近石真介

近石 真介(ちかいし しんすけ、1931年1月20日[1] - )は、東京府出身の男性声優俳優ラジオパーソナリティナレータームーブマン所属。以前は劇団東演(ぱらーた企画[1])に所属していた。日本大学第二高等学校卒業、早稲田大学文学部露文科を2年で除籍。長男は俳優・声優の土方優人

ちかいし しんすけ
近石真介
プロフィール
本名 近石 安蔵(ちかいし やすぞう)[1]
出生地 日本の旗 日本東京府
生年月日 (1931-01-20) 1931年1月20日(86歳)
身長 165cm
職業 俳優
声優
活動
活動期間 1950年代 -
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

目次

来歴・人物編集

テレビ草創期から活躍している。俳優としては舞台を中心に活動し[2]、ドラマにも出演している。八田元夫演出研究所を経て1953年の『歴程』が初舞台[2]。1963年に劇団東演に入団し、2002年まで所属[2]。また、人気を博したラジオ番組『こんちワ近石真介です』のパーソナリティで有名となり、ギャラクシー賞を受賞している[2]

洋画ではジェームズ・キャグニージェリー・ルイスジャッキー・クーパーなどを担当。アニメでは『サザエさん』の初代フグ田マスオ1969年10月5日の初回から演じていたが、ラジオ、舞台との両立が困難となり、1978年9月24日放送分で降板。増岡弘に引き継がれている。

現在では日本テレビ系『はじめてのおつかい』等のナレーション業を中心に担当しており、85歳を超えた現在でもなお現役で活躍している。

モンティ・パイソン』ではジョン・クリーズの声を担当していたが、これもまた降板し納谷悟朗に引き継がれている。また、近石は後に納谷が演じることになる銭形警部を、『ルパン三世』のパイロットフィルムで声を担当したこともある。

ロシア語のタイプを打てたため、恩師の計らいで三井海上火災に就職した経験がある。また、劇団東演への入団当時に、朝倉摂の依頼で絵画のモデルを務めたこともある[3]

アンチ巨人阪神ファンである[4]

受賞歴編集

出演作品編集

テレビアニメ編集

1965年

1966年

1967年

1968年

1969年

1971年

1978年

2003年

2004年

OVA編集

1969年

1995年

劇場アニメ編集

1987年

1991年

2015年

吹き替え編集

俳優編集

洋画編集

海外ドラマ編集

海外アニメ編集

人形劇編集

ラジオ編集

ナレーション編集

テレビドラマ編集

バラエティ編集

CM編集

その他編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h 『声優事典 第二版』 キネマ旬報社1996年、186頁。ISBN 4-87376-160-3
  2. ^ a b c d e 新国立劇場演劇公演『マッチ売りの少女』出演者変更について”. 新国立劇場. 2013年6月18日閲覧。
  3. ^ A&G ARTIST ZONE 2h」 2013年03月15日放送
  4. ^ はがきでこんにちは」2017年1月12日の放送で、中日ファンのリスナーの質問を受けて発言。
  5. ^ a b c したコメ人 - 第2回したまちコメディ映画祭in台東”. したまちコメディ映画祭in台東. 2013年6月18日閲覧。
  6. ^ 『第七回声優アワード』受賞者先行発表!”. 声優アワード. 2013年3月1日閲覧。
  7. ^ パトロールホッパ宇宙っ子ジュン”. 東映アニメーション. 2016年6月11日閲覧。
  8. ^ リボンの騎士(パイロット)”. 手塚治虫公式サイト. 2016年5月21日閲覧。
  9. ^ 老人Z HDマスター版 DVD”. ソニーミュージック. 2016年8月21日閲覧。
  10. ^ バケモノの子 The Boy and The Beast”. メディア芸術データベース. 2016年8月17日閲覧。
  11. ^ 猿の惑星・征服”. WOWOW (2016年6月24日). 2016年7月25日閲覧。
  12. ^ 最後の猿の惑星”. WOWOW (2016年6月24日). 2016年7月25日閲覧。
  13. ^ "六輔長屋"の跡継ぎは、あの!? はぶ三太郎さん! ゲストは近石真介さん!”. TBSラジオ (2016年7月4日). 2017年5月22日閲覧。

外部リンク編集