ワシントン・ウィザーズ

アメリカのプロバスケットボールチーム

ワシントン・ウィザーズWashington Wizards)は、アメリカ合衆国ワシントンD.C.に本拠を置く全米プロバスケットボール協会(NBA)のチーム。イースタン・カンファレンス、サウスイースト・ディビジョン所属。チーム名は1997年まで"bullets"「弾丸」であったが、銃社会が批判に曝される風潮の中、イメージダウンを招くとして"Wizard"「魔法使い」に変更された。

ワシントン・ウィザーズ
Washington Wizards
2021-22シーズンのワシントン・ウィザーズ
Washington Wizards wordmark.gif
チームロゴ 赤、白、ネイビーを基調としたバスケットボールを背景に、その中は星とワシントン記念塔にいたデザイン。
所属リーグ  NBA アメリカ合衆国の旗カナダの旗
カンファレンス  イースタン・カンファレンス 
ディビジョン  サウスイースト 
創設 1961年
チーム史 シカゴ・パッカーズ
(1961-1962)
シカゴ・ゼファーズ
(1962-1963)
ボルティモア・ブレッツ
(1963-1972)
キャピタル・ブレッツ
(1973-1974)
ワシントン・ブレッツ
(1974-1997)
ワシントン・ウィザーズ
(1997 - )
本拠
ワシントン・ウィザーズの位置(アメリカ合衆国内)
ワシントン・ウィザーズ

ワシントンD.C.の旗 ワシントンD.C.
アリーナ キャピタル・ワン・アリーナ
チームカラー ネイビー, 青, 赤, シルバー, 白[1][2]
       
主なスポンサー GEICO[3]
オーナー Monumental Sports & Entertainment英語版
GM トミー・シェパード
ヘッドコーチ ウェス・アンセルド・ジュニア
優勝歴 1回 NBA FINAL CHAMP.png(1978年)
ファイナル進出 4回(1971年, 1975年, 1978年, 1979年)
ディビジョン優勝 8回(1969年, 1971年, 1972年, 1973年, 1974年, 1975年, 1979年, 2017年)
永久欠番  10   11   25   41 
NBAGL提携チーム キャピタルシティ・ゴーゴー
公式サイト www.nba.com/wizards
Kit body washingtonwizards association.png
Associationのジャージ
Kit shorts washingtonwizards association.png
チームカラー
Association
Kit body washingtonwizards icon.png
Iconのジャージ
Kit shorts washingtonwizards icon.png
チームカラー
Icon
Kit body washingtonwizards statement.png
Statementのジャージ
Kit shorts washingtonwizards statement.png
チームカラー
Statement
Kit body washingtonwizards city2021.png
Cityのジャージ
Kit shorts washingtonwizards city2021.png
チームカラー
City
テンプレートを表示

歴史編集

チーム創設期編集

1960年代後半から1970年代編集

  • 1968年には、殿堂入りする2選手が加入する。アール・モンローウェス・アンセルドである。その年チームは前年の36勝から57勝へと大きく改善された。アンセルドは新人王とMVPを獲得した。その年のプレイオフで期待されたブレッツだったが、1回戦でニューヨーク・ニックスの前に0-4で敗退した。その次の年も両チームはプレイオフ1回戦で対戦しニックスが勝ち上がった。
  • 70-71シーズン、イースタン・カンファレンス決勝で再びニックスと対戦したが、この時ニックスの主力ウィリス・リードは負傷しており、4-3で勝利したブレッツは初めてNBAファイナルに進出した。しかしファイナルではミルウォーキー・バックスに0-4で一蹴された。そのシーズン以降3年連続でニューヨーク・ニックスとプレイオフで戦い全て敗戦する。
  • 1973年にチームは、メリーランド州ランドーバーに移動し、キャピタル・ブレッツになるが、翌年、ワシントン・ブレッツに名前を変える。移転以降も1990年代半ばまでブレッツは年に数試合をボルティモアで行った。
  • 1974-75シーズンを60-22(ホームでは36-5)で終了し、2度目のNBAファイナルへと進むが、リック・バリー率いるゴールデンステート・ウォリアーズに0-4で敗れる。
  • 翌シーズン前年より12勝減らし、クリーブランド・キャバリアーズにプレイオフで敗れたブレッツは勝率62%を記録したヘッドコーチ、K.C.ジョーンズを解雇する。
  • 1977-78シーズン、ディック・モッタに率いられたエルヴィン・ヘイズ、アンセルドのブレッツは44勝38敗でシーズンを終えたがそこから長い道のりであったNBAファイナルまで勝ち進み、シアトル・スーパーソニックスを4-3で破りNBAチャンピオンとなった。翌79-80シーズンも再びNBAファイナルまで進んだが、その年は逆に1勝4敗で敗れた。
  • その後も87-88シーズンまでほぼ毎年プレイオフに進出したが、81-82シーズン以降はプレイオフ1回戦を突破することはなく、その後96-97シーズンにプレイオフに進出するまで低迷期を迎えることになる。

