チャールズ・ジャーヴァス

チャールズ・ジャーヴァス(Charles Jervas、姓は Jarvisとも、1675年ころ – 1739年11月2日)はアイルランド生まれの画家、美術品収集家である。ミゲル・デ・セルバンテスの小説、『ドン・キホーテ』の英語訳を行ったことでも知られる。

チャールズ・ジャーヴァス
Charles Jervas
Charles Jervas.jpg
自画像(1725年頃)
生誕1675年ころ
アイルランド,オファリー
死没1739年11月2日
イギリス,ロンドン
ジャーヴァス作「マールバラ公爵夫人サラの肖像画

生涯編集

アイルランド中部のオファリーに地主の息子に生まれた[1]。母親は有力な役人の娘だった。ダブリンで育ち、幼い頃から絵の才能を示したので父親は、ジャーヴァスをロンドンに送り、宮廷画家のゴドフリー・ネラーのもとで修業させた。

1698年頃、収集家のジョージ・クラークのために『ラファエロのカルトン』の何点かを模写をして収入を得た後、家族の支援を受けて、翌年パリローマに修業に出た。10年ほどの修業の後1709年にロンドンに戻った。

文学者のジョゼフ・アディソンジョナサン・スウィフトアレキサンダー・ポープや政治家のロバート・ウォルポールなど当時の有力な人物の肖像画を描き、有名な画家になった[2]。1723年に主席宮廷画家を務めていたゴドフリー・ネラーが亡くなると、後任として、国王ジョージ1世の宮廷画家に任じられた。ジョージ2世の王妃、キャロラインの肖像画などが知られている。

1727年に資産家の未亡人と結婚した。

1738年に王の命令で、イタリアに戻り、イタリアの巨匠たちの絵画を購入した。イタリアから戻ってほどなく病没した後、親族によって美術品のコレクションの競売が9日間に渡って行われた。

ジャーヴァスによる『ドン・キホーテ』の英訳本は没後の1742年に出版された。出版社のミスで著者名が「Charles Jarvis」とされたことで「ジャービス版ドン・キホーテ」と呼ばれる。トーマス・シェルトンによる翻訳よりも正確な訳だとされ、19世紀まで何度か再刊された[3].。

作品編集

脚注編集

  1. ^ Aspects of Irish Art. National Gallery of Ireland. Cahill & Co. 1974. Pg 109.
  2. ^ Ces deux derniers tableaux se trouvent aujourd'hui à la National Portrait Gallery de Londres.
  3. ^ Une version révisée a été publiée par Oxford Paperback en 1992 ISBN 0-19-282726-X puis reprise par l'Oxford University Press dans la collection « Oxford World's Classic » en 1998 ISBN 0-19-283483-5.

参考文献編集

  • Alfred Webb, A Compendium of Irish Biography: Comprising Sketches of Distinguished Irishmen and of Eminent Persons Connected with Ireland by Office or by Their Writings, New York, Lemma Publishing Corporation, 1970.
宮廷職
先代
ゴドフリー・ネラー
主席宮廷画家
1723年 – 1739年
次代
ウィリアム・ケント