チブチャ語(チブチャご、: Chibcha language)は、かつてムイスカ人によって話されていた言語である。話されていた地域はコロンビアの中央高原地帯である[2]。18世紀には消滅し死語となった。当時はスペイン帝国の植民地であった地域である。

チブチャ語
Muisca, Muysccubun
話される国 コロンビア中央高原地帯
民族 ムイスカ人
消滅時期 18世紀
言語系統
チブチャ語族英語版
  • Chibcha–Motilon
    • Chibcha–Tunebo
      • チブチャ語
言語コード
ISO 639-2 chb
ISO 639-3 chb
Glottolog chib1270[1]
テンプレートを表示

1770年にスペイン国王のカルロス3世により、公式に地域の言語の使用が禁止された。

言語名別称編集

  • Muisca
  • Mosca
  • Muiska
  • Miusca
  • ムイスカ語
  • ムイシュカ語

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Chibcha”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/chib1270 
  2. ^ ダグラス・プレストン『猿神のロスト・シティ 地上最後の秘境に眠る謎の文明を探せ』NHK出版、2017年、235頁。ISBN 978-4-14-081716-2

関連項目編集

外部リンク編集