ダニエル・ミラー (バスケットボール)

ダニエル・クライトン・ミラーDaniel Clayton Miller, 1991年7月1日 - )は、アメリカ合衆国のプロバスケットボール選手。コロラド州デンバー出身。ポジションはセンターB.LEAGUEレバンガ北海道に所属している。

ダニエル・ミラー
Daniel Miller
Daniel Miller (basketball) 2014.jpg
レバンガ北海道  No.5
ポジション C
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 コロラド州の旗 コロラド州デンバー
生年月日 (1991-07-01) 1991年7月1日(30歳)
身長 211cm (6 ft 11 in)
体重 125kg (276 lb)
キャリア情報
出身 ジョージア工科大学
ドラフト ドラフト外
所属経歴
2014-2015Río Natura Monbús
2015Akhisar Belediyespor
2016Taranaki Mountainairs
2016-2018レバンガ北海道
2018-2021仙台89ERS
2021-レバンガ北海道
受賞歴
Third-team All-ACC (2014)
2x ACC All-Defensive team (2013, 2014)
選手情報 ウィキデータを編集 B.LEAGUE.jp

大学時代編集

NBA選手を多数輩出しているジョージア工科大学出身。大学4年間で平均8.0ポイント、6.5リバウンド、1.5アシスト、1.0スチール、2.3ブロックを記録。その他に、2・3年時にはACCカンファレンスのオールディフェンシブチームに選出。2013-14シーズンにはACCカンファレンスのサードチームにも選出された。

主にディフェンス面で活躍し、前述のオールディフェンシブに加え、チーム歴代8位の821リバウンドと、チーム歴代2位の286ブロックを記録。特にブロックショットはACCカンファレンスの歴代トップ5の記録である[注釈 1]

プロキャリア編集

大学卒業後の2014年、ワシントン・ウィザーズの一員としてNBAサマーリーグに参戦。しかし、NBAチームとの契約までには至らなかった。

その後、欧州・オセアニアを経て、2016年にレバンガ北海道に加入。守備に加え、走力のあるセンターとして活躍し、平均13.8得点を記録。前半戦最下位に低迷していたチームを4位にまで導いた。

2017年も北海道でプレー。前半戦は、得点力に秀でたマーク・トラソリーニの加入もあり、ベンチからの出場が多かった。しかし後半戦からスターターとしての出場が多くなり、結果的にはチームの2年連続の残留に大きく貢献。シーズン終了後、契約満了により退団。

2018年よりB2の仙台でプレー。攻守の要として貢献し、Bリーグ開幕以降低迷していたチームの躍進させた。特に2019シーズンはスリーポイントを4本成功させるなどの活躍を収め[1]、B2東地区優勝に貢献した[注釈 2]

2020年6月、仙台との契約を更新[2]。センターの選手としては最多在籍年数タイの3季目に突入。2020-21シーズンは1.4ブロックを記録し、ブロック王を受賞。チームをB24位に貢献。シーズン終了後、北海道への復帰が発表された。

その他編集

大学のチームメイトに、元NBAミネソタ・ティンバーウルブズのマーカス・ジョージズ・ハントがいた。また元島根のロバート・カーターともチームメイトだった。(カーターはその後、メリーランド大学へ転校)

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 歴代1位は元スパーズのティム・ダンカンが記録した481ブロックである。
  2. ^ ただし、新型コロナウイルスの感染拡大によりシーズンは打ち切りとなった。

出典編集

  1. ^ ダニエル・ミラー | プレイヤースタッツ”. stats.basketballnavi.com. 2020年7月13日閲覧。
  2. ^ #5ダニエル・ミラー選手継続契約合意のお知らせ” (日本語). 仙台89ERS. 2020年7月13日閲覧。

外部リンク編集