メインメニューを開く
チュニスの衛星写真
チュニス湖

チュニス湖アラビア語: البحيرة El Buhayra‎, フランス語: Lac de Tunis)は、チュニジアの首都・チュニスチュニス湾地中海)の間に位置する自然のラグーンである。湖は、37平方キロメートルという広大な面積を持つが、深さは非常に浅い。湖は以前、チュニスの自然港だった。

歴史編集

肥沃な土地をコントロールできるため、チュニス - カルタゴの接続は、ローマ帝国にとって非常に重要だった。このため、ローマは、湖にダムを建造した。今日では、ダムには高速道路、チュニスとその港であるラ・グレット、カルタゴ、シディ・ブ・サイドラ・マルサを結ぶ鉄道が通っている。北湖には、過去にスペインの拠点であり、1993年以来自然保護区となっているシクリ島がある。

19世紀の、湖の河床上昇により、フランスの植民地軍は、湖を横断する長さ10 km、幅450 m、深さ6 mの運河を建設した。

開発編集

最近、チュニジア政府とUAEのサマ・ドバイ(ドバイ知事、ムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥームが率いる)が湖の南岸を開発してチュニジア、地中海の観光地・居住地とし、新しく販売した。投資額は約180億USDで、チュニジアの歴史上最多と考えられている。プロジェクトは、10〜15年先には行われる。

外部リンク編集