ティアオ・カマオ

ティアオ・カマオ (Tiao Khammao、1911年9月23日 - )は、ラオス王族出身の政治家外交官

ティアオ・カマオ
Tiao Khammao
生誕1911年9月23日
ラオスの旗ルアンパバーン郡
国籍ラオスの旗 ラオス
職業官僚外交官
肩書き駐日ラオス大使
任期1956年 - 1959年
配偶者ティアオ・カウラ(妻)
子供八人(四男四女)
シーサワーンウォン(父)

来歴編集

1911年9月23日にルアンパバーンにて、ティアオ・カマオは、シーサワーンウォン国王の王子として生まれる。1921年から1931年までのあいだ、ベトナムハノイ[注 1]アルベール・サロー学校英語版で学ぶ。1931年から1939年までの八年間、フランスモンペリエヘ留学し、法科大学院を卒業した[1]

1941年、郡長見習いとして職に就いたのち、王宮総務長官の役となり1948年まで務める。その後1951年までの三年間はルアンパバーン県知事に就任する。1951年から1952年ビエンチャンでの上訴最高裁判所検事1952年から1955年の在パリ高等弁務官を経て、1956年6月、駐日ラオス特命全権大使に任命され、同年10月18日皇居にて信任状を捧呈した[2]。日本での三年間の駐箚後、1959年12月3日、在イギリス大使へ転任した[3]

人物編集

関連項目編集

脚注編集

注釈編集

出典編集

参考文献編集

外部リンク編集