近石 真介(ちかいし しんすけ、1931年1月20日[1] - )は、日本俳優声優ラジオパーソナリティナレーター[6]ムーブマン所属[7]。以前は東京俳優生活協同組合[8]劇団東演(ぱらーた企画[1])に所属していた。

ちかいし しんすけ
近石 真介
プロフィール
本名 近石 安蔵(ちかいし やすぞう)[1]
性別 男性
出生地 日本の旗 日本東京府豊多摩郡(後の東京市杉並区西荻窪、現:東京都杉並区)[2][3]
生年月日 (1931-01-20) 1931年1月20日(89歳)
血液型 A型[4]
身長 164 cm[5]
職業 俳優声優ナレーター[6]
事務所 ムーブマン
声優活動
ジャンル アニメ吹き替えナレーション
俳優活動
活動期間 1950年代[3] -
ジャンル テレビドラマ舞台
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

長男は俳優・声優の土方優人

来歴編集

東京府豊多摩郡(後の東京市杉並区西荻窪、現:東京都杉並区)出身[2][3]日本大学第二高等学校卒業、早稲田大学第一文学部露文科を2年で除籍。

大学中退後は、ロシア語タイプライターを打てたことや高校時代の恩師の計らいで三井海上火災に就職[2]。職場の演劇部に、当時気になっていた別の部署の女性社員が所属しており、「入れば知り合いになれる」と考え入部する[2]。そして、その女性社員の相手役をすることになった際、芝居に夢中になって「役を演ずるってこんなに面白いことなんだ」と感じるようになり、その後、その芝居が東京都内の職場演劇コンクールに出場し優秀賞を獲得[2]

演劇コンクールの審査員には、後に恩師になる八田元夫がおり、八田の勧めで八田元夫演出研究所の夜間教室に通い出す[2]。その後、研究所が劇団になることから会社を退職[2]1953年の『歴程』で初舞台を踏む[9]

演出劇場[8]、劇団3の会[8]、東京演劇ゼミナール[8]を経て、1963年に劇団東演に入団し、2002年まで所属[9]

声優業は、結婚や妻の妊娠などから「何とかしなきゃいけない」と考え、安かろうと1本幾らというギャラが入るテレビの仕事だったため飛びついたことがきっかけでで始める[2]。洋画ではジェームズ・キャグニージェリー・ルイスジャッキー・クーパーなどの吹き替えを担当。アニメでは『サザエさん』の初代フグ田マスオを約10年間演じていた。

人気を博したラジオ番組『こんちワ近石真介です』ではパーソナリティで有名となり、ギャラクシー賞を受賞している[9]

現在では日本テレビ系『はじめてのおつかい』等のナレーション業を中心に担当しており、89歳を超えた現在でもなお男性声優最高齢の現役で活躍している。

人物編集

テレビ草創期から活躍している。俳優としては舞台を中心に活動し[9]テレビドラマにも出演している。声質はバリトン[10]

ジェリー・ルイスの吹き替えは「本当に好きだったなあ」と述べている[2]。また、ルイスの芝居はリズム早いため、予め大体の台詞を覚えてから収録に臨んでいたといい[11]、録音後は疲れる一方で「ジェリー・ルイスのあのリズムを俺は盗めたぞ」という何ともいい快感があったという[2]ジェームズ・キャグニーの吹き替えは、自分の世界を常に強烈に打ち出すところが魅力的だという[2]

モンティ・パイソン』ではジョン・クリーズの声を担当していたが、すぐに降板し納谷悟朗に引き継がれている。近石は後に納谷が演じることになる銭形警部を、『ルパン三世』のパイロットフィルムで声を担当したこともある。

