ラルプ・デュエズ

ラルプ・デュエズ

ラルプ・デュエズ(L'Alpe-d'Huez)は、フランスイゼール県にあるアルプス山系の高原リゾート地である。冬季はスキー場が開設される。

麓からここにつながる道路は急勾配となっており、1952年自転車ロードレースツール・ド・フランスのコースに初めて組み込まれて以来、同レースの看板とも言える名所となっている。

頂上までに全部で21のカーブがあり(下から21番・20番…最上が1番)、それぞれのカーブにはステージ優勝者の名前入りパネルが立てられているが、そこにはファウスト・コッピベルナール・イノーマルコ・パンターニなど、そうそうたる面々が名を連ねている。

目次

データ編集

 
坂のプロフィール
 
コースには21のカーブがある
  • 標高 : 1850m 
  • 標高差 : 1130m 
  • 平均斜度 : 7.9% 
  • 最大斜度 : 11.5%

エピソード編集

  • 最初の優勝者は、イタリアの英雄だったファウスト・コッピ
  • 1952年の次にコースに組み込まれたのは、20年以上も後の1976年。以後1983年までに行われた8回のステージのうち、6回までオランダ人選手が優勝している(1989年までだと13回中8回)。また7番コーナーはオランダコーナーと呼ばれ、オランダ人の観客が毎回集結している。
  • 1990年から1999年まで7回ステージに組み込まれ、うち6回がイタリア人選手の優勝という結果になっている。
  • 現在、登坂記録の1~5位はマルコ・パンターニが1、3、5位、ランス・アームストロングが2、4位でちょうど交互に並ぶ形になっている。また1位と2位の差、3位と4位の差がそれぞれ1秒ずつ(各々37分35秒と36秒、38分00秒と01秒)である。
  • 1986年に不仲だったベルナール・イノーグレッグ・レモンが肩を組んでゴールした光景は、一つの時代の終焉と新しい時代の始まりを示す良い例とされている(詳細はベルナール・イノーの項を参照)。
  • 1994年にそれまでの最速記録だったジャンニ・ブーニョの39分44秒(1991年に記録)を大幅に超える38分00秒でゴールしたことでマルコ・パンターニは一躍有名になったが、このときはステージ優勝ではなくステージ8位であった(先行集団の大逃げが決まってしまったため)。なお、優勝は後にパンターニのチームメートとなるロベルト・コンティであったが、コンティは自身17年間のプロ生活で唯一の勝利をこの大舞台で飾った。
  • 1997年にパンターニは自らの記録を塗り替える37分35秒をマークし、現在までの最速記録となっている。
  • 2004年は個人タイムトライアルとして設定された。
  • 2013年の第100回大会の第18ステージでは、ラルプ・デュエズを一度登坂後反対側から下山し、再度登坂するというコース設定となった。
  • 2015年シャンゼリゼ前日の最終決戦として設定される。
  • 「ラルプ・デュエズを制するものは総合優勝を果たせない」というジンクスがある。実際のところ、その年のラルプ・デュエズにおける区間優勝を果たした選手はほとんどその年の総合優勝を果たせていない。これはあまりにも苛酷な山岳ステージであるため、そこで全力を出してしまうと後のステージで不利になるためである(下記の通り、ジンクスを破って総合優勝を果たしたのは、ファウスト・コッピカルロス・サストレゲラント・トーマスの3例のみ)。

歴代ステージ優勝者編集

優勝者 国籍
39 1952 ファウスト・コッピ   イタリア
63 1976 ヨープ・ズートメルク   オランダ
64 1977 ハニー・クイパー   オランダ
65 1978 ハニー・クイパー[1]   オランダ
66 1979 ジョアキン・アゴスティーニョ   ポルトガル
ヨープ・ズートメルク   オランダ
68 1981 ペーター・ウィネン   オランダ
69 1982 ビート・ブロー   スイス
70 1983 ペーター・ウィネン   オランダ
71 1984 ルイス・エレラ   コロンビア
73 1986 ベルナール・イノー   フランス
74 1987 フェルナンド・エチャベ   スペイン
75 1988 スティーブン・ルークス   オランダ
76 1989 ヘルトヤン・テュニス   オランダ
77 1990 ジャンニ・ブーニョ   イタリア
78 1991 ジャンニ・ブーニョ   イタリア
79 1992 アンドリュー・ハンプステン   アメリカ合衆国
81 1994 ロベルト・コンティ   イタリア
82 1995 マルコ・パンターニ   イタリア
84 1997 マルコ・パンターニ   イタリア
86 1999 ジュゼッペ・グエリーニ   イタリア
88 2001 ランス・アームストロング   アメリカ合衆国
90 2003 イバン・マヨ   スペイン
91 2004 ランス・アームストロング   アメリカ合衆国
93 2006 フランク・シュレク   ルクセンブルク
95 2008 カルロス・サストレ   スペイン
98 2011 ピエール・ロラン   フランス
100 2013 モレーノ・モゼール   イタリア
クリストフ・リブロン   フランス
102 2015 ティボー・ピノ   フランス
105 2018 ゲラント・トーマス   イギリス 
※1979年と2013年は2回コースに組み込まれた。
太字はその年の総合優勝者。
ランス・アームストロングの記録に関しては、ドーピング問題に付きすべてが無効扱いとなっている。詳しくは本人の項目を参照のこと。

脚注編集

  1. ^ 1位入線のミシェル・ポランティエールの失格による繰り上がり。