ダブルマン』(The Double Man)は1967年イギリスアメリカ合衆国映画フランクリン・J・シャフナー監督の作品で、出演はユル・ブリンナーなど[1]

ダブルマン
The Double Man
監督 フランクリン・J・シャフナー
脚本 フランク・ターロフ英語版
アルフレッド・ヘイズ英語版
原作 ヘンリー・S・マックスフィールド
製作 ハル・E・チェスター英語版
出演者 ユル・ブリンナー
音楽 アーネスト・フリーマン英語版
撮影 デニス・クープ英語版
編集 リチャード・ベスト英語版
配給 ワーナー・ブラザース
公開 イギリスの旗 1967年4月25日
日本の旗 1967年9月24日
上映時間 105分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ストーリー 編集

東ベルリン秘密情報機関本部のバートホルド大佐とその部下マックス、グレゴリーの3人はCIAの一員ダン・スレイターをおびき寄せるべく、彼の息子を事故に見せかけて殺す。このままスレイターをヨーロッパまでおびき寄せて殺した後、替え玉のカルマーがスレイターに成りすまし、彼を通じてCIAの情報を手中に収めるという目論見だった。

ところが、葬儀の後、スレイターが自分のカバンの中に息子の上着が入っていたのを見つけたことがきっかけで、計画にほころびが生じる。

キャスト 編集

役名 俳優 日本語吹替
フジテレビ
ダン・スレーター/カルマー ユル・ブリンナー 小林修
ジーナ ブリット・エクランド 鈴木弘子
フランク クライヴ・レヴィル 穂積隆信
バートホールド アントン・ディフリング 大塚周夫
キャリントン夫人 モイラ・リスター英語版
エドワーズ ロイド・ノーラン英語版 吉沢久嘉
マックス ジョージ・マイケル英語版 森川公也
ミラー デヴィッド・バウアー英語版 宮川洋一
不明
その他
N/A 塩見竜介
細井重之
上田敏也
日高晤郎
神山卓三
日本語スタッフ
演出
翻訳
効果
調整
制作
解説 高島忠夫
初回放送 1978年2月24日
ゴールデン洋画劇場

出典 編集

  1. ^ The Double Man (1967)”. BFI. 2021年4月29日閲覧。

外部リンク 編集