1722年イギリス総選挙

1722年イギリス総選挙英語: British general election, 1722)は、第6期グレートブリテン議会英語版庶民院英語版議員を選出するために行われた選挙。

1722年イギリス総選挙
グレートブリテン王国
1715年 ←
3月19日 - 5月9日
→ 1727年

庶民院558議席、安定多数は280議席必要
  第1党 第2党
  Robert-Walpole-1st-Earl-of-Orford.jpg Sir William Wyndham, 3rd Bt by Jonathan Richardson.jpg
党首 ロバート・ウォルポール サー・ウィリアム・ウィンダム
政党 ホイッグ党 トーリー党
党首選挙区 キングス・リン英語版 サマセット英語版
選挙後議席 389 169
議席増減 増加48 減少48

選挙前首相

ロバート・ウォルポール
ホイッグ党

首相

ロバート・ウォルポール
ホイッグ党

選挙の形勢編集

グレートブリテン議会は1707年にイングランド議会スコットランド議会が合同したときに成立し、1716年七年議会法英語版により1694年三年議会法英語版が廃止された後は選挙が7年毎に行われた。前回の選挙が1715年に行われたため、次の選挙は同法に基づき1722年に行われた。

当時の選挙としては珍しく、半分以上の選挙区が無投票にならず選挙戦が戦われた。しかし、ホイッグ党が政府をほぼすべて掌握している状態であり、首相ロバート・ウォルポールは選挙後援をほぼ独占することができた。そのため、政府の支持度が下がった状態でも議席数を増やせたのであった。

選挙のさなか、フランス王国からジャコバイトクーデター陰謀の知らせが届いた。ロチェスター主教英語版フランシス・アタベリー英語版ノースおよびグレイ男爵などトーリー党員が計画したこの陰謀は後にアタベリー陰謀事件と呼ばれた。

それまでの選挙でも不正などはあったが、少なくとも投票権を有する(少数の)成人男性の意向を大まかに反映していた。しかし、ホイッグ党の一党優位が成立した以上、ホイッグ党は系統的な選挙不正で勝ち続けることができた。このパターンは18世紀を通して続き、ホイッグ党の寡頭政治が続くなかで党派心が薄れると、選挙不正はさらに容易に行われた。

区割り編集

グレートブリテン議会が存在した全期間を通して、区割りが変更されることはなかった。

選挙の日付編集

総選挙は1722年3月19日から5月9日まで行われた。この時代の選挙は全ての選挙区で同時に行われず、各バラや郡でバラバラに行われた(ハスティング英語版も参照)。

関連項目編集

参考文献編集

  • British Electoral Facts 1832-1999, compiled and edited by Colin Rallings and Michael Thrasher (Ashgate Publishing Ltd 2000). (For dates of elections before 1832, see the footnote to Table 5.02).