ディック・ツワージク

ディック・ツワージク[1]Dick Twardzik1931年4月30日 - 1955年10月21日)は、アメリカジャズ・ピアニストで、キャリアのほとんどをボストンで過ごした。

ディック・ツワージク
Dick Twardzik
出生名 Richard Henryk Twardzik
生誕 (1931-04-30) 1931年4月30日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マサチューセッツ州ダンバース
死没 (1955-10-21) 1955年10月21日(24歳没)
ジャンル ジャズ
職業 ミュージシャン
担当楽器 ピアノ
活動期間 1945年 - 1955年

略歴編集

ツワージクは子供の頃にクラシック・ピアノを習い、14歳でプロ・デビューを果たした。バリトン・サックス奏者サージ・チャロフの母親であるマーガレット・チャロフに師事。ツワージクはサージ・チャロフやチャーリー・マリアーノとレコーディングした。チャーリー・パーカーとはその晩年に何度か一緒に仕事をしている[2]。ツワージクは、チェット・ベイカーライオネル・ハンプトンともプロとして一緒に演奏した。1954年と1955年には、ベイカーやチャロフとレコーディングした[2]

10代のうちに、ツワージクはヘロイン中毒となっていた[3]。彼はチェット・ベイカーとのヨーロッパ・ツアー中[3]にヘロインの過剰摂取によって亡くなった[4]

ディスコグラフィ編集

リーダー・アルバム編集

  • 『トリオ』 - Trio (1956年、Pacific Jazz) ※with ラス・フリーマン[5]
  • The Last Set (1962年、Pacific Jazz)
  • 1954 Improvisations (1990年、New Artists) ※1954年録音

参加アルバム編集

  • チェット・ベイカー : 『チェット・ベイカーとリチャード・ツワージック』 - Chet Baker Quartet (1955年、Barclay)
  • チェット・ベイカー : Chet Baker In Europe: A Jazz Tour Of The Nato Countries (1955年、Pacific Jazz)
  • サージ・チャロフ : 『ザ・フェイブル・オブ・メイベル』 - The Fable of Mabel (1957年、Vogue)
  • チャーリー・パーカー : 『ハッピー・バード』 - The Happy Bird (1961年、Charlie Parker)
  • チャーリー・パーカー : Boston, 1952 (1996年、Uptown)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ ディック・ツワージィック」「ディック・トゥワージク」「リチャード・ツワージク」「リチャード・ツワージック」の表記もある。
  2. ^ a b Larkin, Colin, ed. The Virgin Encyclopedia of Fifties Music (3rd ed.). Virgin Books. p. 458. ISBN 1-85227-937-0 
  3. ^ a b Richard Twardzik”. AllMusic. 2020年4月11日閲覧。
  4. ^ Gioia, Ted (October 1998). West Coast Jazz: Modern Jazz in California, 1945-1960. University of California Press. p. 185. ISBN 978-0-520-21729-4. https://books.google.com/books?id=O-b1Qmta2wsC&pg=PA185 2020年4月10日閲覧。 
  5. ^ Pacific Jazz Records Discography: 1952-1954”. Jazzdisco.org. 2019年10月29日閲覧。

参考文献編集

  • Jack Chambers, Bouncing with Bartok, Toronto: Mercury Press, 2008, 9781551281414

外部リンク編集