メインメニューを開く

ヂャイアント・コニー360とは、日産自動車系列の自動車部品メーカーである愛知機械工業株式会社が、完成車メーカーであった当時の1959年昭和34年)から1962年(昭和37年)まで製造販売していた軽商用自動車ライトバン及びピックアップトラック)である。型式名はAF3型。

ヂャイアント・コニー360
Giant Cony 360.jpg
販売期間 1959年11月-1962年7月
エンジン 354 cc 強制空冷4サイクル水平対向2気筒OHV
最高出力 14 kW/5,500 rpm
全長 2,985 mm
全幅 1,285 mm
全高 1,515 mm
最大積載量 350 kg
最小回転半径 4,300 mm
後継 コニー・360
-自動車のスペック表-

目次

概要編集

現在日産自動車傘下にある愛知機械工業株式会社が自社ブランドで展開していた製品である。同社の前身は愛知時計製造株式会社(現在の愛知時計電機株式会社)で、第二次世界大戦中に分離独立した航空機部門(愛知航空機)が愛知機械工業となった。同社は、昭和20 - 30年代にかけて「ヂャイアント」のブランドでオート三輪を製造、「コニー」の名は1959年(昭和34年)3月に発売した三輪車・「ヂャイアント・コニー」AA27型に初めて与えられたものであった。同年には4輪車のコニー360トラック、1960年(昭和35年)にはバンモデルも追加している[1]

AF3型の現存する車体は、個人所蔵品で愛知機械工業の社内クラブにてボディ補修が施された動態保存車のトラックと、同じく愛知機械工業の社内クラブに保管されているスクラップ状態のトラックの2台のみであるとされる。

歴史編集

シリーズ展開編集

  • 1959年昭和34年)11月 - 「ヂャイアント・コニー(ピックアップ)360」を販売開始、販売価格は、30万円。
  • 1960年(昭和35年)3月 - 「ヂャイアント・コニー・ライトバン360」を追加販売、販売価格は、36万円(DX)/34.5万円(STD)。
  • 1962年(昭和37年)7月 - モデルチェンジしてAF7型に発展。名称からヂャイアントが外れ、「コニー・360」となった。

関連項目編集

外部リンク編集

  • 愛知機械工業 コニー・ヂャイアント復元クラブ [1]


  1. ^ 360cc軽自動車のすべて―'50ー'70年代の軽自動車総集編!. 三栄書房. (2013). pp. 19. ISBN 9784779618963.