ダニエル・ストラウス

ダニエル・ストラウスDaniel Straus1984年7月27日 - )は、アメリカ合衆国男性総合格闘家オハイオ州シンシナティ出身。アメリカン・トップチーム所属。元Bellator世界フェザー級王者。

ダニエル・ストラウス
基本情報
本名 ダニエル・メイソン=ストラウス
(Daniel Mason-Straus)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1984-07-27) 1984年7月27日(35歳)[1]
出身地 オハイオ州シンシナティ[1]
所属 チーム・ビジョン
アメリカン・トップチーム
身長 173cm
体重 66kg
リーチ 170cm
階級 フェザー級
バックボーン レスリングボクシング
テンプレートを表示

アウトファイトテイクダウンを中心とした堅実なファイター[2]

来歴編集

フリースタイルレスリングボクシングを経験[3]。シカモア高校時代はレスリングでオールアメリカンに選出された。2009年にプロ総合格闘技デビュー。

Bellator編集

2010年6月24日、Bellator初参戦となったBellator 23でチャド・ヒントンと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2011年3月19日、Bellator 37のフェザー級トーナメント1回戦でナザレノ・マレガリエと対戦し、3-0の判定勝ち。4月16日、Bellator 41のフェザー級トーナメント準決勝でケニー・フォスターと対戦し、ギロチンチョークで一本勝ち。5月21日、Bellator 45のフェザー級トーナメント決勝でパトリシオ・ピットブルと対戦し、0-3の判定負けを喫した。

2012年3月9日、Bellator 60のフェザー級トーナメント1回戦でジェレミー・スプーンと対戦し、3-0の判定勝ち。4月13日、Bellator 65のフェザー級トーナメント準決勝でマイク・コーリーと対戦し、3-0の判定勝ち。5月11日、Bellator 68のフェザー級トーナメント決勝でマルロン・サンドロと対戦し、3-0の判定勝ちを収め優勝を果たした[4]

世界王座獲得編集

2013年11月2日、Bellator 106の世界フェザー級タイトルマッチでパット・カランと対戦し、3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[5]

2014年3月14日、Bellator 112の世界フェザー級タイトルマッチでパット・カランと再戦し、リアネイキドチョークで一本負けを喫し王座陥落した[6]

2015年1月16日、Bellator 132の世界フェザー級タイトルマッチでパトリシオ・ピットブルと再戦し、リアネイキドチョークで一本負けを喫し王座獲得に失敗した

2015年11月6日、Bellator 145の世界フェザー級タイトルマッチでパトリシオ・ピットブルと再戦し、3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2017年4月21日、1年5か月ぶりの復帰戦となったBellator 178の世界フェザー級タイトルマッチでパトリシオ・ピットブルと再戦し、ギロチンチョークで一本負けを喫し王座陥落した。

