メインメニューを開く

テラヴィグルジア語: თელავი: Telavi)は、ジョージア東部のカヘティ州の中心都市。人口は2万1800人(2002年)。ワインの名産地である。

Telavi
თელავი
Telavimainstreet.jpg
座標 : 北緯41度55分 東経45度29分 / 北緯41.917度 東経45.483度 / 41.917; 45.483
人口
人口 (2002年現在)
  域 21,800人
その他
等時帯 ジョージア時間 (UTC+4)

歴史編集

青銅器時代の考古学的遺跡も残るが、歴史に登場してくるのは8世紀からで、この地方の中心都市となっていった。10世紀から12世紀にかけてはカヘティア王国の都となった。15世紀に統一されたグルジア王国が分裂を始めるまで、王国の経済活動の中心地の1つとなっていた。17世紀には再びカヘティア王国の都に返り咲き、18世紀には東グルジアのカルトリ=カヘティア王国で、トビリシに次ぐ第二の町になる。1801年、カルトリ=カヘティア王国はロシア帝国に併合された。