ディーゼル・オート・カミオン

ディーゼル・オート・カミオンDiesel Auto Camion, DAC)は、ルーマニア貨物自動車メーカーであるロマン社(ROMAN)の軍事部門でのブランド名。ブラショフ県ブラショヴに本社を構える。他国のサプライヤーに依存しない独自の軍用車両開発を目的に1977年に設立され[1]1990年代からは工場の近代化を行っており[1]、ロマン社の軍用車部門となっている。

イスラエル・ミリタリー・インダストリーズが開発しルーマニア陸軍で使用されるDAC CNシリーズに多連装ロケット砲が搭載されたラロム(LAROM)

ロマン社は1921年に創業を開始したロムロック(ROMLOC)自動車工場を基礎として第二次世界大戦後に設立された。共産主義時代の精神から、この工場はスタグル・ロス(Steagul Rosu 赤旗)と命名されており、2000年には750,000台の車両を製造している。

なお、DACトラックはロマンのトラックと製造ラインを共有しているが、1971年に行われた西ドイツの自動車メーカーMANとルーマニア政府間で締結されたジョイントベンチャーの一部では無い。

CNシリーズとして、5トンシャーシにMAN製10.3ℓ 215馬力のディーゼルエンジンが搭載された6×6駆動式の車両が1977年に登場し、その後、4×4、8×8駆動や、出力が向上したV8エンジンターボ搭載モデルなどの製造が行われている[1]

モデル編集

  • DAC 120 DE
  • DAC 6135

画像編集

脚注編集

  1. ^ a b c DAC »CN”. TrucksPlanet.com. 2020年9月8日閲覧。