ツォンガ語 (ツォンガご、英語: Tsonga またはXitsonga)は、南部アフリカで話されているバントゥー系言語である。

ツォンガ語
Tsonga
話される国  南アフリカ共和国
モザンビークの旗 モザンビーク
ジンバブエの旗 ジンバブエ
スワジランドの旗 エスワティニ
地域 南アフリカ共和国の旗 リンポポ州ムプマランガ州
話者数 327万5105人
言語系統
表記体系 ラテン文字
公的地位
公用語  南アフリカ共和国
統制機関 統制なし
言語コード
ISO 639-1 ts
ISO 639-2 tso
ISO 639-3 tso
South Africa 2011 Tsonga speakers proportion map.svg
テンプレートを表示

南アフリカ共和国では165万人が話し、11の公用語の1つである。モザンビークでは150万人が話す(ただしモザンビークの公用語はポルトガル語のみ)。ほか、ジンバブエで10万人、スワジランドで1万9000人が話す。

言語名別称編集

  • シャンガーン語
  • シャンガナ語
  • Shangaan
  • Shangana
  • Shitsonga
  • Thonga
  • Tonga
  • Xitsonga

方言編集

  • Changana (Xichangana)
  • Gwamba (Gwapa)
  • Hlave
  • Jonga (Dzonga)
  • Kande
  • Luleke (Xiluleke)
  • Nhlanganu (Shihlanganu)
  • Nkuna
  • N’walungu (Shingwalungu)
  • Songa
  • Xonga (Ssonga)

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集