低迷期編集

  • 1989-90シーズン、ブレッツは5勝1敗でスタートしたが12月半ばから1月半ばまでの18試合で16敗して、平均得点でジェフ・マローンが24.3得点、バーナード・キングが22.3得点あげたが24勝58敗で終わった。
  • 1990-91シーズン、ブレッツは30勝しかあげられなかったが、バーナード・キングが1984-85にニューヨーク・ニックスにいたときにひざを故障して以来最高となる平均28.4得点をあげた。この年、彼は50得点以上を2回記録した。
  • 1993-94シーズン、ブレッツは故障に泣かされ、レックス・チャップマンパーヴィス・エリソン、ドラフト1巡目のカルバート・チェイニーがシーズンのほとんど欠場し、24勝58敗に終わった。
  • 低迷を打開するため、1994年のNBAドラフトジュワン・ハワードを指名し、1994-95シーズン途中にトム・ググリオッタと交換でクリス・ウェバーを獲得するなど若返りを図った。
  • 翌95-96シーズンは、ウェバーが怪我のためほとんどの試合で欠場したが、ルーキーのラシード・ウォレスが代わって先発に入り平均二桁得点を残し、ハワードが平均22.1点を記録してオールスターに選ばれるなど将来性を感じさせるシーズンとなった。成績は5割近くまで上げシーズンを終えた。
  • 1996年7月にラシード・ウォレスと交換でロッド・ストリックランドを加えたチームは、1996-97シーズン、44勝38敗の成績を挙げ9年ぶりにプレイオフに進出した。プレイオフはマイケル・ジョーダン率いるシカゴ・ブルズスウィープで敗れた。

ワシントン・ウィザーズ初期編集

  • 1995年のオフシーズンにブレッツからウィザーズに名称変更するつもりであることが発表された。高い犯罪率に悩むワシントンD.C.地域にとって、ブレッツ(弾丸)という名称が銃犯罪を連想させることが改名の理由であった。ドラゴンズ、エクスプレス、スタリオンズ、シードッグス、ウィザーズなどが候補になった。
  • 1997年5月15日、チームは、ブレッツからウィザーズへの名称変更と新しいロゴについて発表した。また、この年にワシントンD.C.を本拠にし、ベライゾンセンターをホームアリーナとして、現在に至っている。
  • 1998年5月、オフコートでの問題が多かったウェバーを放出し、ミッチ・リッチモンドオーティス・ソープを獲得した。リッチモンドは加入後2シーズン連続で得点面でチームを牽引したが、成績は5割を割るようになり下降していった。

マイケル・ジョーダンの加入編集

  • 2000年1月19日にマイケル・ジョーダンがウィザーズの共同オーナーに就任するが、2000-01シーズンに過去最低勝率をマークするなど、チーム状態はどん底を極めていた。主力のハワード、リッチモンド、ストリックランドは放出され、チームは再建に入った。
  • 2001年NBAドラフトの全体1位指名権を獲得したチームはクワミ・ブラウンを指名し、その数ヵ月後ジョーダンの復帰を発表した。ジョーダンは負け癖の付いていたチームを引っ張ったが、1年目の2001-02シーズンはジョーダン欠場中の成績が悪く、2年目の2002-03シーズンは、シーズン前にリチャード・ハミルトンと交換でジェリー・スタックハウスを獲得したが、終盤失速し2年連続で37勝45敗でプレイオフ進出を果たせず、ジョーダンは引退した。

