メインメニューを開く
第64回 ツール・ド・フランス 1977
全行程 22区間, 4091 km
総合優勝 ベルナール・テブネ 115時間38分30秒
2位 ハニー・クイパー +48秒
3位 ルシアン・バンインプ +3分32秒
4位 フランシスコ・ガルドス +7分45秒
5位 ディートリッヒ・チューラオ +12分24秒
ポイント賞 ジャック・エスクラッサン 236ポイント
2位 ジャチント・サンタンブロージオ 140ポイント
3位 ディートリッヒ・チューラオ 137ポイント
山岳賞 ルシアン・バンインプ 244ポイント
2位 ハニー・クイパー 174ポイント
3位 ペドロ・トレス 144ポイント
新人賞 ディートリッヒ・テュラウ 115時間50分54秒
チーム優勝 TIラレー

ツール・ド・フランス1977は、ツール・ド・フランスとしては64回目の大会。1977年6月30日から7月24日まで、全22ステージで行われた。

目次

みどころ編集

昨年、チームが出場できなかったことから、自身の出場も阻まれたエディ・メルクスフィアットに移籍して2年ぶりにツールに戻ってきた。しかし、これがメルクスにとって最後のツール出場となった。

注目はメルクスの走りではあるものの、優勝争いとなると、ルシアン・バンインプベルナール・テブネヨープ・ズートメルクジョアキン・アゴスティーニョらが挙げられ、今大会もまた、混戦必至の情勢となった。

今大会の概要編集

今大会は、ディートリッヒ・テュラウが大活躍。第1ステージからマイヨ・ジョーヌをキープ。また、メルクスも近走の不調ぶりを払拭させるような走りを見せた。また、今大会は難度の高い山岳ステージが比較的少なく、近年のツール・ド・フランスにしては珍しく、中盤までほとんど順位に変動がない大会となった。

第14ステージを終えて、マイヨはチューラオ。2位に51秒差でメルクス、3位に1分22秒差でテブネ、4位に1分40秒差でハニー・クイパーがつけ、バンインプが2分15秒差の6位、ズートメルクが3分40秒差の10位にそれぞれつけていたが、いずれもこのタイム差であればまだまだどの選手にも優勝のチャンスがある様相。

変化があったのは第15ステージの後半。区間3位に入ったズートメルクがドーピングにひっかかり、区間順位を取り消された。総合タイムについては、完走した際の所要時間に10分加算の罰則が課せられた。上位陣のタイム差が僅少である今大会においてこのペナルティは実に大きく、事実上、ズートメルクはここで脱落したも同然となった。

このステージにおいて、テブネがわずかにチューラオを抑えてマイヨを奪うが、チューラオとの差はわずかに11秒。しかも3位メルクスが25秒差、区間優勝を果たした総合4位のバンインプが33秒差、クイパーが49秒差で続くという、この時点においてもまだまだ大混戦状態が続いていた。

第17ステージのラルプ・デュエズで波乱が起こる。バンインプが伴奏車と接触し転倒するアクシデント。何とか区間2分6秒差の3位、総合でも1分58秒差の3位で続いたが、ひょっとすると、転倒がなければこの区間を制していたかもしれず、さらにマイヨの奪回も可能だったかもしれなかった。クイパーがこの区間を制したが、テブネも41秒差で続いて区間2位に入り、この時点でマイヨのテブネと2位のクイパーとのタイム差はわずか8秒。

一方、ここまで健闘してきたチューラオ、メルクスはいずれも12分以上の差をこのステージでつけられてしまい、ここで2人は大きく後退した。メルクスにとって、最初で最後のラルプ・デュエズだったが、さすがに全盛期の頃のようにはいかなかったようだ。

第18ステージは総合順位に変動はなかったが、区間1位のアゴスティーニョ、2位のメンデスがいずれもドーピングにひっかかり、それぞれ区間順位を剥奪された。結局2人もズートメルクと同様に10分のペナルティが最後に加算されることになった。

第20ステージの個人タイムトライアル。ここでテブネがクイパーに28秒、バンインプに1分24秒差をつけて区間制覇。クイパーとの差を36秒差にまで広げたが、実は今大会は最終ステージ前半にも6Kmの個人タイムトライアルが設けられており、本当の決着はここまで持ち越しとなった。

最終ステージ前半。今大会大健闘したチューラオが制したが、テブネがクイパーに12秒の差をつけ、ついにマイヨ・ジョーヌ争いに決着がついた。テブネは2度目の総合優勝を果たした。

総合1、2位のタイム差はわずか48秒。史上2番目の僅少タイム差であった。

総合成績編集

外部リンク編集