知られる横内章次、若手の新鋭佐藤準がそれぞれ担当する。

収録曲編集

  1. 結婚する気もないのに(作詞:藤公之介 作曲:大塚博堂 編曲:あかのたちお
  2. 坂道で(作詞:藤公之介 作曲:大塚博堂 編曲:佐藤準
  3. 季節の中に埋もれて(作詞:藤公之介 作曲:大塚博堂 編曲:森岡賢一郎
  4. 愛されてますか(作詞・作曲:大塚博堂 編曲:惣領泰則
  5. 新宿恋物語(作詞:藤公之介 作曲:大塚博堂 編曲:あかのたちお)
  6. ふるさとでもないのに(作詞:藤公之介 作曲:大塚博堂 編曲:佐藤準)
  7. 坂の上の二階(作詞:藤公之介 作曲:大塚博堂 編曲:あかのたちお)
  8. ある日恋の終わりが(訳詞:大塚博堂 作曲:ジョルジュ・ムスタキ 編曲:森岡賢一郎)
  9. 一冊の本(作詞:藤公之介 作曲:大塚博堂 編曲:あかのたちお)
  10. 色エンピツの花束(作詞・作曲:大塚博堂 編曲:横内章次
  11. あなたという名の港(作詞:藤公之介 作曲:大塚博堂 編曲:あかのたちお)
  12. ダスティン・ホフマンになれなかったよ(作詞:藤公之介 作曲:大塚博堂 編曲:惣領泰則)

脚注編集

  1. ^ 『オリコン・チャートブック LP編 昭和45年 - 平成1年』オリジナル・コンフィデンス、1990年、99頁。ISBN 4871310256