アリーナスの時代編集

  • 2004-05シーズン、ダラス・マーベリックスから、スタックハウス、レイトナーとドラフト5位指名権でアントワン・ジェイミソンをトレードで獲得、シーズン前の低評価を覆し、ギルバート・アリーナス、アントワン・ジェイミソン、ラリー・ヒューズら主力の活躍によって久々にプレイオフに進出する。翌2005-06シーズンには、FAとなったヒューズを失うも、出場時間を得られず低迷していたクワミ・ブラウンと交換でカロン・バトラーを獲得、新しいビッグスリーを形成するなど的確な補強を行い、2年連続でプレイオフに進出した。
  • 以後の2シーズンはアリーナスの負傷欠場などでチーム成績は横ばい状態にある。またプレーオフ1回戦では3シーズン連続でクリーブランド・キャバリアーズと対戦し、いずれも敗退を喫している。
  • 2008-09シーズンはアリーナスとブレンダン・ヘイウッドが怪我でシーズンをほぼ全休。チームはウィザーズに名称を変更後、最低の成績でシーズンを終えた。
  • 2009-10シーズン、アリーナスがシーズン開幕から先発出場し、プレーオフ返り咲きが期待された。しかし、アリーナスがロッカールームに拳銃を無断で持ち込んだ事が発覚。この不祥事を重くみたリーグはアリーナスと同じくロッカールームに拳銃を無断で持ち込んだジャバリス・クリッテントンをシーズン終了まで出場停止の厳罰処分を下した。この事件後、チームは来季以降の再建を目指して、シーズン中にバトラー、ジェイミソンら主力を次々に放出。新たにジョシュ・ハワードアル・ソーントンらを獲得したが、ハワードが移籍早々に怪我でシーズン絶望となり、チームも2シーズン連続プレーオフ不出場となった。2009年11月24日にオーナーのエイブ・ポリンが死去した事もあり、チームの雰囲気は最後まで暗いままであった。

ウォールの時代編集

  • 2011-12シーズンは、開幕から1ヶ月でわずかに3勝と最低の成績で、3勝15敗の時点でフリップ・ソーンダーズが解任されアシスタントコーチのランディ・ウィットマンが、暫定ヘッドコーチを務めた。昨年からのチーム状態は改善を見せず、幾度もの連敗を喫し続けたがトレード期限直前にジャベール・マギーらを放出、ネネイを獲得したことにより改善のきっかけが見え、昨シーズンより僅かではあるが勝率を上げ3割以上とした。
  • 2015-16シーズンは、ブラッドリー・ビールがシーズン通して怪我がちでフルにプレー出来ず、ウォールに負担が増えるという悪循環に陥ってしまう。シーズン途中にマーキーフ・モリスを獲得するなどてこ入れを計るも事態は好転せず、4月にプレーオフ不出場が決定。結局は41勝41敗に終わり、ランディ・ウィットマンHCはシーズン最終戦終了後に解任された。

ビールの時代編集

2019年のドラフト全体9位でゴンザガ大学八村塁を指名。八村はドラフト1巡目で指名された史上初の日本人となった。

2020年12月、ヒューストン・ロケッツラッセル・ウェストブルックと1巡目指名権との引き換えに、ジョン・ウォールを放出した[7][8]

2020年のNBAドラフトでは、全体9位でイスラエル出身のデニ・アヴディアを、全体37位でチェコ出身のヴィート・クレイチーを指名した。クレイチの指名権は、後にオクラホマシティ・サンダーカシアス・ウィンストンとトレードされた。

  • 2020-21シーズンは34勝38敗で2017-18シーズン以来のプレーオフに進出した。シーズン終了後の2021年6月16日、5年間ウィザーズのヘッドコーチを務めてきたスコット・ブルックスと契約延長には至らず、解任となった[9]

