チャップリンの冒険』(The Adventurer)は、チャーリー・チャップリンミューチュアル社英語版における12作目のサイレント映画1917年公開。共演はエドナ・パーヴァイアンスエリック・キャンベルヘンリー・バーグマンアルバート・オースチン他。

チャップリンの冒険
The Adventurer
The Adventurer (film).jpg
監督 チャーリー・チャップリン
脚本 チャーリー・チャップリン
製作 チャーリー・チャップリン
撮影 ローランド・トザロー
配給 ミューチュアル・フィルム・コーポレーション英語版
公開 アメリカ合衆国の旗 1917年10月22日
上映時間 23分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 サイレント映画
英語字幕
テンプレートを表示
チャップリンの冒険

チャップリンがミューチュアル社との契約で製作した最後の作品である。また、ミューチュアル社時代を通じての共演者であったエリック・キャンベルが、1917年末に酒気帯び運転による自動車事故で死亡したため、これが最後の出演作となった。また、長年チャップリンの秘書として信望の厚かった日本人、高野虎市が運転手役で出演している(二日酔いで撮影所に出られなくなった役者の代役として出演。しかし、映画を見た妻のイサミから「御先祖様に合わせる顔がない」と言われ、映画出演はこれきりになった)[1]

あらすじ編集

「(チャップリン扮する)脱獄囚が、刑務所の看守から逃亡中」という場面から始まる。崖を勢いよく駆け上がり海中へと逃亡を続け、偶然にも溺れかけている女性(エドナ)の命を救い、彼女の家に歓待される。だが、エドナに思いを寄せる男(キャンベル)は新聞に彼の顔写真が載っているのを発見! 官憲に通報し、何としても捕まえさせようとする…。 

キャスト編集

日本語吹替編集

俳優 日本語吹替
チャールズ・チャップリン 山寺宏一
(ナレーター) 近石真介
この作品はサイレント映画だが、チャップリンのデビュー100周年を記念し、日本チャップリン協会監修のもと、日本語吹替が製作された[3]

脚注編集

  1. ^ 大野裕之『チャップリン再入門』NHK出版、2005年4月10日。ISBN 4-14-088141-0
  2. ^ 吹替で蘇る!チャップリン笑劇場”. STAR CHANNEL. 2014年11月1日閲覧。
  3. ^ チャップリンの冒険”. STAR CHANNEL. 2014年11月1日閲覧。

外部リンク編集