テル・アル・リマー

テル・アル=リマーTell al-Rimah)はイラクニーナワー県にある遺丘および遺跡。古代のカラナ(Karana)もしくはカッタラ(Qattara)のいずれかにあたると考えられる[1]。この遺跡はモースルおよびシンジャール郡の古代都市ニネヴェの西およそ80キロメートルの位置にある。

Japanese Map symbol (Historical site-Place of scenic beauty-Natural monument-Protected animal plant).svg テル・アル=リマー
Qatara/Karana (?)
テル・アル・リマーの位置(イラク内)
テル・アル・リマー
イラクにおける位置
所在地 イラクニーナワー県
地域 メソポタミア
座標 北緯36度15分25.51秒 東経42度26分57.61秒 / 北緯36.2570861度 東経42.4493361度 / 36.2570861; 42.4493361座標: 北緯36度15分25.51秒 東経42度26分57.61秒 / 北緯36.2570861度 東経42.4493361度 / 36.2570861; 42.4493361
種類 遺丘
追加情報
発掘期間 1964年-1971年
関係考古学者 デーヴィッド・オーツ英語版

発掘史編集

この地域は当初、1938年にシートン・ルロイド英語版によって調査された[2]。テル・アル=リマーの遺跡は1964年から1971年までデーヴィッド・オーツ英語版の指揮でイギリス・イラク考古学学校英語版(British School of Archaeology in Iraq)のチームによって発掘された[3][4][5][6][7][8]。前2千年紀初頭の巨大な神殿と宮殿、および新アッシリア時代の建造物が発掘されている。テル・アル=リマーは、前3千年紀におけるレンガ製アーチ(brick vaulting)の作例が存在することでも知られている[9]

居住史編集

この土地における居住は前3千年紀に始まったと見られ、前2千年紀および新アッシリア時代に最も規模が拡大し、最盛期に達した。前2千年紀の繁栄は主として古バビロニアおよびミッタニ(ミタンニ)時代の間であった。テル・アル=リマーは折に触れてカッタラ(Qattara)およびカラナ(Karana)と関連付けられている。この両都市はいずれも前2千年紀にこの地域に存在していたことが知られている。

物質文化編集

多数の古バビロニア語の粘土板が他の遺物とともに見つかっている。これらの粘土板はマリの王ジムリ・リムと同時代のものである[10][11][12]。最も特筆すべき遺品はアダド・ニラリ3世の石碑である。この石碑はイスラエル王国(北王国)の初期の王ヨアシュ(サマリア人ヨアシュ)に言及しており[13][14]サマリアの名に言及する最初の楔形文字史料である[15]

画像編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Mckee 2017.
  2. ^ Lloyd 1938, p. 123.
  3. ^ Oates 1965, pp. 62–68.
  4. ^ Oates 1966, pp. 122–139.
  5. ^ Oates 1967, pp. 70–96.
  6. ^ Oates 1968, pp. 115–138.
  7. ^ Oates 1970, pp. 1–26.
  8. ^ Oates 1972, pp. 77–86.
  9. ^ Parker 1975, pp. 21–38.
  10. ^ Saggs 1968, pp. 154–174.
  11. ^ Wiseman 1968, pp. 175–205.
  12. ^ Page 1968, pp. 87–97.
  13. ^ Shea 1978, pp. 101–113.
  14. ^ Tell al-Rimah Stela (797 BCE): アッシリア王アダド・ニラリ3世の碑文。この中で彼は西方における成功について述べている。Livius.org.より引用:"...[4] 余は2,000タラントの銀、1,000タラントの銅、2,000タラントの鉄、色取り取りに飾られたリネンの衣服3,000-マリの貢物-をダマスカスの地で受け取った。余はテュロス人の支配者、シドン人の支配者「サマリア人ヨアシュ」の貢物を受け取った。」
  15. ^ Page 1968b, pp. 139–153.