シーズンごとの成績編集

Note: 勝 = 勝利数, 敗 = 敗戦数, % = 勝率

シーズン % プレーオフ 結果
シカゴ・パッカーズ
1961–62 18 62 .225
シカゴ・ゼファーズ
1962–63 25 55 .313
ボルティモア・ブレッツ
1963–64 31 49 .388
1964–65 37 43 .463 ディビジョン準決勝勝利
ディビジョン決勝敗退
ボルティモア 3, セントルイス 1
レイカーズ 4, ボルティモア 2
1965–66 38 42 .475 ディビジョン準決勝敗退 セントルイス 3, ボルティモア 0
1966–67 20 61 .247
1967–68 36 46 .439
1968–69 57 25 .695 ディビジョン準決勝敗退 ニックス 4, ボルティモア 0
1969–70 50 32 .610 ディビジョン準決勝敗退 ニックス 4, ボルティモア 3
1970–71 42 40 .512 カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝勝利
NBAファイナル敗退
ボルティモア 4, シクサーズ 3
ボルティモア 4, ニックス 3
バックス 4, ボルティモア 0
1971–72 38 44 .463 カンファレンス準決勝敗退 ニックス 4, ボルティモア 2
1972–73 52 30 .634 カンファレンス準決勝敗退 ニックス 4, ボルティモア 1
キャピタル・ブレッツ
1973–74 47 35 .573 カンファレンス準決勝敗退 ニックス 4, キャピタル 3
ワシントン・ブレッツ
1974–75 60 22 .732 カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝勝利
NBAファイナル敗退
ワシントン 4, バッファロー 3
ワシントン 4, セルティックス 2
ウォリアーズ 4, ワシントン 0
1975–76 48 34 .585 カンファレンス準決勝敗退 キャブス 4, ワシントン 3
1976–77 48 34 .585 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ワシントン 2, キャブス 1
ロケッツ 4, ワシントン 2
1977–78 44 38 .537 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝勝利
NBAファイナル優勝
ワシントン 2, ホークス 0
ワシントン 4, スパーズ 2
ワシントン 4, シクサーズ 2
ワシントン 4, ソニックス 3
1978–79 54 28 .659 カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝勝利
NBAファイナル敗退
ワシントン 4, ホークス 3
ワシントン 4, スパーズ 3
ソニックス 4, ワシントン 1
1979–80 39 43 .476 1回戦敗退 シクサーズ 2, ワシントン 0
1980–81 39 43 .476
1981–82 43 39 .524 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ワシントン 2, ネッツ 0
セルティックス 4, ワシントン 1
1982–83 42 40 .512
1983–84 35 47 .427 1回戦敗退 セルティックス 3, ワシントン 1
1984–85 40 42 .488 1回戦敗退 シクサーズ 3, ワシントン 1
1985–86 39 43 .476 1回戦敗退 シクサーズ, 3, ワシントン 2
1986–87 42 40 .512 1回戦敗退 ピストンズ 3, ワシントン 0
1987–88 38 44 .463 1回戦敗退 ピストンズ 3, ワシントン 2
1988–89 40 42 .488
1989–90 31 51 .378
1990–91 30 52 .366
1991–92 25 57 .305
1992–93 22 60 .268
1993–94 24 58 .293
1994–95 21 61 .256
1995–96 39 43 .476
1996–97 44 38 .537 1回戦敗退 ブルズ 3, ワシントン 0
ワシントン・ウィザーズ
1997–98 42 40 .512
1998–99 18 32 .360
1999–00 29 53 .354
2000–01 19 63 .232
2001–02 37 45 .451
2002–03 37 45 .451
2003–04 25 57 .305
2004–05 45 37 .549 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ウィザーズ 4, ブルズ 2
ヒート 4, ウィザーズ 0
2005–06 42 40 .512 1回戦敗退 キャブス 4, ウィザーズ 2
2006-07 41 41 .500 1回戦敗退 キャブス 4, ウィザーズ 0
2007-08 43 39 .524 1回戦敗退 キャブス 4, ウィザーズ 2
2008-09 19 63 .232
2009-10 26 56 .317
2010–11 23 59 .280
2011–12 20 46 .303
2012–13 29 53 .354
2013–14 44 38 .537 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ウィザーズ 4, ブルズ1
ペイサーズ 4, ウィザーズ 2
2014–15 46 36 .561 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ウィザーズ 4, ラプターズ 0
ホークス 4, ウィザーズ 2
2015–16 41 41 .500
2016–17 49 33 .598 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ウィザーズ 4, ホークス 2
セルティックス 4, ウィザーズ 3
2017–18 43 39 .524 1回戦敗退 ラプターズ 4, ウィザーズ 2
2018–19 32 50 .390
2019–20 24 40 .375
2020–21 34 38 .472 1回戦敗退 76ers 4, ウィザーズ 1
通算勝敗 2153 2616 .451
プレイオフ 98 134 .422 優勝1回

