メインメニューを開く
チェコの子供ダンス大会にて

チャチャチャ (cha-cha-chá) は、ダンソーンソン・モントゥーノをベースにした、キューバ起源のリズム、およびダンスである。ラテン音楽のリズムの1つで、2拍子系。キューバのダンス音楽ダンソンを改良したもので、1950年代に流行した。

1953年、作曲家・ヴァイオリニストのエンリケ・ホリーンが創始した。

主にチャランガ(フルート、ヴァイオリン、ピアノ、ベース、打楽器等による楽器編成)で演奏され、 主要なグループにオルケスタ・アラゴーン、(ホリーンも在籍した)オルケスタ・アメリカなどがある。

歴史編集

チャチャチャはマンボから発展した。マンボの創始者の一人とされるアントニオ・アルカーニョの楽団から、1948年に脱退したキューバの作曲者兼ヴァイオリン奏者エンリケ・ホリーンがオルケスタ・アメリカ楽団に参加し、1953年に書いた最初のチャチャチャ「ラ・エンガーニャドーラ(惑わす女)」がヒットし、一大ブームとなった[1]。「ラ・エンガーニャドーラ」はスローなリズムのマンボだが、バンドメンバー全員でコーラスをユニゾンで歌い、ダブルビートの終わりに「チャ」という吐息のようなアクセントを入れた点が特徴である。ホリーンはダンサーのステップが床を叩く音からチャチャチャのリズムを思いついたという。

マンボよりもスローなチャチャチャは、ダンサーにとって踊りやすく美しいステップが踏めると好評だった[1]。世界的なマンボのブームの最中、キューバではマンボよりもチャチャチャに人気が集まっていた。

脚注編集

  1. ^ a b スチュワード 2000, pp. 35-37.

参考文献編集

  • スー・スチュワード『サルサ:ラテンアメリカの音楽物語』星野真里訳、アスペクト、2000年。ISBN 4757207905

関連項目編集