参考文献編集

  • Dalley, Stephanie; Walker, C.B.F; Hawkins, J.D. (1976) (英語). The Old Babylonian Tablets from Al-Rimah. British School of Archaeology 
    (『アル・リマー出土のバビロニアの粘土板』(著:ステファニー・ダリー、C・B・F・ウォーカー、J・D・ホーキンス、1976年、英国イラク考古学研究所))
  • Dalley, Stephanie (1977). “Old Babylonian Trade in Textiles at Tell al Rimah”. Iraq 39 (2): 155-159. 
    (ケンブリッジ大学年報「イラク」第39号(1977年)第2分冊p.155~159に収録されている『古バビロニア時代のテル・アル・リマーにおける織物の交易』(著:ステファニー・ダリー))
  • Dalley, Stephanie (2002) (英語). Mari and Karana: Two Old Babylonian Cities. Gorgias Press 
    (『マリとカラナ:2つの古代バビロニア都市』(初版:ロングマン、1984年 再版:ゴルギアス出版 2002年)(邦題『バビロニア都市民の生活』(訳:大津 忠彦、下釜 和也、同成社、2010年))
  • Eidem, Jesper (1989). “Some Remarks on the Iltani Archive from Tell al Rimah”. Iraq 51: 67-78. 
    (ケンブリッジ大学年報「イラク」第51号(1989年)p.67~78に収録されている『テル・アル・リマー出土のイルタニ文書群への所感』(著:エイデム・ジェスパー))
  • Lloyd, Seton (1938). “Some Ancient Sites in the Sinjar district”. Iraq 5: 123-142. 
    (ケンブリッジ大学年報「イラク」第5号(1938年)p.123~142に収録されている『シンジャール地区の古代遺跡』(著:シートン・ロイド))
  • Oates, David (1965). “The Excavations at Tell al Rimah”. Iraq 27 (2): 62-80. 
    (ケンブリッジ大学年報「イラク」第27号(1965年)第2分冊p.62~80に収録されている『1964年におけるテル・アル・リマーの発掘』(著:デーヴィッド・オーツ))
  • Oates, David (1966). “The Excavations at Tell al Rimah”. Iraq 28 (2): 122-139. 
    (ケンブリッジ大学年報「イラク」第28号(1966年)第2分冊p.122~139に収録されている『1965年におけるテル・アル・リマーの発掘』(著:デーヴィッド・オーツ))
  • Oates, David (1967). “The Excavations at Tell al Rimah”. Iraq 29 (2): 70-96. 
    (ケンブリッジ大学年報「イラク」第29号(1967年)第2分冊p.70~96に収録されている『1966年におけるテル・アル・リマーの発掘』(著:デーヴィッド・オーツ))
  • Oates, David (1968). “The Excavations at Tell al Rimah, 1967”. Iraq 30 (2): 115-138. 
    (ケンブリッジ大学年報「イラク」第30号(1968年)第2分冊p.115~138に収録されている『1967年におけるテル・アル・リマーの発掘』(著:デーヴィッド・オーツ))
  • Oates, David (1970). “The Excavations at Tell al Rimah, 1968”. Iraq 32 (1): 1-26. 
    (ケンブリッジ大学年報「イラク」第32号(1970年)第1分冊p.1~26に収録されている『1968年におけるテル・アル・リマーの発掘』(著:デーヴィッド・オーツ))
  • Oates, David (1972). “The Excavations at Tell al Rimah, 1971”. Iraq 34 (2): 77-86. 
    (ケンブリッジ大学年報「イラク」第34号(1972年)第2分冊p.77~86に収録されている『1971年におけるテル・アル・リマーの発掘』(著:デーヴィッド・オーツ))
  • Oates, Joan (1974). “Late Assyrian Temple Furniture from Tell al Rimah”. Iraq 36 (1-2): 179-184. 
    (ケンブリッジ大学年報「イラク」第36号(1974年)第1・2分冊p.179~184に収録されている『テル・アル・リマー出土の後期アッシリアの神殿調度品』(著:ジョアン・オーツ))
