チャールズ・ダグラス (第2代セルカーク伯爵)

第2代セルカーク伯爵チャールズ・ダグラス英語: Charles Douglas, 2nd Earl of Selkirk、出生名チャールズ・ハミルトンCharles Hamilton)、1663年2月3日1739年3月13日)は、スコットランドの貴族、政治家。

生涯編集

ハミルトン公爵ウィリアム・ダグラス=ハミルトン(1694年没)と第3代ハミルトン女公爵アン・ハミルトン英語版の三男として1663年2月3日に生まれ、1664年2月5日にハミルトンで洗礼を受けた[1]

1688年10月6日のnovodamusにより、存命中の父がセルカーク伯爵を放棄してチャールズに与えた[1]。このときの規定ではチャールズの男系男子が絶えた場合、4人の弟(ジョンジョージ、ベイジル、アーチボルド英語版)の子孫が爵位を継承するとされた[1]。また、爵位継承とともに姓を父の旧姓ダグラスに改めた[1]

同1688年の名誉革命ウィリアム3世を支持、1690年のボイン川の戦い[2]大同盟戦争大陸ヨーロッパ戦役でも寝室侍従英語版の1人(在任:1689年 – 1702年)として同伴した[1]。1696年から1702年まで選挙名簿管理長官英語版を務め[1]、1704年から1705年までスコットランド大蔵委員会の委員を務めたが[2]スコットランド王国イングランド王国の合同には反対した[1]

1713年にスコットランド貴族代表議員に当選、1714年には寝室侍従英語版に再任されたが、1715年イギリス総選挙で貴族代表議員の再選に失敗した[2]。その後、1722年イギリス総選挙で貴族代表議員に復帰(以降1739年まで議員を務める)、1733年に枢密顧問官に任命され、同年から1739年まで選挙名簿管理長官を務めた[2]。また、1737年から1738年までエディンバラ城総督英語版を務めた[2]

1739年3月13日に生涯未婚のままロンドンで死去、同年4月18日にウェストミンスター寺院に埋葬された[1]。爵位は弟ジョンが継承した[1]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i Cokayne, George Edward, ed. (1896). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or drmant (S to T) (英語). 7 (1st ed.). London: George Bell & Sons. pp. 106–107.
  2. ^ a b c d e "Selkirk, Earl of (S, 1646)". Cracroft's Peerage (英語). 27 February 2005. 2019年8月21日閲覧
軍職
先代:
オークニー伯爵
エディンバラ城総督英語版
1737年 - 1738年
次代:
ロス卿英語版
公職
空位
最後の知られた在位者:
サー・トマス・バーネット準男爵英語版
選挙名簿管理長官英語版
1696年 - 1702年
次代:
フィリップホーグ卿英語版
先代:
マーチモント伯爵
選挙名簿管理長官英語版
1733年 - 1739年
次代:
ロジアン侯爵
スコットランドの爵位
先代:
ウィリアム・ダグラス=ハミルトン
第2代セルカーク伯爵
1688年 - 1739年
次代:
ジョン・ハミルトン