戦績編集

総合格闘技 戦績
33 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
25 4 6 15 0 0 0
8 2 5 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× エマニュエル・サンチェス 3R 1:56 三角絞め Bellator 184: Dantas vs. Caldwell 2017年10月6日
× パトリシオ・ピットブル 2R 0:37 ギロチンチョーク Bellator 178: Straus vs. Pitbull 4
【Bellator世界フェザー級タイトルマッチ】
2017年4月21日
パトリシオ・ピットブル 5分5R終了 判定3-0 Bellator 145: With a Vengeance
【Bellator世界フェザー級タイトルマッチ】
2015年11月6日
ヘンリー・コラレス 2R 3:47 ギロチンチョーク Bellator 138: Kimbo vs. Shamrock 2015年6月19日
× パトリシオ・ピットブル 4R 4:49 リアネイキドチョーク Bellator 132: Pitbull vs. Straus
【Bellator世界フェザー級タイトルマッチ】
2015年1月16日
ジャスティン・ウィルコックス 1R 0:50 TKO(左フック→パウンド) Bellator 127 2014年10月3日
× パット・カラン 5R 4:46 リアネイキドチョーク Bellator 112
【Bellator世界フェザー級タイトルマッチ】
2014年3月14日
パット・カラン 5分5R終了 判定3-0 Bellator 106
【Bellator世界フェザー級タイトルマッチ】
2013年11月2日
アルヴィン・ロビンソン 2R 4:51 リアネイキドチョーク Bellator 78 2012年10月26日
マルロン・サンドロ 5分3R終了 判定3-0 Bellator 68
【フェザー級トーナメント 決勝】
2012年5月11日
マイク・コーリー 5分3R終了 判定3-0 Bellator 65
【フェザー級トーナメント 準決勝】
2012年4月13日
ジェレミー・スプーン 5分3R終了 判定3-0 Bellator 60
【フェザー級トーナメント 1回戦】
2012年3月9日
ジェイソン・デント 5分5R終了 判定3-0 NAAFS: Caged Fury 15
【NAAFSライト級王座統一戦】
2011年10月15日
× パトリシオ・ピットブル 5分3R終了 判定0-3 Bellator 45
【フェザー級トーナメント 決勝】
2011年5月21日
ケニー・フォスター 3R 3:48 ギロチンチョーク Bellator 41
【フェザー級トーナメント 準決勝】
2011年4月16日
ナザレノ・マレガリエ 5分3R終了 判定3-0 Bellator 37
【フェザー級トーナメント 1回戦】
2011年3月19日
チャド・ヒントン 5分3R終了 判定3-0 Bellator 23 2010年6月24日
ジョー・ピアソン 2R 4:04 ギブアップ(パンチ連打) XFO 36: Outdoor War 6 2010年8月14日
トラヴィス・ペルチンスキー 5分3R終了 判定3-0 International Combat Events 45 2010年3月13日
フランク・カラバロ 5R 3:57 ギブアップ(パンチ連打) NAAFS: Caged Fury 9
【NAAFSライト級暫定タイトルマッチ】
2010年2月20日
ギデオン・レイ 5分3R終了 判定3-0 XFO 33 2010年1月23日
ジョー・ハイラント 5分3R終了 判定3-0 NAAFS: Night of Champions 2009 2009年12月5日
パトリック・フェルム 1R 1:50 ギブアップ(パンチ連打) XFO 32 2009年10月10日
ティム・トラックセル 1R 3:51 TKO(パンチ連打) Xtreme Caged Combat: Cops vs. Cons 2009年10月3日
ミッチ・ライオンズ 3R 2:13 TKO(パンチ連打) Indiana Xtreme Fighting 1: Wildcard 2009年6月26日
× パット・カラン 2R 1:31 KO(右ストレート→パウンド) XFO 29 2009年4月17日
マイク・バスキス 5分3R終了 判定3-0 ICF: Breakout 2009年4月11日
レスター・キャスロウ 5分3R終了 判定2-1 Extreme Challenge: Mayhem at the Marina 2009年3月28日
ティム・クック 2R 0:11 TKO(パンチ連打) ICF: Turfwar 2009年3月14日
× スコット・ビッカースタフ 1R TKO(パンチ連打) MMA Big Show: Retribution 2009年3月7日
デビッド・シルバ 5分3R終了 判定3-0 XFO 28 2009年2月27日
× ジェイ・エリス 2R 2:46 リアネイキドチョーク XFO: New Blood 2009年2月7日

獲得タイトル編集

  • NAAFSライト級暫定王座(2010年)
  • NAAFSライト級王座(2011年)
  • Bellatorシーズン6 フェザー級トーナメント 優勝(2012年)
  • 第4代Bellator世界フェザー級王座(2013年)
  • 第7代Bellator世界フェザー級王座(2015年)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集

前王者
パット・カラン
第4代Bellator世界フェザー級王者

2013年11月2日 - 2014年3月14日

次王者
パット・カラン
前王者
パトリシオ・ピットブル
第7代Bellator世界フェザー級王者

2015年11月6日 - 2017年4月21日

次王者
パトリシオ・ピットブル