  • Page, Stephanie (1968). “The Tablets from Tell Al-Rimah 1967: A Preliminary Report”. Iraq 30 (1): 87-97. 
    (ケンブリッジ大学年報「イラク」第30号(1968年)第1分冊p.87~97に収録されている『1967年、テル・アル・リマー出土の粘土板』(著:ステファニー・ページ))
  • Page, Stephanie (1968b). “A Stela of Adad-nirari III and Nergal-ereš from Tell al Rimah”. Iraq 30 (2): 139-153. 
    (ケンブリッジ大学年報「イラク」第30号(1968年)第2分冊p.139~153に収録されている『テル・アル・リマー出土のアダド・ニラリ3世とネルガル・エレシュの石碑』(著:ステファニー・ページ))
  • Parker, Barbara (1975). “Cylinder Seals from Tell al Rimah”. Iraq 37 (1): 21-38. 
    (ケンブリッジ大学年報「イラク」第37号(1975年)第1分冊p.21~38に収録されている『テル・アル・リマー出土の円筒印章の印影』(著:バーバラ・パーカー))
  • Parker, Barbara (1977). “Middle Assyrian Seal Impressions from Tell al Rimah”. Iraq 39 (2): 257-268. 
    (ケンブリッジ大学年報「イラク」第39号(1977年)第2分冊p.257~268に収録されている『テル・アル・リマー出土の中期アッシリアの印章印影』(著:バーバラ・パーカー))
  • Postgate, Carolyn; Oates, David; Oates, Joan (1998) (英語). The Excavations at Tell al Rimah: The Pottery. British School of Archaeology 
    (『テル・アル・リマーにおける発掘:陶器』(著:ニコラス・ポストゲート、デーヴィッド・オーツ、ジョアン・オーツ、1998年、英国イラク考古学研究所))
  • Postgate, J. N. (1970). “A Neo-Assyrian Tablet from Tell al Rimah”. Iraq 32 (1): 31-35. 
    (ケンブリッジ大学年報「イラク」第32号(1970年)第1分冊p.31~35に収録されている『テル・アル・リマー出土の新アッシリアの粘土板』(著:C・B・F・ウォーカー))
  • Saggs, H. W. F. (1968). “The Tell al Rimah Tablets: 1965”. Iraq 30 (2): 154-174. 
    (ケンブリッジ大学年報「イラク」第30号(1968年)第2分冊p.154~174に収録されている『1965年、テル・アル・リマー出土の粘土板』(著:H・W・F・サッグス))
  • Shea, William H. (1978). “Adad-Nirari III and Jehoash of Israel”. Journal of Cuneiform Studies 30 (2): 101-113. 
    (『楔形文字研究誌』第30号第2冊(1978年、シカゴ大学出版)p.101~113に収録されている『アダド・ニラリ3世とイスラエルのヨアシュ』(著:ウィリアム・H・シェア))
  • Walker, C. B. F. (1970). “A Foundation-Inscription from Tell al Rimah”. Iraq 32 (1): 27-30. 
    (ケンブリッジ大学年報「イラク」第32号(1970年)第1分冊p.27~30に収録されている『テル・アル・リマー出土の創設碑文』(著:C・B・F・ウォーカー))
  • Wiseman, D. J. (1968). “The Tell al Rimah Tablets: 1966”. Iraq 30 (2): 175-205. 
    (ケンブリッジ大学年報「イラク」第30号(1968年)第2分冊p.175~205に収録されている『1966年、テル・アル・リマー出土の粘土板』(著:D・J・ワイズマン))

参考ウェブサイト編集

  • Mckee, Gabriel (2017年). “Qattara?/Karana?” (英語). Pleiades. Ancient World Mapping Center. 2017年6月26日閲覧。
    (『カッタラ?/カラナ?』(作成者:ガブリエル・マッキー、2017年、ウェブサイト『プレアデス』(地理情報提供サービス)))

外部リンク編集