主な選手編集

現役選手編集

プレーヤー スタッフ
Pos. # 名前 国籍 年齢 身長 体重 出身
F 9 デニ・アヴディア (Deni Avdija)   20 (2001/01/03) 6 ft 9 in (2.06 m) 210 lb (95 kg) マッカビ・テルアビブBC 
G 17 ジョエル・アヤイ (Joël Ayayi)     21 (2000/03/05) 6 ft 5 in (1.96 m) 181 lb (82 kg) ゴンザガ大学 
G 3 ブラッドリー・ビール (Bradley Beal)     28 (1993/06/28) 6 ft 3 in (1.91 m) 207 lb (94 kg) フロリダ大学 
F 42 ダービス・ベルターンス (Dāvis Bertāns)   29 (1992/11/12) 6 ft 10 in (2.08 m) 225 lb (102 kg) ラトビア [1]
C 13 トーマス・ブライアント (Thomas Bryant)     24 (1997/07/31) 6 ft 10 in (2.08 m) 248 lb (112 kg) インディアナ大学 
G 1 ケンタビオス・コールドウェル=ポープ (Kentavious Caldwell-Pope)   28 (1993/02/18) 6 ft 6 in (1.98 m) 204 lb (93 kg) ジョージア大学 
G 26 スペンサー・ディンウィディー (Spencer Dinwiddie)   28 (1993/04/06) 6 ft 6 in (1.98 m) 205 lb (93 kg) コロラド大学 
F/C 21 ダニエル・ギャフォード (Daniel Gafford)   23 (1998/10/1) 6 ft 10 in (2.08 m) 234 lb (106 kg) アーカンソー大学 
F 16 アンソニー・ギル (Anthony Gill)   29 (1992/10/17) 6 ft 8 in (2.03 m) 230 lb (104 kg) バージニア大学 
F 8 八村塁 (Rui Hachimura) (-)   23 (1998/02/08) 6 ft 8 in (2.03 m) 230 lb (104 kg) ゴンザガ大学 [2]
G 7 ジョーダン・グッドウィン (Jordan Goodwin)   23 (1998/10/23) 6 ft 3 in (1.91 m) 200 lb (91 kg) セントルイス大学 
F/C 6 モントレズ・ハレル (Montrezl Harrel) 6th   27 (1994/01/26) 6 ft 7 in (2.01 m) 240 lb (109 kg) ルイビル大学 
G 4 アーロン・ホリデー (Aaron Holiday)   25 (1996/9/30) 6 ft 1 in (1.85 m) 185 lb (84 kg) UCLA 
SF 24 コーリー・キスパート (Corey Kispert)   22 (1999/03/03) 6 ft 7 in (2.01 m) 220 lb (100 kg) ゴンザガ大学 
F 33 カイル・クーズマ (Kyle Kuzma)   25 (1996/7/24) 6 ft 9 in (2.06 m) 224 lb (102 kg) ユタ大学 
G 19 ラウル・ネト (Raul Neto)   29 (1992/05/19) 6 ft 1 in (1.85 m) 180 lb (82 kg) ブラジル 
F/C 14 アイザイア・トッド (Isaiah Todd)   20 (2001/10/17) 6 ft 10 in (2.08 m) 206 lb (93 kg)  
G 5 カシアス・ウィンストン (Cassius Winston)       23 (1998/02/28) 6 ft 1 in (1.85 m) 185 lb (84 kg) ミシガン州立大学 

記号説明

外部リンク

更新日:2021年12月2日


年代別主要選手編集

太文字…殿堂入り選手 (C)…優勝時に在籍した選手 (M)…在籍時にMVPを獲得した選手 (50)…偉大な50人

コーチ、その他編集

歴代ヘッドコーチ編集

栄誉編集

チーム記録編集

ワシントン・ウィザーズのチーム記録

脚註編集

[脚注の使い方]
  1. ^ “Wizards Unveil New Logos and Uniforms”. NBA Media Ventures, LLC. (2011年5月10日). http://www.nba.com/wizards/news/release_051011.html 2016年6月2日閲覧. "The Washington Wizards unveiled the team's updated look featuring a red, white and blue color scheme today during a special event on the Verizon Center practice court." 
  2. ^ Washington Wizards Reproduction and Usage Guideline Sheet”. NBA Properties, Inc.. 2017年12月22日閲覧。
  3. ^ “Monumental Sports & Entertainment Announces GEICO as First-Ever Jersey Patch Partner” (プレスリリース), NBA Media Ventures, LLC, (2018年11月1日), https://www.nba.com/wizards/monumental-sports-entertainment-announces-geico-first-ever-jersey-patch-partner 2018年11月3日閲覧。 
  4. ^ Candace Buckner (2018年1月30日). “John Wall to undergo knee surgery, expected to miss 6-8 weeks and NBA All-Star Game” (英語). The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/news/wizards-insider/wp/2018/01/30/john-wall-to-undergo-knee-procedure-expected-to-miss-six-weeks-and-nba-all-star-game/?utm_term=.4b52296f6805 2018年1月31日閲覧。 
  5. ^ All-star John Wall returns as Wizards beat Hornets” (英語). ESPN.com. ESPN (2018年3月31日). 2018年4月1日閲覧。
  6. ^ Down at half, Lowry's 24, bench help Raps top Wiz 102-92” (英語). ESPN.com (2018年4月27日). 2018年4月28日閲覧。
  7. ^ Wizards acquire Russell Westbrook”. NBA.com (2020年12月2日). 2020年12月2日閲覧。
  8. ^ Houston Rockets, Washington Wizards agree to Russell Westbrook-John Wall trade”. ESPN.com (2020年12月2日). 2020年12月3日閲覧。
  9. ^ Sources: Wizards' Brooks out as talks fall apart” (英語). ESPN.com (2021年6月16日). 2021年6月16日閲覧。

外部リンク編集