デキストリン

デンプンまたはグリコーゲンの加水分解で得られる低分子量の炭水化物の総称

デキストリン (dextrin、糊精) は、デンプン[1]またはグリコーゲン[2]加水分解で得られる低分子量の炭水化物の総称である。α-グルコースがα-(1→4) または α-(1→6)グリコシド結合によって重合した分子構造である。多糖類に分類され、デンプンマルトースの中間にあたる。

デキストリン
{{{画像alt1}}}
{{{画像alt2}}}
識別情報
CAS登録番号 9004-53-9 チェック
PubChem 62698
ChemSpider NA チェック
UNII 2NX48Z0A9G チェック
E番号 E1400 (追加化合物)
KEGG C00721 チェック
特性
化学式 (C6H10O5)n
外観 白または黄色の粉末
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

種類編集

デキストリンは、DE(デキストロース当量値,en:dextrose equivalent)と呼ばれる、デンプンの糖化率を示す尺度により分類されている。

DE(デキストロース当量値)は、ブドウ糖の還元力を100とした場合の相対的な尺度で、0に近いほどデンプンに近い特性、100に近いほどブドウ糖に似た特性を表している。経験的に、120/DE はデンプン分解物の重合度(DP)を表し、平均分子量の指標とみなせる。

デキストリンは、(デキストロース当量値)によって、以下のように分類されている。

  • 粉あめ(DE 20~40程度、重合度3~6)
  • マルトデキストリン(DE 10~20程度、重合度6~10)
  • デキストリン(DE 10 以下、重合度12以上)

特にDEが低いものは、溶解性の低さ、冷蔵や冷凍融解時の老化による白濁や沈殿、あるいは粉臭などの問題点がある。

また、環状構造を持つデキストリンを環状デキストリンという。

性質編集

構造中に多数のヒドロキシ基を持つため水溶性である。ただし、分子量の増加とともに水への溶解性は低下していく(難溶性デキストリン)。ヨウ素デンプン反応では、赤色・小豆色に呈色する。生体内では、アミラーゼによってマルトースに分解され、最終的にグルコースとなるが、一部、アミラーゼによって分解しにくい成分があり、これを精製して得られる難消化性デキストリンは、整腸作用と食後血糖上昇抑制作用があることが報告されている[3]

利用編集

粉状化粧品の固形化や、エキスの顆粒化、粘度の調整、皮膚への吸着剤、花火の結合剤として用いられている。人体には、便秘解消やダイエットの効果もあるとされ、健康食品やスナック菓子類にも利用されている。

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ An Introduction to the chemistry of plants - Vol II: Metabolic processes, P. Haas and T. G. Hill, London (Longmans, Green & Co.), 1913; pages 123-127
  2. ^ Salway, JG. Medical Biochemistry at a Glance. Second Edition. Malden, MA (Blackwell Publishing), 2006; page 66
  3. ^ 大隈一裕、松田功、勝田康夫、岸本由香、辻啓介「難消化性デキストリンの開発」『Journal of applied glycoscience』第53巻第1号、日本応用糖質科学会、2006年1月20日、 65-69頁、 NAID 10016738765

外部リンク編集