チャナッカレ1915橋

チャナッカレ1915橋 (トルコ語: Çanakkale 1915 Köprüsü)、あるいはチャナッカレ海峡大橋 (トルコ語: Çanakkale Boğaz Köprüsü) は、トルコ北西部チャナッカレ県で建設中の吊橋である。ゲリボルラープセキトルコ語版の町のすぐ南に位置し、マルマラ海から約10キロメートル南のダーダネルス海峡に架かる[4]

チャナッカレ1915橋
Çanakkale 1915 Köprüsü
Çanakkale 1915 Bridge construction March 2020 1.jpg
建設中のチャナッカレ1915橋(2020年3月撮影)
座標 北緯40度20分18秒 東経26度37分58秒 / 北緯40.33833度 東経26.63278度 / 40.33833; 26.63278座標: 北緯40度20分18秒 東経26度37分58秒 / 北緯40.33833度 東経26.63278度 / 40.33833; 26.63278
通行対象 クナル-バルケスィル高速道路英語版6車線
交差 ダーダネルス海峡
所在地 トルコチャナッカレ県
正式名称 Çanakkale 1915 Köprüsü
特性
形式 吊橋
全長 3,563 m (11,690 ft)
43.06 m (141 ft)
高さ 318 m (1,043 ft)
最大支間長 2,023 m (6,637 ft)
桁下高 69.3 m (227 ft)
歴史
設計者 テクフェン英語版 [1]
工学的設計者 COWIデンマーク語版 [2]
施工者 大林産業英語版 - リマク英語版 - SK - ヤプ・メルケジ英語版 [3]
建設開始 2017年3月18日
完成 2022年3月18日
統計
通行料 € 15.00 + 税
チャナッカレ1915橋の位置(トルコ内)
チャナッカレ1915橋
チャナッカレ1915橋
トルコにおける位置
チャナッカレ1915橋の位置(マルマラ地方内)
チャナッカレ1915橋
チャナッカレ1915橋
トルコにおける位置
テンプレートを表示

この橋は、28億米ドルをかけて建設される全長321キロメートルのクナル-バルケスィル高速道路英語版の中心となる構造物で、東トラキアの高速道路O-3号線、O-6号線と、アナトリア半島の高速道路O-5号線を結ぶことになる。主径間の支間は2,023メートルあり、日本の明石海峡大橋を32メートル抜いて、世界でもっとも主径間の長い吊橋となる見込みである[5]

設計編集

橋の全長は3,563メートルと計画されており、アプローチの高架橋も含めると4,608メートルに達し、オスマン・ガーズィー橋を527メートル上回って、トルコ国内では最長となる予定である[6]

2本の主塔の高さは318メートルあり、ヤウズ・スルタン・セリム橋についでトルコ国内では2番目に高く、また橋に限らない人工の構造物としては、トルコ国内で3番目に高い構造物である。また世界では、中華人民共和国蘇通長江公路大橋を上回って4番目の高さの主塔である。デッキは72.8メートルの高さにあり、幅は45.06メートル、最大の厚さは3.5メートルある。合計6車線(双方向に3車線ずつ)を備え、さらに両側に保守作業用の徒歩通路を備える[6]

象徴的数値編集

この橋に関連する数値には象徴的な意味が与えられている。名前に付いている"1915"と、起工式の日3月18日は、第一次世界大戦中のガリポリの戦いにおいて、トルコ海軍が連合国海軍に勝利を収めた1915年3月18日を記念するものである。また主径間の長さ2,023メートルは、2023年にトルコ共和国が百周年を迎えることを意味している[5]

脚注編集

[脚注の使い方]