アニメ『サザエさん』では、フグ田マスオ役を1969年10月5日の初回から、舞台の地方公演・ラジオとの両立が困難となり1978年6月4日放送分で降板するまで演じていた[注釈 1]。マスオについて近石は「とても好きだった」と語り、演じ始めた頃は、実生活でも父親で息子もタラちゃんと同じくらいの年齢だったため、本人曰く「役やってんだか何だか分からない、もうそのまんま」で演じたという[11]。『サザエさん』自体については「どんなに世の中が変わっても、日本の家族はこういう事柄を、こんな会話をしながら、こんなふうに処理する。五十年前のサザエさん一家も、今の家族も基本的には同じだと思う」と述べ、「原作に忠実にその精神を受け継いで、今のままずっと続いてほしい。日本の家族の姿を伝えてほしいですね」と語っている[12]

受賞歴編集

出演編集

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ編集

1963年
1965年
1966年
1967年
1968年
1969年
1970年
1971年
1978年
2003年
2004年

OVA編集

劇場アニメ編集

吹き替え編集

俳優編集

洋画編集

海外ドラマ編集

海外アニメ編集

人形劇編集

ラジオ編集

ナレーション編集

テレビドラマ編集

バラエティ編集

CM編集

その他編集

脚注編集

[脚注の使い方]
注釈
  1. ^ 降板後は2019年まで増岡弘、以降は田中秀幸が引き継いだ。
出典
  1. ^ a b c d e f g h 『声優事典 第二版』キネマ旬報社、1996年、186頁。ISBN 4-87376-160-3
  2. ^ a b c d e f g h i j k 吹替の帝王 -日本語吹替版専門映画サイト-”. 20世紀フォックス ホーム エンターテイメント. 2020年1月17日閲覧。
  3. ^ a b c 近石真介(ちかいししんすけ)の解説”. goo人名事典. 2020年1月5日閲覧。
  4. ^ 小川びい『こだわりの声優事典'97』徳間書店〈ロマンアルバム〉、1997年3月10日、88頁。ISBN 4-19-720012-9
  5. ^ 近石 真介|日本タレント名鑑”. 2020年1月5日閲覧。
  6. ^ a b “六輔長屋”の跡継ぎは、あの!?はぶ三太郎さん!ゲストは近石真介さん!”. TBSラジオ (2016年7月4日). 2020年1月5日閲覧。
  7. ^ 近石 真介|MOUVEMENT”. 2020年1月5日閲覧。
  8. ^ a b c d 『声優の世界-アニメーションから外国映画まで』朝日ソノラマファンタスティックコレクション別冊〉、1979年10月30日、91頁。
  9. ^ a b c d e 新国立劇場演劇公演『マッチ売りの少女』出演者変更について”. 新国立劇場. 2013年6月18日閲覧。
  10. ^ 『TVアニメ大全科part2』秋田書店、1979年、220頁。
  11. ^ a b 爆笑問題の日曜サンデー』2013年12月8日のゲスト出演回より。
  12. ^ ほのぼの変わらず50年 フジのアニメ「サザエさん」”. 東京新聞. 2019年12月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月2日閲覧。
  13. ^ a b c したコメ人 - 第2回したまちコメディ映画祭in台東”. したまちコメディ映画祭in台東. 2013年6月18日閲覧。
  14. ^ 『第七回声優アワード』受賞者先行発表!”. 声優アワード. 2013年3月1日閲覧。
  15. ^ パトロールホッパ宇宙っ子ジュン”. 東映アニメーション. 2016年6月11日閲覧。
  16. ^ リボンの騎士(パイロット)”. 手塚治虫公式サイト. 2016年5月21日閲覧。
  17. ^ 老人Z HDマスター版 DVD”. ソニーミュージック. 2016年8月21日閲覧。
  18. ^ バケモノの子 The Boy and The Beast”. メディア芸術データベース. 2016年8月17日閲覧。
  19. ^ 猿の惑星・征服”. WOWOW (2016年6月24日). 2016年7月25日閲覧。
  20. ^ 最後の猿の惑星”. WOWOW (2016年6月24日). 2016年7月25日閲覧。
  21. ^ "六輔長屋"の跡継ぎは、あの!? はぶ三太郎さん! ゲストは近石真介さん!”. TBSラジオ (2016年7月4日). 2017年5月22日閲覧。

外部リンク編集