1715年イギリス総選挙

イギリスで行われた選挙

1715年イギリス総選挙英語: British general election, 1715)は第5期グレートブリテン議会英語版庶民院英語版議員を選出するために行われた選挙。

1715年イギリス総選挙
グレートブリテン王国
1713年 ←
1月22日 - 3月9日
→ 1722年

庶民院558議席、安定多数は280議席必要
  第1党 第2党
  Henry St John, 1st Viscount Bolingbroke (1678-1751).jpg
党首 ジャントー ボリングブルック子爵
政党 ホイッグ党 トーリー党
党首就任 1695年頃 1714年7月
選挙後議席 341 217
議席増減 増加180 減少152

選挙の形勢編集

グレートブリテン議会は1707年にイングランド議会スコットランド議会が合同したときに成立した。国王ジョージ1世ロンドンに到着した直後の1714年10月、トーリー党内閣を罷免して、ほぼホイッグ党員のみで構成される新しい内閣を任命した。ホイッグ党がジョージ1世の王位継承を確保したという功績があったからであり、1715年の選挙でも勝利して庶民院英語版で多数を占めた。その後、中央政府や地方政府に勤務するトーリー党員が追放され、以降ホイッグ党優位が50年近く続いたためトーリー党は官職から排除されたままとなった。

区割り編集

グレートブリテン議会が存在した全期間を通して、区割りが変更されることはなかった。

選挙の日付編集

総選挙は1715年1月22日から3月9日まで行われた。この時代の選挙は全ての選挙区で同時に行われず、各バラや郡でバラバラに行われた(ハスティング英語版も参照)。

関連項目編集

参考文献編集

  • British Electoral Facts 1832-1999, compiled and edited by Colin Rallings and Michael Thrasher (Ashgate Publishing Ltd 2000). (For dates of elections before 1832, see the footnote to Table 5.02).

外部リンク編集