メインメニューを開く

ダニエル・レンツ(Daniel Lentz、1942年 - )はアメリカ合衆国現代音楽作曲家1942年3月10日ペンシルベニア州のLatrobe生まれ。

目次

略歴編集

ミニマル・ミュージックの後継者あるいはポストミニマリズムの代表者として見られることが多いものの、彼の姿勢は政治的や地理的にもライヒやグラスとはやや異なっている。1960年代にAnti-Bass Musicでデビューした頃はベトナム戦争に関わるデータを音楽に用いるなどの反体制音楽家であった。彼の1972年に書かれた代表作「影のミサ」で、はっきりと調性音楽の全肯定を行う。

Wolf is Dead (1984)やCALIFORNIA FAMILY: A PORTRAIT (1989)では確かに反復ジェスチャはグラスと共通していてもフレデリック・ジェフスキーのように転調やテクスチャ変更がとても多く、ライヒやグラスに見られる「静的な」雰囲気は完全に払拭されている。デビュー時にはUSA国歌を生のまま楽曲に応用[1]したThe Crack in the Bellなど、ミニマリズムの本尊とは乖離が見られる。非常に動的なテクスチャを好む一方で、「影のミサ」のようなアンビエントに近い音楽性にも強く、MIDIにプリセットされた音源をそのまま使うなど1980年代のルイ・アンドリーセンや当時のオランダの作曲業界の態度と共通項が多い。レンツもライヒと同じように「ダニエル・レンツ・グループ」としてエレクトロニクスをふんだんに用いた活動を世界中で行った。

調性に基づいた言語は一切手放しておらず、西洋音楽の過去に見られた作曲技法(カノン他)と近い姿勢を見せることからヨーロッパで好意的に受け止められており、アメリカ合衆国人二人目のガウデアムス音楽大賞を受賞した。彼はアメリカで徹頭徹尾アカデミックな教育をオハイオ大学、ブランデイス大学ほかでロジャー・セッションズアーサー・バーガーから正規に師事して受けており、完璧な基礎能力に裏打ちされた技術が評価の要になっている。他のミニマル作曲家と同じように彼も美術業界に進出。自筆譜をもとにした彫刻を展示(ILLUMINATED MANUSCRIPTS)するとともに彼自身の作曲した音楽をその場でテープで流すなど、視覚的な要素を重視する点も「演出家任せにしてきた」他のミニマリズムの作曲家とは際立って異なっている。ワンパターンなテクスチャを一貫して回避してきた点が、グレン・ブランカラ・モンテ・ヤングのよう単一のフィギュアにこだわるミニマリストとは別個に分類される所以である。

作品はNew Albion, Aoede, Materiali Sonori, Cold Blue Musicほかから発売されている。現在も南カリフォルニアに家族とともに住む。1940年代生まれであるにもかかわらず、東海岸アカデミズムと西海岸実験主義の様式を折衷させて世に送り出した貴重な存在でもある。

受賞歴編集

  • Rockefeller Foundation, Bellagio Center, Italy, Music Composition, 2012
  • Opus Archives, Pacifica Institute, Music Composition, 2010
  • Phoenix Arts Commission Grant, Music Composition, 2000
  • 2 Arizona Commission In The Arts Grants, Music Composition, 1992, 1997
  • 3 Institute For Studies In The Arts Grants, Arizona State University, Music Composition, 1993, 1995, 1996
  • 5 National Endowment For The Arts Grants, Music Composition, 1973-96
  • D.A.A.D Grant,Music Composition And Research, Berlin, Germany, 1979-80
  • 3 Seed Fund Grants,New York, Music Composition, 1976, 1978, 1980
  • California Arts Council Grant,Music Composition, 1976
  • Howard Foundation Grant, Brown University, Music Composition, 1974
  • First Prize, International Composers Competition, Stichting Gaudeamus, Holland, 1972
  • Creative Arts Instititute Award, University Of California, Berkeley, 1969
  • Fulbright Fellowship, Sweden, Electronic Music And Musicology, 1967-68
  • Samuel Wechsler Music Award, Brandeis University, 1967
  • Tanglewood Composition Fellowship, 1966
  • N.D.E.A. Fellowship-Scholarship, Brandeis University, 1965-67
  • Teaching Fellowship, Ohio University, 1962-65

ディスコグラフィー編集

  • Voices (Aoede Records)
  • Wild Turkeys (Aoede Records)
  • wolfMASS (Aoede Records)
  • Point Conception (Cold Blue Music), (Aoede Records)
  • Huit ou Neuf Pieces Dorées à Point (Aoede Records)
  • Collection (Aoede Records)
  • Self Portrait (Aoede Records)
  • Butterfly Blood (Aoede Records)
  • Missa Umbrarum (New Albion Records)
  • Portraits (New Albion Records) – with John Adams, Paul Dresher, Ingram Marshall, and Stephen Scott
  • Apologetica (New Albion Records)
  • b.e.comings (Fontec/Rhizome Sketch Records)
  • Walk into My Voice (Materiali Sonori) – with Harold Budd and Jessica Karraker
  • Music for 3 Pianos (Virgin/EMI Records) – with Harold Budd and Ruben Garcia
  • The Crack in the Bell (Angel/EMI Records)
  • On The Leopard Altar (Icon Records)
  • After Images (Cold Blue Music)
  • Spell (ABC Command Records)
  • Dancing on Water (Cold Blue Music) – contains Song(s) of the Sirens, with Peter Garland, Michael Byron, Rick Cox, Jim Fox and others,
  • Cold Blue anthology (Cold Blue Music) – contains You Can't See the Forest ... Music, with Ingram Marshall, Chas Smith, Harold Budd, Michael Byron, Jim Fox, and others, Cold Blue Music
  • Los Tigres de Marte (Cold Blue Music)
  • On the Leopard Altar (Cold Blue Music)

脚注編集

  1. ^ Kyle Gann, American Music in the 20th Century Schirmer Books (1997) 12. NEW TONALITIES II: POSTMINIMALISM

参考文献編集

  • Kyle Gann, American Music in the 20th Century Schirmer Books (1997)

外部リンク編集